Amazonタイムセール祭り開催! 10/29(金) 9:00〜10/31(日) 23:59まで エントリー受付中!

【CIO-G100W3C1A】最大100W4ポート搭載USB充電器GaN(窒化ガリウム)採用で軽量コンパクトに!

最近,身の回りのガジェットたちがだいぶUSB-Cに統一されてきました。(iPhoneは…)

そこで新しい充電器はUSB-Cポートが多いものを選ぼうと物色してました。.

今回紹介するCIO-G100W3C1Aは,クラウドファンディングを使って製品開発したMAX100w充電器。

USB-C×3ポート,USB-A×1ポートという嬉しい仕様になっています。

そして黒を収集する私には,ブラックとホワイトモデル,2色展開というのもポイント高いです。

目次

CIO-G100W3C1A製品スペック

入力100-240V 50/60Ghz 2.5A Max
出力(Type-C)1 or 2PDO 5V-3A/9V-3A/12V-3A/15V-3A/20V-5A(100W Max) 
出力(Type-C)3PPS 3.3-11V 5A/3.3-16V 3.75A/3.3-21V 2.85A(30W Max)
出力(USB-A)※QC3.05V-3.6A
製品サイズ60mm×68mm×29mm
重量約204g
保護機能短絡防止・過充電保護・過放電保護・加熱保護・過電流保護・過電圧保護

3つのtype-Cのポートは,PD100W充電できるポートが上2つ,下一つは30wまでの充電に対応です。
USB-AポートはQuickCharge3.0(QC3.0)を搭載。
残念ながらApple製品はQC3.0に対応していませんが, 対応しているAndroidスマホなどは急速充電可能です。

◆2つのUSB-Cポートを使用すると
Macbook Pro 13’を65W
スマホやタブレットを最大30W
という運用が充電可能。
※MacBook Pro 13をフルパワー(65w)で充電するなら,この運用方法がベターです。

◆3つすべてのUSB-Cポートを使用して,
MacbookPro or Air 13′ 45W
iPad pro 30W
iPhone 18W
という運用でも充電可能です。
MBP 13’は45wで充電可能ですが,動画編集など重めの作業しながらだと充電が止まります。

◆4ポートすべてを使用すると
45w+30w+(2ポート合計15w以内)という形になります。

1日の終りにMacBook Pro 13’,iPad pro 11,iphone,Air Pods Pro,すべて同時に充電しても問題なし。

内容物は,本体,マニュアル,ポーチの3点。

本体,反射でグレーに見えてますが,ブラックです。


純正61w,Hyper Juice 100W,CIO-G100W3C1Aの3台を比較

一番左が純正61w,中央がHyper Juice 100w,一番右が今回のCIO-G100W3C1A。Hyper Juiceよりもコンパクト。

やっぱり,ポート数多い方が使いやすいです。

重量は216gでした。Hyper Juiceは202g。今回のCIOが少しだけ重いですね。

純正は202gですが61w出力1ポート。純正出力比で考えると重いです。

CIO-G100W3C1Aはおすすめの100W対応USB充電器

私の普段使いUSB充電器が決まりました。

カフェでの仕事など日帰りのときはAUKY Omnia 65W充電器で,宿泊を伴う出張や旅行はCIO-G100W3C1A(100W4ポート)にします!

手持ちのMacBook Pro 13インチは65Wの出力があれば問題ありませんが,やはり旅行時はスマホ,iPadそしてApple Watchなど沢山のガジェットの充電が必要になってきます。

4ポートあれば安心できますね。

CIO-G100W3C1Aはパワフルでコンパクト,申し分ないUSB充電器です。

65wはこちら



100W出力対応のUSB-Cケーブルもお忘れなく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる