【バックパックレビュー】CABIN ZERO CLASSIC 44L|大容量で機内持ち込みOK!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【バックパックレビュー】CABIN ZERO CLASSIC 44L|大容量で機内持ち込みOK!

40Lクラスのリュック/バックパックを色々試してきましたが、結局コレに戻ってきました。

それが『CABIN ZERO CLASSIC 44L』

有名ブランドのものや高価なバックパックが世の中にはたくさんありますが、この『CABIN ZERO CLASSIC 44L』には負けない魅力がいっぱい詰まっています。

使いやすく、丈夫でリーズナブル、そして大容量。機内持ち込みだってできちゃいます。

パタゴニアやノースフェイス、グレゴリー、スーリーなど色々使ってきた管理人が、再び戻ってきた『CABIN ZERO CLASSIC 44L』の魅力をレビューします。

[キャビンゼロ]CABIN ZERO バックパック CLASSIC 44L
CabinZero(キャビンゼロ)
クリックで項目にジャンプ

CABIN ZERO CLASSIC 44L

前面には、ジッパーのある大きなポケット付き
  • 【表地】ポリエステル
  • 【ボディサイズ】W360×H500×D180(mm)
  • 【パーツ込みサイズ】W400×H550×D180(mm)
  • 【リュックストラップ】長さ 約 490~890×幅 約 25~70(mm)
  • 【重量】約 810グラム
  • 【容量】約 44L
  • 【外側】ジップポケット(L)×1
  • 【収納可能】A3サイズ、MacBook 16インチなど

機内持ち込みできるギリギリのサイズで約 810グラムとめちゃくちゃ軽量なのはスゴイ。

背面には、ストラップが2本あるだけのシンプルな作り。

背面と底面には、ストラップと同等の厚みのパッドが入っています。

アウトドアメーカーのようなゴツいパッドは入っていませんが、街や空港内で背負うには十分。

ボストンバッグのように横向きで使えるよう、サイドハンドル付き。

トップににもハンドル。

フロントのポケットはA4の封筒やMacBookもまるごと入るくらい大容量。

ジャケットやコートを入れたりもできます。

メイン気室を開けると、背面側にPCやA4書類を入れられるポケット付き。

背面にはパッドが入ってますが、ポケット前面はパッドなし。

前面パネルの内部には、メッシュ状の上ポケットと、中の見えない下ポケットが付いています。

厚みは18cm、荷物を詰め込むには十分。

両サイドには上下2つずつバックルが付いていて、荷物の量で絞ることも可能。

バックルをはめているときはジッパーが下がらないので、簡易的な盗難防止にもなります。

OKOBANの登録キー付き。

OKOBANby Travel Sentryは、グローバルな遺失物発見連絡システム

登録しておくだけで、電子メールやSMSで発見場所と発見者への連絡方法を通知してくれます

手にしているシールを剥がすとシリアルキーが表示されるので、OKOBANのサイトで登録します。

[キャビンゼロ]CABIN ZERO バックパック CLASSIC 44L
CabinZero(キャビンゼロ)

機内持ち込みできる安心感

CABIN ZERO CLASSIC 44Lはサイズ的にほとんどの国内線、国際線で機内持ち可能です。

高さが50cm規制の航空会社などがありますが、CABIN ZEROはハードケースではありません。

3辺の合計100cmの場合でも、よほど満杯でない限りトップを潰せばOK。

【CABIN ZERO CLASSIC 44Lのパーツ込みサイズ:55×40×18cm=合計113cm】

※航空会社のサイズ計測には、取っ手やキャスターなどの飛び出たパーツも含まれます。

スクロールできます
航空会社サイズ制限重量制限
JAL55×40×25cm
3辺の合計115cm
10kg
JAL 100席未満45×35×20cm
3辺の合計100cm
10kg
ANA55×40×25cm10kg
ANA 100席未満45×35×20cm10kg
スカイマーク 55×40×25cm10kg
アシアナ航空55×40×25cm10kg
キャセイ
パシフィック航空
56×36×23cm7kg
エアチャイナ55×40×22cm8kg
シンガポール航空3辺の合計115cm7kg
タイ航空56×45×22cm7kg
エミレーツ航空55×38×20cm7kg
カタール航空50×37×25cm7kg
KLMオランダ航空55×35×25cm12kg
ルフトハンザ55×40×23cm8kg
フィンランド航空55×40×23cm8kg
ポーランド航空55×40×23cm8kg
デルタ航空56×35×23cm
エアアジア56×36×23cm7kg
スプリングジャパン56×36×23cm7kg
ジェットスター56×36×23cm7kg
セブパシフィック56×36×23cm7kg
ベトジェット56×36×23cm7kg
香港エクスプレス56×36×23cm7kg
マリンドエア56×36×23cm7kg
エアソウル55×40×20cm10kg
エアプサン55×40×20cm10kg
ジンエアー55×40×20cm10kg
タイガーエア台湾55×40×20cm10kg
チェジュ航空55×40×20cm10kg
ティーウェイ航空55×40×20cm10kg
スクート54×38×23cm10kg
ノックスクート54×38×23cm7kg
エアドゥ 55×40×25cm10kg
スターフライヤー55×40×25cm10kg
ソラシドエア55×40×25cm10kg
ピーチ50×40×25cm7kg
ジップエアー50×40×25cm7kg
イースター航空50×35×30cm7kg
タイライオンエア40×30×20cm7kg
  • すべてエコノミークラスの場合。一部例外あり。
  • 表は、個人による調査結果です。
  • 正確な数値は各航空会社HPにてご確認ください。

旅では、搭乗手続きで突然手荷物が預け荷物に変更されることも。

そんなときのためにTSAロックも準備しておくと良いです。

実際に荷物をパッキング

実際に2泊から3泊程度を想定して荷物をパッキングしてみます。

真冬バージョンなので衣類多め。

衣類収納メッシュケースは無印良品のパラグライダークロスMサイズ(26×40×10cm)×2セット。

M2 MacBook Airはらくらく収納できます。

パッドが薄いので心配な場合はインナースリーブケースに入れて収納。

画像のAmazonベーシックPCケースは13.3インチのもの。M2 MacBook Airにジャスト。

created by Rinker
Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥1,344 (2024/06/22 22:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

無印の衣類収納メッシュケースは2つ並べて収納可能。

ガジェットポーチは充電グッズとiPad mini 6を収納。

tomtocのガジェットポーチはタブレットも入るので重宝してます。

モンベルのトラベルキットパック L。

持ち物が少ないときはトラベルキットパック のMサイズを使います。

ボディケア用品や薬など。

created by Rinker
Mont-bell(モンベル)
¥4,180 (2024/06/21 23:07:44時点 Amazon調べ-詳細)

寒暖の差が不安なときは、やっぱりライトダウン。

ポーチ類とライトダウン、カメラまで余裕で収納。

旅行先で軽装で動けるようにパッカブルなリュックも持ち歩いてます。

画像は廃盤ですがアークテリクスのインデックス15。

内側のポケットに収納しておけば、旅先でもかんたんに取り出せて、いつでも散歩へGO。

車のキーや小物は前面内側のメッシュポケットへ。

最近手に入れたワンタッチで色調できるスマートサングラス『Dusk』もお気に入りで使ってます。

iPhone、財布、名刺入れは、フロントポケットにサクッと放り込みます。

それでもまだ余裕があるので、500mlのボトルも入れてみました。

背負ってみる

176cmの管理人が背負うとこんな感じ。

荷物はMAXで詰め込んだ状態。

アウトドアブランドのような背負心地の良さはないですが、極地に行くわけでもないので問題なし。

街や空港内での移動ならコレくらいで十分。

やっぱりCABIN ZERO CLASSIC 44Lがいい

おすすめポイント
不満ポイント
  • 810gと軽量、丈夫、44L
  • 40Lクラスでは最大級の容量
  • リーズナブルなので汚れを気にせず使える
  • 機内持ち込みできるジャストなサイズ感
  • 型くずれはしやすい。
  • ショルダーベルトが安っぽい。
  • 小物ポケットが少ない。

CABIN ZERO CLASSIC 44Lの購入は2度目でしたが、一度手元から離れたことで、バックパックとしての良さを再認識できました。

初めての購入では型崩れを気にしていましたが、それも味だと思えばなんてことはありません。

注意点1は、ガチのアウトドア用では全くないので、性能を求めすぎないこと。

とはいえ丈夫な作りだし、価格も考えればガシガシ使っていけます。

注意点2は、小物ポケットが少ないところ。人を選びます。

実はこのシンプルな作りのおかげで40Lクラスでは最大級の容量が確保できています。

日頃からリュックのポケットに小物を収納している人は、ポーチで小分けするのに慣れる必要があります。

ポーチによる荷物の小分けが無理な方は、ポケット多めのリュックを購入するのもあり。

使い方さえマスターすれば世界中どこにでも連れていけるCABIN ZERO CLASSIC 44Lは最高の相棒。

気になった方はチェックしてみてください。

以上、【バックパックレビュー】CABIN ZERO CLASSIC 44L|大容量で機内持ち込みOK!でした。

[キャビンゼロ]CABIN ZERO バックパック CLASSIC 44L
CabinZero(キャビンゼロ)

アウトドアブランドに惹かれるならグレゴリーのコンパス40もおすすめ。

【バックパックレビュー】CABIN ZERO CLASSIC 44L|大容量で機内持ち込みOK!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ