高性能USBハブ CalDigit SOHO DockがMacBook Air/Proにおすすめ

今回紹介するのはMacユーザーからの評価の高いブランド、CalDigitから発売中のUSBハブ『CalDigit USB-C SOHO Dock』

みなさんはUSBハブやドックに何を求めますか?

  • 4K出力ができてリフレッシュレートが60Hzに対応
  • デュアルモニター対応
  • 高速なデータ転送ができるUSBポート(10Gb/s)
  • SDカード(UHS-II)から高速データ転送
  • MacでもWindowsでも使いたい
  • USBハブをとおしてPC本体を充電したい(100Wのパススルー充電)
  • 全部のポートがハイスペック

上記すべての要望に答えられるUSBハブが『CalDigit USB-C SOHO Dock』

これだけで、かなり高性能ということがわかっていただけたはず。

実際に使用してみた感想としては大満足なんですが、不満ポイントもありましたので、詳しくレビューしていきます。

文中のUSBハブという表現ですが,厳密には様々な端子に拡張する機器をドッキングステーション/ドックと呼びます。
単純にUSBポートの数を増やすのがUSBハブ。
ややこしいので、当ブログでは携帯型を一般的な呼称でUSBハブ、据え置き型をドッキングステーションとして説明しています。

目次

製品詳細『CalDigit USB-C SOHO Dock』

同梱品

  • CalDigit USB-C SOHO Dock本体
  • 接続用USB-C to Cケーブル 0.5m
  • 説明書
  • かんたん説明書

製品スペック

ブランドCalDigit
名称SOHO Dock
Small Office Home Office Dockの略
電源バスパワー(電源不要)
またはパススルー充電
搭載ポート・USB-C 10Gb/s (ホスト/データ) x 2
・USB-C (最大100Wパススルー充電※)
 ※パソコンへは最大90Wの供給
・USB-A 10Gb/s x 1
・DisplayPort 1.4 x 1
・HDMI 2.0b x 1
・UHS II SD 4.0x 1
・UHS II microSD x 1
モニター出力・最大4K@60Hzのシングルディスプレイ
・デュアル4K@60Hzミラーモード(MacおよびWindows)
・デュアル4K@30Hz拡張モード(Windowsのみ)
※上記は使用するパソコンが各規格に対応している場合
SD/microSD・SD/SDHC/SDXCをサポート
・UHS-I、UHS-II使用可能
・最大312MB/sの高速データ伝送
(SDカードがUHS-II規格であること)
互換性・フル4K@60Hz出力に必要なDP1.4をサポートするUSB-CまたはThunderbolt3/4ポートを保有するMacまたはWindows
・DP 1.4非対応の場合、最大4K@30Hzのみを出力
対応機種・2018以降のMacBookPro
・2020年以降のMacBook Air
・M1またはM2 Macに対応
・USB-C搭載Microsoft Surfaceなど
サイズ6.4 x 9.3 x 1.7 cm
重さ117g(ケーブル含まず)
動作中温度25℃ – 50℃

外観

全体を覆うアルミニウムはスペースグレイに近い色合いで、Macとの信頼性も高い。

サイドにあるポートはホストPCとの接続用。

底面には製品詳細が記載されています。

正面には、抜き差しの多いポートが配置されています。

SDもmicroSDスロットも高速データ転送が可能なUHS-II規格に対応しています。

通常のUHS-I規格に比べ、カメラで撮影した大量の画像や動画もサクサク転送できます。

ただし、SDカード自体がUHS-IIに対応している必要があります。

背面にはHDMI 2.0bポート、ディスプレイポート1.4、100Wパススルー充電ポートが並んでます。

デュアルディスプレイにするにはHDMとディスプレイポートを使います。

ただしAppleシリコン搭載機の場合、M1 Pro, M1 MaxのMacBook Proのみデュアルディスプレイ化が可能。

Macの場合はもう一つ制約があってデュアルのうちミラーリング(同一画面4K@60Hzまで)のみ対応となってます。

別々のデスクトップを映し出すデュアル拡張モード(4K@30Hz)はWindowsのみが対応しています。

なお、M1/ M2 MacBook Airはもともとシングル(4K@60Hzまで)しか出力できない仕様なのでご注意を。

右のUSB-Cポートは100Wパススルー充電ポート。

ノートパソコンへの供給は最大90Wまでで、残りの10WはUSBハブが使います

サイズ感

本体の重量は117g、付属のケーブル込で142g。

極端に軽いわけではありませんが、持ち運ぶのには問題ない重量。

以前レビューした『Anker 655 USBハブ』と同じような重量です。

Anker 655もかなり高性能なUSBハブ、レビュー記事もあります。

M2 MacBook Airで使う

4K@60Hzモニター出力

LGの27インチ4Kモニター『27UP850N-W』で検証してみました。

MacBook Airがシングルモニター出力でも、本体の画面も使えば2画面として運用可。

赤枠で囲んでいる部分が外部ディスプレイの状況。

問題なく3,840×2,160の4K@60Hzとして認識されています。

USB-A, USB-Cデータ転送ポート

使用したのは読出最大1050MB/秒と高速なSanDisk SSD 外付け 1TB USB3.2Gen2 。

APFSにフォーマットして検証しています。

左がCaldigit SOHO Dock経由、右は本体に直付けしたときの値。

読込762.41MB/s、書込924.90MB/sを記録。

MacBook Airに直接つないだ時とほぼ変わらない速度。

十分満足です。

UHS-II対応SD/microSDカードスロット

使用したSDカードは『トランセンド SDカード 64GB UHS-II U3 V90

市場に出回っているUHS-IIはV30, V60, V90と性能の違いで区分けされていますが、今回使用しているのはV90の一番高速なタイプ。

SD/microSDスロットはUHS-II規格に対応し、一般的なUHS-Iの約3倍の速度、最大312MB/sでデータ転送が可能。

カメラの画像を扱う方には、必須ともいえるUHS-II規格。

USBハブでこの規格に対応している製品はまだ少ない。

検証結果は、読込277MB/s、書込233MB/sと申し分のない速度。

CalDigit USB-C SOHO Dckがおすすめ

おすすめポイント
残念ポイント
  • どのポートも高性能
  • デュアルディスプレイ対応
  • シングル4K@60Hz
  • 100W のパススルー充電
  • 接続ケーブルの着脱ができる
  • USBハブとしては大きめサイズ

高性能なUSBハブ/ドッキングステーションが必要なら、『CalDigit USB-C SOHO Dck』が間違いなくおすすめ。

とはいえ、USBハブに求めるポートの種類や性能は、ユーザーごとに違います。

USBハブの選定で失敗しないためには、購入する前に自分が必要なポートが含まれているのかしっかり確認しておきましょう。

高性能USBハブ CalDigit SOHO DockがMacBook Air/Proにおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次