Amazonタイムセール祭り開催! 10/29(金) 9:00〜10/31(日) 23:59まで エントリー受付中!

Apple純正レザーウォレットは磁気ありでMagSafe&探す対応|iPhone13にも!

iPhone 13の発表と同時にMagSafe対応レザーウォレットが「探す」に対応して新発売。

私はずっとMagSafe対応のMOFTがスタンド機能もカード入れも付いていて便利に使っていたのですが,追加された『探す』機能に興味があり購入してみました。

iPhone12以降,マグネットを使ったMagSafe対応アクセサリって思いのほか便利なんです。

外出時にくっつけたり,充電やシャワー時は外したりと,状況に応じて自由に使えるのが魅力。

今回レビューのレザーウォレットは純正ということで,実際検証してみると,装着感や使い勝手などなるほどと唸る仕上がりです。

さっそくレビューしていきます。

目次

MagSafe対応Apple純正レザーウォレット

商品の箱の中身は説明書と本体だけです。

取り出してみると,レザーの手触り,リンゴマークの型押し,すべてに高級感があります。

ステッチも抜かりなく,きれいな仕上がりなのはさすが。

装着テスト(iPhone13Pro & iPhone12mini)

まずはiPhone12miniで試してみました。

背面に吸着させるとすぐに画面に丸い円が出現し,MagSafe対応アクセサリーだと認識。

これは純正ならでは。サードパーティー製でこの反応はないです。

レザーウォレットのサイズ感ですが,見てのとおりiPhone12miniのサイズにジャストフィット。

全くはみ出していない。

裏から見ても,きれいなフォルムに収まっています。

カメラ部分も余裕です。

画像はPhone13Pro用純正シリコンケース

純正ケースならシリコンでもレザーでも相性バッチリ。

MOFT MagSafe対応スマートホンスタンドと比較

用途もほぼ同じの両者ですが,MOFT スマートホンスタンドは,スタンド機能はもちろんハンドクリップとしても使えます。

比べてみると,MOFTのほうがちょっとだけ縦長。横幅はほぼ同じ。

純正レザーウォレットもスタンド機能あったら最高なのに。


純正レザーウォレットは33gとかなり軽量。

MOFTは41g。純正レザーウォレットとおよそ8g差,ほぼ誤差ですね。

今季のモデルから対応した『探す』機能

さすが純正,iPhoneの背面に装着すると,ポップアップ表示が。

こういう細かいところが所有欲を満たしてくれます。

これで,『探す』に追加すると,置き忘れにも対応してくれます。

iPhoneからはずしたままでいると1分後にアラート通知が来ます。便利。

AirTagは『持ち物を探す』に表示されますが,レザーウォレットはデバイスの項目に追加されています。

この機能は,もちろんケースなしの裸iPhone13,iPhone12で使えるのですが,純正ケースや一部マグネット内蔵のサードパーティー製ケース併用でも使えるようです。

まずはiPhone 13 Pro 純正シリコンケース,問題なく使えました。

レザーウォレットは,カードで支払いしたいときはiPhoneから取り外して,カードを取り出す必要があります。

このままポケットに入れてしまうと『探す』のアラートが発動してしまうので,用が済んだらさっさとiPhoneにくっつけましょう。

『探す』機能とMagSafeに対応した純正レザーウォレット

今回『探す』機能に対応したことでこれまで以上に魅力的な製品になりました。

ただし,MOFTスマートホンスタンドはスタンド機能,ハンドクリップ,ウォレットとやはり多機能。

どちらを使うのが満足できるのか,非常に悩ましいです。

私としては,しばらくはこのMagSafe対応純正レザーウォレットを使って使用感を確かめてみようと思っています。


ライバル,MOFTのSnap-On Standのレビューはこちら


iPhone13 Proのレビューはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる