DELLのおすすめノートパソコン XPS 15インチはデザインよし!性能よし!のハイエンド

当ページのリンクには広告が含まれています。
DELL XPS 15インチはデザインも性能も最高なハイエンドノートパソコン

こんにちは、DELLアンバサダープログラムに参加中のでじまろ(@digimalog)です。

今回レビューするのはDELL XPS 15インチ 9530 RTX 4050搭載モデルで、Intel Evoに準処した認定製品。

DELLのハイエンドなノートパソコンでクリエイティブな作業も3Dゲームも余裕でこなしてくれます。

Intel Evo製品とは、以下の要件をクリアした認定製品。

  • インテル® Iris® Xe グラフィックスと第11世代 インテル® Core™
    プロセッサー以上搭載(本機は第13世代)
  • システムはスリープ状態から1秒未満で起動
  • バッテリー駆動時も高性能
  • フルHDディスプレイで9時間以上のバッテリー駆動
  • フルHDディスプレイで30分以内で4時間駆動分の急速充電可能
  • Wi-Fi 6 および Thunderbolt 4 搭載など

つまり、シンプルに言い換えれば、Intel Evo認定製品とは最新&高性能なノートパソコンということ。

今回、DELLアンバサダープログラムにより、XPS 15インチの性能や使い心地をじっくり体験させてもらえたので、詳しくレビューしていきます。

※本記事はプロモーションを含みます。

目次

製品詳細

同梱品

  • DELL XPS 15インチ
  • 電源アダプタ+コード
  •  USB-C – USB-A v3.0およびHDMI v2.0アダプター
  • 取扱説明書

本機の仕様(購入時はカスタマイズ可能)

OSWindows 11 Home
ディスプレイ15.6インチ, FHD+ 1920×1200, 60Hz,
非タッチ, 非光沢, 500 nit, フレームレス
プロセッサー第13世代インテル® Core™ i7-13700H
24MB キャッシュ, 最大 5.0GHz まで可能
メモリ16GB DDR5
ストレージ512GB SSD M.2
グラフィックスNVIDIA® GeForce RTX™ 4050 laptop
キーボードブラック バックライト キーボード (日本語)
カメラ30 fpsで720p、HDカメラ
マイクデュアルアレイ
ポートThunderbolt™ 4 x 2
USB 3.2 Gen 2 Type-A
SDカードリーダー
3.5mmヘッドセットジャック
ワイヤレスWi-Fi 6E, Bluetooth 5.2
バッテリー90Wh
電源130W Type-C アダプター
重量約1.86kg
サイズ18.00×344.72×230.14 mm

XPSシリーズはサイズ、ディスプレイ、メモリ、CPU、ストレージなど公式ページでカスタマイズ可能。

外観

BOXを開けた瞬間、製品のクオリティの高さが伝わってきます。

本体はすべてCNC機械加工プロセスで削り出ししていて、ソリッドなアルミニウムシャーシの輝きが美しい。

側面はダイヤモンド加工されているので、美しさはもちろん、キズにも強い。

左サイドはThunderbolt 4が2ポート。

加えて、くさび型ロックスロット。

右サイドには3つのポート。

  • UHS-II対応のSDカードリーダー
  • USB 3.2 Gen2 Type-C
  • 3.5mmヘッドホン/マイクロフォン コンボ ジャック

USB 3.2 Gen2 Type-Cは、PD電源供給とDisplayPortに対応。

左側にThunderbolt×2、右側にUSB 3.2 Gen2があるおかげで、両サイドから電源が取れるで、コンセントの位置をいちいち気にしなくていい。

背面の後方部と側面には、排熱口が設置されていて、熱対策もばっちり。

背面の後方部には、内部からの熱気を吐き出させる排気口。

前面は、ディスプレイを開きやすいよう傾斜が付いています。

余計な切り欠きなどなくシンプル、まさに機能美と言えます。

光沢もいいけど、映り込みが少なく目に優しい非光沢は、長時間作業する人にはうってつけ。

ブルーライトもカットしてくれます。

すぐに違いがわかるにのは、カーボンのパームレストと高性能の証、intel Evoのステッカー。

パームレストのブラックカーボンファイバーは見た目だけでなく、強度の底上げと軽量化に貢献しています。

一般的なスリム型キーボードと比較しても遜色ないキーピッチとサイズで、タイピングは快適。

バックライト付きで暗がりでも安心。

トラックパッドは大型で、両手での操作にも窮屈さは感じません。

高性能グラフィックボードを搭載した筐体なので、ACアダプタは、さぞ大きいのでは?と思っていたので、意外とスリムでビックリ。

USB-C – USB-A v3.0およびHDMI v2.0アダプター

付属品として、USBハブのような変換アダプターが付いてきます。

本体のUSB-Cポートに挿せば、USB-A v3.0とHDMI v2.0が使えるようになるので、USBハブを買う必要がありません。

かなりうれしい付属品。

手と比較。このコンパクトさに驚きます。

重さ

本体は実測で1924g

ACアダプタは485g

合計で、実測2,409g。

市販の100WUSB充電器を持ち出しに使えば、コンパクトだし、200g程度は削れます。

ディスプレイ

ディスプレイはFHDでも、かなりキレイ。

ディスプレイは、OLEDモデルも選べます。

フレームレスを謳(うた)うだけあってフレームは極薄。

ディスプレイのアスペクト比は16:10で、ブラウジングにも編集作業にも使いやすい。

Eyesafe®ディスプレイテクノロジーが内蔵されていて、色を変えずにブルーライトカットしてくれるので目の疲れを軽減してくれます。

側面から見たディスプレイの薄さも、上品でいい感じ。

セキュリティ

キーボード右上には指紋認証キーがあり、カードの使用やログイン時の認証に使えます。

内蔵カメラを使った顔認証システム:Windows Helloを使うことも可能。

パスワード入力よりも、生体認証のほうが、かんたんでしかもセキュリティは高められます。

ログイン時にどちらを使うかですが、個人的には顔認証が楽ちんでした。

どちらも高速で解除してくれますが、指認証は腕を伸ばす分、面倒。

好きな方でいいと思います。

なお、スリープからの復帰は超高速です。

本体左側面には、くさび型ロックスロットもあるので、専用のセキュリティワイヤーを使えば、外出先での盗難防止に役立ちます。

カメラ

内蔵カメラは、フレームに溶け込むデザインで、作業中気を取られなくていいです。

性能は、最高720p 30fpsのHD画質で、リモートワークやテレビ会議でも活躍してくれる十分な性能。

色合いなどの調整は、Windowsの設定>Bluetoothとデバイス>カメラ>Integrated Webcamから行えます。

サウンド

キーボードの両脇にスピーカーが配置されています。

ステレオ ウーハー2.5 W 、ステレオ ツイーター1.5 W がそれぞれ配置されたクアッドスピーカー仕様。

最大で8 Wの出力が可能。

低音の響きや高音の伸びもしっかり感じることができて、作業の合間に音楽やYoutubeを楽しむ程度なら十分。

がっつり音に浸りたいなら、スピーカーを繋いだほうが無難。

検証

内蔵SSD

内臓のM.2 SSDは読み込み7,075MB/s、書き込み5,001MB/sと超高速。

いつも使っているM3 MacBookよりも断然速い。

4GB弱のインストールデータもあっという間に完了。

SDスロット

搭載されるSDスロットはUHS-II対応なので、高速なデータ転送が可能。

300MB/sの読み出し、書き出しができるSanDisk製V90のSDカードを使用。

読み込みで286MB/s、書き込みで252MB/sと、かなり高速といえます。

USBポートについて

USB-C 3.2 Gen2が1つとThunderbolt4が2つ付いているので、基本的な作業に困ることはありません。

しかもHDMI2.0、USB-Aへの変換アダプターまで準備されていて、わざわざ市販のUSBハブを買わなくてもひととおりのPC作業はスムーズに行えます。

Thunderbolt4は、40Gbps のデータ転送、最大100WのPD充電、最高8K60hzでの映像転送など強力な規格です。

ディスプレイ出力

手持ちのウルトラワイドディスプレイ(3440×1440)に出力しました。

3つのUSB-Cポートいずれも給電と映像出力が可能なので、ケーブル1本で外部モニターに出力できます。

macのクラムシェルモードのように、画面を閉じて外部ディスプレイだけ稼働させることもできます。

グラフィック性能

CPUは第13世代インテル® Core™ i7-13700Hと高スペックなので、一般的な作業ではストレスのない動作ができます。

しかし今回貸出を受けているのはlaptopようとは言えRTX 4050搭載モデル、性能を試さないわけにはいきません。

そこでゲーム用ベンチマークの定番「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」で検証してみました。

フルHD標準品質なら「快適」評価。

フルHD高品質設定でも「快適」評価。

これなら、ほとんどのゲームを快適にプレイできるし、4K動画編集も問題ないです。

今回はRTX4050搭載モデルでしたが、カスタム時にRTX4060を選べば更に快適になること間違いなし。

さすがに3840×2160の高品質では無理がありました。

まあ4K解像度でゲームをプレイすることはないと思いますが、参考までに。

注意点

確かに最新ゲームも動画編集もこなせるスーパーマシンであることには違いありませんが、ノートパソコンの特性上、いくら空冷ファンが内蔵されているとはいえ熱を抑えきれません。

もしゲームや4K動画の編集など高負荷な作業をさせるならスタンドは必須。

接地面から持ち上げるだけでもだいぶ違います。

当記事で紹介したペルチェ素子の冷却スタンドもおすすめ。

ベンチマークソフト終了直後で、キーボード側は47.7℃。

負荷をかける作業ならノートPCスタンドは欲しいところ。

冷却FANの騒音はMAXで40dbでしたが、サーという音がまとまっているのでうるさい感覚はありませんでした。

気になる方は、ヘッドホンを使うのもアリです。

DELL XPS 15インチまとめ

今回はDELLのハイエンドノートパソコンDELL XPS 15インチ 9530のレビューでした。

動画編集などクリエイター向けのパソコンでありながら、デスクトップ並みのグラフィック性能を持ち、ゲーム用途でも十分使えるパワーを持っています。

まとめると以下のとおり。

  • intelが提唱するハイスペックマシンの証intel Evo準処モデル
  • 第13世代インテル® Core™ i7-13700H搭載
  • デスクトップ並みの性能を出すRTX4050搭載
  • Thunderbolt4×2など、各ポートの性能が高い
  • SDスロットはUHS-II対応
  • 顔認証、指紋認証ともに高速
  • 一般的なキーボードとほとんど同じキーピッチで打ちやすい
  • アルミ削り出しのボディが美しい
  • カスタマイズの選択肢が豊富
  • 高負荷時の発熱には気をつけたい(PCスタンド使用など)

DELL XPSシリーズは、高性能とデザイン性を追求したモデル、よりゲーム向きのパソコンを求めるならDELL G15などゲーミングノートPCを検討しても良いかも知れません。

この記事を読んでDELL XPSシリーズが気になった方は製品ページをチェックしてみてください。

サイズも13インチから17インチまで1インチ刻みで選べます。

もちろんCPU、メモリ、GPU、SSDなどカスタマイズも予算に合わせて可能です。

DELL XPS 15インチはデザインも性能も最高なハイエンドノートパソコン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次