Amazon ゴールデンウィーク:スマイルセール開催中

iDsonix 8-in-1 USB-CハブはHDMI 4K@60Hz、100Wパススルー、1GbpsLAN、SDスロットにUSB3.0搭載で全部入り 

当ページのリンクには広告が含まれています。
でじまろ

携帯できる全部入りのUSBハブ/ドッキングステーションが欲しい、しかも高コスパのやつで!

HDMIが4K@60Hzに対応していて、パススルー充電が可能な全部入りのUSBハブとなると、格安だと信用できないし、ブランド品だと価格も高くて手が出しにくいです。

今回紹介するiDsonix 8-in-1 USB-Cハブは、基本性能をしっかり抑えていてお値段もお手頃。

コスパの高いUSBハブを探している方にはおすすめの製品です。

製品特徴

  • HDMIが4K@60Hzに対応
  • 最大1,000Mbpsの高速有線LAN
  • 100WのPD充電に対応
  • USB3.2 Gen.1のUSB-Aポート×3
  • SD&microSDカードスロット
  • 高品質なアルミボディ
  • 性能に対して価格がリーズナブル
  • SD&microSDカードスロットは高速対応ではない。
  • USB-Cのデータ転送ポートはなし

今回、iDsonix さまから製品の提供をいただきましたので詳しくレビューしていきます。

※本記事は、プロモーションを含みます。

iDsonixって?

iDsonixは中国深センに本社を置く、中国最大の世界的USBハブメーカー。

ハードディスクで有名なSeagate Technologyや、アップル関連の製品を手掛けるSatechiなど、多くのブランドの製品を手掛けています。

目次

製品概要

ブランドiDsonix
ハードウェアインターフェイスイーサネット
対応デバイスMacBookなど
USBポートの総数4
商品寸法 (長さx幅x高さ)11.4 x 4.3 x 1.5 cm
ポートHDMI:4K@60Hz
SDカードスロット
microSDスロット
USB-A 3.0×3
USB-C:PD100W(※)
有線LAN:1,000Mbps
Amazon価格3,980円(税込)

PD 100W充電に対応していますが、実際にはUSBハブに15W供給するため、デバイスへの供給最大値は85W。

製品外観

カラーリングはMacBookのスペースグレイに近く、アルミ個体なのでApple製品との親和性も高い。

背面には製品仕様が印字されています。

前面ポートにSD, microSD, USB-A 3.0×3。

背面側に、イーサネット1,000Mbps, HDMI, 最大100WのPD充電用USB-Cポート

ケーブル部分は端子部を除いて15cmほど。

PCをスタンド持ち上げてもしっかりデスクに接地できる長さ。

本体は約11.5cm。

重さは実測で74g。

なかなか軽量。

実際に使ってみる

パソコン(デバイス)のUSB-Cポートに刺すとLEDインジゲーターが点灯して、動作していることが視覚的に確認できます。

手持ちの機器をiDsonix USB-C ハブ に接続してみました。

  • USB3.0:ポータブルSSD
  • USB3.0:無線マウス用ドングル
  • USB3.0:webカメラ
  • SDカード
  • microSDカード
  • USB-C:100W電源
  • HDMI:4Kモニター
  • 有線LAN

1,000Mbpsの有線LANポートは、出張先のホテルで安定した通信を確保するには必須。

リモート会議などにも有用です。

検証にLG モニター ディスプレイ 27UL850-Wを使用。

4K解像度60Hzで認識されています。

USB-A 3.0ポートの速度も検証。

使用したのはSanDiskのSSD エクストリームV2。

このポータブルSSDは最大1,000MB/sの転送速度があるので、最大値を測定するにはぴったり。

理論値では最大480MB/sなので、実測で読み込み386MB/s、書き込み421MB/sは十分な速度が出ています。

SD, microSDカードスロットも検証。

左がSDカードスロット、右がmicroSDカードスロット。

検証にはUHS-IIの高速カードを使っていますが、読み込み33MB/s、書き込み25MB/sとかなり低速。

USBフラッシュメモリ程度の速度は出ているので、使えないということはありませんが、ちょっと惜しい。

緊急の場合のみ使用すると思っていたほうがいいかも。

ケーブルが15cmほどあるのはなかなか使い勝手がいい。

ノートパソコンスタンドを使った状態でも、しっかりデスクに接地してくれる。

発熱もある程度はありますが、アルミ個体なので、樹脂製品よりは排熱ができています。

どんなUSBハブでも、映像機器に接続すれば必ず発熱するので手で握れるくらいの発熱量なら許容範囲。

ガジェットポーチに収納して、どこにでも持ち運べるコンパクトさ。

まとめ

今回レビューしたiDsonix 8-in-1 USB-Cハブをまとめてみました。

  • HDMIが4K@60Hzに対応
  • 最大1,000Mbpsの高速有線LAN
  • 100WのPD充電に対応
  • USB3.2 Gen.1のUSB-Aポート×3
  • SD&microSDカードスロット
  • 高品質なアルミボディ
  • 性能に対して価格がリーズナブル
  • SD&microSDカードスロットは高速対応ではない。
  • USB-Cのデータ転送ポートはなし

全部入りで基本性能を押さえた高コスパなUSBハブを探しているなら、iDsonix 8-in-1 USB-Cハブをチェックしてみてください。

リーズナブルな価格で4K@60Hzに対応したUSBハブというところも魅力の一つです。

iDsonix 8-in-1 USB-CハブはHDMI 4K@60Hz、100Wパススルー、1GbpsLAN、SDスロットにUSB3.0搭載で全部入り 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次