イヤホンとヘッドホン モノレビュー

【長期レビュー】AirPods Proを選ぶ理由は音質やイヤホンとしての性能ではありません Amazonならポイントゲット!

2019年発売当初からAirPods Proを使い続けている理由は,正直音質やノイズキャンセリング性能,外音取り込み機能の良し悪しではありません。

もちろん,必要だしありがたい機能です。

とはいえ,さすがにクオリティが低すぎるとこんな話はできませんが,イヤホンとしての性能は及第点さえクリアしていれば問題なくて,使い続けている一番の理由はユーザビリティの高さ,つまり『使いやすさ』これにつきます。

とりわけいくつもApple製品を所持しているユーザーにとって,音の出る機器を瞬時に選べるというのは,大きな選択理由です。

  • AirPods Proを装着していてiPhoneから音楽を聴く。
  • そしてMacBookで映画を見たくなって切り替える。
  • さらにiPadでゲームをはじめる。
  • さらにさらにiPhoneで電話を受けるためにまた切り替える。

こんなことをAirPods Pro(Air Pods・AirPods Max)以外でやろうとすると,めんどくさくて切り替える気にもなりません。

これこそが最大の理由のひとつです。

もし同程度のユーザビリティが他のメーカーのイヤホンにも備わっているなら,純粋に性能だけで選びます。

もっと音質の良い製品や,もっと低価格の製品などに自由に乗り換えるでしょう。

ちなみに2台の機器という限定条件なら他社のワイヤレスイヤホンでも同等の切り替えが可能(マルチポイント)。

ただし,3台目以降になると一度電源を落としたり,再度bluetoothの設定画面から解除・接続操作したりとやはり面倒です。

新しく発売されるイヤホンたちに一瞬浮気はしても,結局AirPods Proに戻ってくるのです。

長期使用レビューだからこそのAirPods Proのいいところ,イマイチなところ,包み隠さず書いていきます。

AirPods Pro製品詳細

Apple AirPods Pro

重量イヤホン部分(左右各):5.4 g
ワイヤレスチャージングケース:45.6 g
合計 51.0g
サイズイヤホン(左右各):21.8 × 24.0 × 30.9 mm
ケース: 45.2 × 21.7 × 60.6 mm
AirPodsセンサー(左右各)・デュアルビームフォーミングマイクロフォン
・デュアル光学センサー
・動きを感知する加速度センサー
・音声を感知する加速度センサー
・感圧センサー
電源・AirPods Pro with Wireless Charging Case:24時間以上の再生または最大18時間の連続通話
・AirPods Pro:最大4.5時間の再生または最大3.5時間の連続通話
・Wireless Charging Caseで5分充電で約1時間の再生時間または約1時間の連続通話が可能
機能・アクティブノイズキャンセリング
・外部音取り込みモード
・耐汗耐水性能 IPX4等級
・アダプティブイコライゼーション
・Siriへアクセス
H1チップ搭載10個のオーディオコアを持つH1チップを搭載。
ワイヤレスながら低遅延の再生を実現
瞬時に状況に応じたノイズキャンセリングが可能

AirPods Proを選ぶ理由『もっと性能のいいイヤホンがあるけど』

左からAirPods 2nd, AirPods Pro, Anker Soundcore Liberty Neo

冒頭にApple製品だからこそのiPhone, iPad, Macなどとのスムーズな連携があることはお話しました。

もともと私はカナル型の密閉された感じが嫌いでした。

歩くと伝わる振動,食事のときに付けていると噛み砕く音,そしてサイズはどれを試しても上手く収まっていない感じ。


右はAnker Soundcore Liberty Neo,カナル型の典型

そこで私が長く愛用していたのは,Boseのイヤホン。

有線,無線関わらずどのカナル型イヤホンも耳に合わず,ボーズ独自のイヤーチップだけがきれいに耳に収まってくれて最高でした。

最後に使っていたのはSoundSport Free wireless headphonesでした。

これも1年くらいは愛用していたのですが,唯一の欠点がケースの大きさ,ジーンズのポケットに入れると膨れすぎるんですよ。

そこで,H1チップ搭載のAirPods 第2世代が発売されたことで乗り換え。

「ポケット入れても気にならない最高のスモールサイジング!オープンイヤー型もなかなかいい!」

と半年ほど使っていたところへ現行のAirPods Proが発売。

アップル初のカナル型,恐る恐る耳にあててみると,私の知っている嫌な感じのカナル型ではありませんでした。

ここに,欲しい機能がすべてが揃ったイヤホンが誕生しました。

  • ポケットに入れても膨れ上がらないサイズ
  • 圧迫感のないカナル型
  • アップル製品同士だからこそのシームレスな連携
  • ノイズキャンセリング

正直,現行のAirPods Proはこれ以上求めるものは無いくらいの出来です。

ただし,不満がないわけではありません。

  • Lightning端子
  • 失敗の多い自動切り替え
  • 価格

以上の3点。

まず,Lightning端子,もちろんUSB-Cが理想ですが,これは文句を言っても仕方ないです。

Apple製品を選択した時点で同意したのと同じです。まあ好きにはなれませんが。

次に自動切り替え,手に持ったアップル製品に自動的に接続を切り替えてくれるというシステムですが,失敗が多いです。

私から言わせてもらえば試験運用的な機能なので無理に搭載しないでほしかったです。

特に手元にiPad, iPhoneを置いてMacBookで作業してると誤作動が多い印象。

かかってきた電話をiPhoneで受けたいのにiPadから簡単に切り替わってくれなかったり,iPadに切り替わったはずと思って音を出すとスピーカーから大音量。

なんてことがあるので自動切り替えはオフにして手動でコントロールセンターから切り替えてます。安心確実。

最後に価格,たかがイヤホン,もっと安かったらいいのに!という希望です。

もう購入してますから文句いっても仕方ありません。

以上が不満点ですが,Apple製品の連携の高さ知ってしまうと買い換える理由にはなりません。


音質,ノイズキャンセリング,外部音取り込み機能などについて

私にとってワイヤレスイヤホンは移動中や作業中に気楽に音楽を楽しむための装置ですので,高いレベルの音質は求めていません。

いい音で聞きたければ自宅で有線ヘッドホンもしくはアンプとスピーカーを使います。

その他,確かにノイズキャンセリング機能はありがたいし,欲しい機能ですが,まあまあ聞いてくれれば大丈夫です。

本当に必要な航空機内などではボーズ NC700 ヘッドホンを使います。

AirPods Proの外部音取り込み機能は,非常に性能が良いということで定評がありますが,やっぱり癖で人と話をするときは,失礼な気がして外してしまいます。

さらにランニングなど外の音が聞こえてもらわないと困る状況では骨伝導イヤホンを使います。

ということで,いくつかのイヤホンを状況で使い分けているめ,AirPods Proの性能はそこそこで満足できます。

ここに記載した購入理由やいくつかの不満点はあくまで個人的な意見です。

購入の際には自分の求めている性能を備えているかどうかしっかり確認しましょう。

求めているのは,性能なのか,音質なのか,使いやすさなのか,なにを重視するかで,ひとそれぞれベストのワイヤレスイヤホンは違ってきます。

あなたにとって最高の一台にめぐりあえることを祈っています。

AirPods ProはAmazonで買うと意外とポイント大きいです。狙っていたなら検討してみては?


紹介:使用しているケースたち

ESRのシリコンケースカバー

超薄型でAirPods Proの良さであるコンパクトさを失っていません。

端子部分もしっかりカバーしてくれます。

ベージュとブラック,2つ持ってます。

ADRIKOのレザーケース

プラスチックを組み合わせた型くずれしないレザーケース。

金属製のカラビナが付いていますが,一緒に持ち歩くiPhoneの液晶を傷つけるので外して使ってます。

開けるときにケースが浮いてくるのがちょっと難点ですが,質感は良い。



関連記事のAirPods Maxレビューはこちら




Amazonで買い物するなら現金チャージ

※Amazon Master クレジットカードを使わないなら現金チャージが断然お得! チャージのたびにポイントが貯まります。

Amazonチャージを使ってみる

-イヤホンとヘッドホン, モノレビュー

© 2020 デジまろブログ