世界にひとつだけのバックパックFREITAG フライターグ 【HAZZARD F303】

FREITAG(フライターグ)は、1993年創業のスイスにあるバッグのブランド。

トラックの幌を生地として再利用して作っています。

大きな特徴はひとつひとつが手作りされているため、世界中にひとつとして同じデザインの製品はありません。

何が一番テンション上がるかと聞かれたら,買うまでの数日から数ヶ月,ホームページを眺めることになるんですが,それが一番楽しいですね。

サイトから誰かが購入するとその製品が入れ替わり,新しいカラーリングのバッグがUPされるんです。

本当にいろんなバリエーションが存在するので,

好みのカラーリングがUPされたとしても差し色が気に入らなかったり,

ぜんぜん違う色に心奪われクリックしてしまいそうになったり,

とにかく買うまで飽きないです。

目次

FREITAG フライターグ HAZZARD ハザード F303

そんなフライターグのバックパックを紹介したいと思います。

もちろん買った後も,自分だけのカラーリングであることは,とても所有欲を満たしてくれます。

私はこのF303(現行モデル)を3年ほど使用していますが,未だにこのバックパックで出かけるときは

「自分だけのカラーリング!」

そう思うとテンション上がります。

もともとがメッセンジャーバッグのメーカーなので自転車との相性もバツグンです。

HAZZARD F303 ディティール

メーカーFREITAG
サイズ300 × 120 × 450 mm (l × w × h)
容量19L
特徴・ラップトップに直接アクセスできるエクストラジップ。
・すばやく荷物の出し入れができるアウターコンパートメント。
・パッド入り電子機器専用コンパートメント
(17インチまで収納可能)
素材トラックの幌,車のシートベルト

中身はシンプル。17インチまで入るPCコンパートメントは起毛素材が使われ,機材がキズがつきにくくなっています。

その上に浅めのポケットが有りタブレットなど収納できます。

表のポケットはマチはありませんが,財布や名刺入れ,Air Pods,ある程度なんでも入ります。

鍵を取り付けるキーループ付きです。

背面はメッシュ素材を使っていて蒸れにくくなってます。

ストラップやハンドルはシートベルトが再利用されており,強度は十分。

簡単に引きちぎれることもありません。

シートベルトを使ったハンドルはヨコとストラップの上段にあり,縦でも横でも使いやすいです。

HAZZARD F303の収納力

コレくらいの持ち物は余裕で収納できます。

早速MacBook Pro 13インチを入れます。かなり余裕です。

私は昨年まで15インチも収納してました。問題ありません。

iPad Pro 11は縦だと飛び出そうで難しいです。

横は入りますが,ちょっとキツイですね。

たぶんiPad miniなら丁度いい感じで収納できますね。

内側上部のポケット。iPhone Xsを縦で入れられるくらいの深さ。

ここに重いものを入れると,バッグが変形するので少量だけ収納するのが吉。

前面のポケット内。

キーループがひとつ。小さいウレタン素材のポケットが2つ付いてます。

メインのコンパートメントは,ガジェットポーチ2つ入れても余裕。

薄いレンズのミラーレス一眼やコンデジくらいならまだ入ります。

以上「世界にひとつだけのバックパックFREITAG フライターグ 【HAZZARD F303】」でした!


FREITAG HAZZARD F303

おすすめポイント・唯一無二,自分だけのカラーリング
・スクエアな形で表示容量19Lの割に収納力はバツグン
イマイチなところ・手作りというところもあるが,
 20L売れ筋ライバルと比べると高価。
おすすめ度 ★★★★★
FREITAG F303 の紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる