Amazonブラックフライデーは11/26(金)-12/2(木) まずはエントリー!

M1X搭載MacBook Pro 14インチ,16インチが10月19日発表か?

Apple公式に10月19日のイベント告知もあり,新型MacBook Proの登場が現実味をおびてきました。

うわさどおりなら,AppleシリコンM1チップの上位版,M1Xチップを搭載したMacBook Proの発表となります。

昨年2020年末発表のM1搭載機種は,Mac miniとMacBook Air,そしてMacBook Pro 13インチの下位モデルが発売されています。

そして2021年前半には,M1チップ搭載のiMac,iPad Proが発売。現行機種でAppleシリコン未搭載なのは,MacBook Proの上位機種とMac Pro,iMac 27インチの後継機種のみ

イベントの案内タイトルは「Unleashed(解き放つ)!」日本語では「パワー全開!」となっていて,Mac製品やチップ自体の高速化を匂わせています。

実際どのような製品が発表されるかは,当日までわかりませんが,有名リーカーの情報をまとめてみました。

このような情報の注意点としては,公式発表ではないので期待しすぎるのは厳禁というところです。

「こんな製品だったらいいのになあ」くらいで考えておきましょう。

情報はAppleのアナリスト/リーカーとして有名なJon Prosser氏,Dylan氏などがTwitterやYouTubeをとおして発信しています。

また,より信憑性の高い情報や消費者が関心のある事柄はリーク情報や独自の取材をもとにBloombergが取り上げることもあります。

目次

新型M1X MacBook Proのうわさまとめ

・iPad ProやiPhone 13のような角のあるシャープなデザインに刷新。

・現行MacBook Pro 13インチが14インチへ,16インチはそのまま。

・M1Xは高性能コア8,高効率コア2,合計10コア。GPUは16または32コア。

・ディスプレイはミニLED採用でリフレッシュレートが120Hzへ。

・MacBookに搭載のカメラが720pから1080pへ。

・MagSafe充電アダプタの再採用。

・HDMI,SDカードスロット(UHS-II)ポートの追加

・タッチバーの消滅

・14インチと16インチの価格差は少ない。円換算200,000円前後〜

・RAMは最大64GB(32GBまでの可能性もあり)。

・ストレージは最大2TB。

※リーク情報が元になっています。公式発表ではありません。

個人的に気になる点

・未だに2011年当時から採用されている720pの内蔵カメラは,流石に時代おくれ。1080pはうれしいが,60FPS対応なら最高。

M1チップは,デュアルモニター出力に対応していない,M1Xが対応してくるかは気になるところ。

・MagSafe対応充電アダプタ採用は気にしないが,USB-Cポートでの充電をサポートしているかは重要,非対応の場合,昔のように重い純正ACアダプタ&ケーブルを別途持ち歩かなくてはならない。

・16インチはHDMI,SDカードスロットのポート追加はあり得るが,14インチにも搭載されるならうれしい。

M1 MacBook AirでもRAMが16GBなら一般ユーザーには十分だから,果たしてこの高性能機が自分に必要なのかどうか。

・もし来年以降のMacBook AirのM2(仮)搭載機種がiMac 2021のようなカラフルカラーのみだった場合,MacBook Proでなければスペースグレイに相当するカラーを選べない可能性。

Appleスペシャルイベントは10月19日午前2時(日本時間)から

今回のイベントでは,MacBook以外にも発表される可能性があるとのこと。

AirPodsやMac miniの上位モデルも発表されたらうれしいですね。

発表もそうですが,予約日や発売日も気になるところ。昨今の半導体不足もあり,発売日や予約日,さらには販売台数にも少なからず影響は出そうです

MacBook Proをどうしてもゲットしたいというみなさんは,イベント終了直後の予約開始もありますので当日はPCの前でスタンバイしておくのが良いかもしれません。

ただし,今回の記事の情報はあくまでも予想される製品像ですので,あまり期待しすぎるのはやめておきましょう

その上で10月19日のイベントを一緒に楽しみましょう。



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる