CIO NovaPort DUO 65W PDは超軽量小型のUSB充電器でMacBook Airに最適

M2 MacBook Airの購入にあわせてUSB充電器もコンパクトで便利なモノを色々探してたんですが,見つけました。

『CIO NovaPort DUO 65W PD充電器』は,USB-Cを2ポート装備した軽量・小型の65Wタイプ。

このUSB充電器には大きな特徴があって,それは出力可変式だということ。

Nova Intelligenceという技術を搭載していて,接続した機器にあわせて出力を最適化。

「今何ワットのポートに繋いでる?」なんてことを確認しなくても,最速で充電してくれます。

これは素晴らしい技術なんですが,やっぱり実際に確認したい。

ということで,検証&レビューしてみました。

3ポート装備の『CIO NovaPort TRIO 65W』を先にレビューしてます。

気になる方は下のリンクから。

目次

CIO NovaPort DUO 65W PD充電器

内包物は,説明書と本体以外なし。

製品スペック

USBポート‎USB-C*2
カラー‎ブラック/ホワイト
メーカー‎CIO
製品型番‎CIO-G65W2C
技術Nova Intelligence
GaN 窒化ガリウム
PD 3.0対応
PPS 2.0対応※
単ポート使用時最大65W
2ポート使用時45W、30W、20Wが自動可変
合計出力最大65W
製品サイズ‎5.2 x 4.1 x 2.8 cm
商品重量‎95 グラム

※PPSはPD3.0の中の新しい急速充電規格。
Galaxy S22 Ultraは最新のPPS 2.0対応で最大45Wの超急速充電が可能。
Apple製品はPPS非対応。


外観

手にして思うけど,スゴい小さい。

窒化ガリウム(GaN)製品もかなり熟れてきた感じですね。

GaN窒化ガリウムとは?

GaN 窒化ガリウムとは一種のパワー半導体のこと。

熱伝導率と放熱性に優れていて、本体が熱くなりにくいのが特徴。

そのため高出力を維持したまま軽量・小型化ができるのも大きなメリット。

逆にデメリットとしては製造コストが上がること。

最近のCIO製品はプラスチック樹脂の表面にシボ加工がほどこされていて,指紋が目立ちにくい。

安っぽさがなくて結構気に入ってます。

CIOロゴのメッキ部分もワンポイントでいい感じ。

コンセントブラグは折りたたみ式。

出しづらさもなく,問題なし。

プラグが飛び出したままの製品もありますが,持ち運ぶなら,圧倒的に折りたたみ式がコンパクトで便利。

底面には製品詳細。


CIOの技術『Nova Intelligence』搭載のUSB-Cポート

45W、30W、20Wが端末に合わせて自動で可変するってスゴいですね。


コンパクトサイズなので,直接電源タップに挿してもジャマになりにくい。

サイズ比較

左が純正35Wデュアルポート充電アダプター。

中央が今回の『CIO NovaPort DUO 65W 』,左は姉妹品?の3ポート搭載『 NovaPort TRIO 65W 』

純正35W充電アダプターに比べると,『CIO NovaPort DUO』は65W出力なのにかなり小さい。

右端の3ポートモデルよりもさらにコンパクト。

サイズ感ですが,NovaPort TRIO 65Wより小さいけど重量は同じ93g。

純正35W充電器は104g。

充電能力検証

いつも使ってるガジェットで検証してみました。

M2 MacBook Air + Mophie 3-in-1 travel charger

まずは旅行でかならず使う『mophie 3-in-1 travel charger with MagSafe』とM2 MacBook Air。

Mophieの3in1はiPhone13を15Wのワイヤレス充電してくれて便利なんですが20W以上の供給がないと稼働してくれないんです。

ちゃんと稼働してくれました。

15W〜18Wの間で出力されていました。

Mophie 3in1に15W〜18Wのとき,MacBook Airには45W電源接続の表示。

2ポート合計最大65Wの製品説明どおり。問題なしです。

なお,Mophie 3in1にiPhoneなど端末を載せていないときは,ケーブルにつないだ状態でもMacBook Airは65Wが割り振られていました。

M2 MacBook Air +iPad mini 6

iPad mini 6との組み合わせも問題ないようです。

iPad mini 6は16W〜19W前後で充電。

MacBook Airには45Wが割り振られています。こちらも問題なし。

ちなみにポートを上下入れ替えても同じ結果。

MacBook Air + iPhone13 Pro

iPhone 13Proとの組み合わせ。

こちらもMacBook Airに最大45W,iPhone13 Proに最大20Wで同じ配分。

M2 MacBook Air + MacBook Pro 14インチ

実際この組み合わせで充電することはないと思ってますが一応検証。

こちらは30W + 30W 合計60W。

どちらが35Wになるのかと思ってましたが,35Wの設定は無いようで両方に30Wずつ。

USB-Aポートが不要ならCIO NovaPort DUO 65W

おすすめポイント
残念ポイント
  • 超軽量・超コンパクト
  • 単ポートなら65WでMacBook Airを最速PD充電
  • 自動で出力を振り分けるのでポートを気にせず接続できる
  • 特になしですが,USB-Cポート専用

個人的には65WのUSB充電器なら2022年決定版ではないかなと思ってます。

気になる残念ポイントがなかったのもグッド。

モバイル性能に特化したMacBook Airには最適なUSB充電器です。

管理人もM2 MacBook Airとセットで使い倒す予定。

USB-Aポートが必要な方は3ポート装備のCIO NovaPort TRIO 65Wをどうぞ。

値段はかなり上がりますが,Ankerも可変式の急速USB充電器を発売。

Amazonで買い物するなら現金チャージ

Amazon Master クレジットカードを使わないなら現金チャージが断然お得!
チャージのたびにポイントが貯まります。

CIO NovaPort DUO 65W PDは超軽量小型のUSB充電器でMacBook Airに最適

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次