iPhoneにはやっぱりNIMASOのガラスフィルムがコスパ最強

そろそろiPhone好きなみなさんは,次世代iPhone 13の発売にそわそわしている時期ではないでしょうか?

そんな中,まさかのことをやってしまいました,ガラスフィルム破損。

幸い,損傷を受けたのはガラスフィルムだけで本体液晶は大丈夫だったので少しホッとしています。

どんなに大事にしていても,やっぱり落とすときは落としますね。

ということで,代替えフィルムを至急購入することに。

iPhone13の発表も近く,乗り換えることを考慮すると,高額な製品よりなるべく安価なコスパのいいガラスフィルムを探さなければいけません。

そうなると,たどり着くのはやっぱり『NIMASOのガラスフィルム』なんです。

目次

NIMASO ガラスフィルム iPhone12 mini用 2枚セット

1000円程度で購入しましたが,この価格で2枚入りとはすごいですね。

対応機種IPhone 12 mini
材質ガラス, シリコーン, 強化ガラス
ブランドNIMASO
商品の硬度9H

◆ 内容物

  1. ガラスフィルム本体×2枚
  2. ウエットクリーナー×2枚
  3. クロスクリーナー×2枚
  4. 塵取りシール×2枚
  5. ガイド枠×1台
  6. 説明書

NIMASO ガラスフィルムの貼り方

貼り方はとっても簡単です。

まずは付属のウエットクリーナーで汚れをしっかりと取った後,クロスで拭き上げていきます。

次の行程は,付属のシールで小さなホコリを取っていきます。

このとき注意したいのは,塵取り用シールの取り扱い。

ガラスフィルムの貼り替え前にも出番があるので捨ててしまわないように

必ず台紙に戻しておきましょう。

掃除が終わったら,ガイドを本体に取り付けます。

このとき注意したいのは向き。

分かりづらいですが,上の方に『TOP』と書かれたしるしがあります。

終わったらいよいいよフィルムを貼っていきましょう。

その前にガイド枠をはめた後,もう一度シールで埃取りやっておきましょう。

シールの活躍場面としては,ガイド枠セット前,掃除できなくなるエッジ部分のホコリをしっかり取り,ガイド枠セット後は,最終埃取りですね。

BACKと書かれたシールを剥がして,その面をガイド枠内に落とし込みます。

間違いが無いようもう一度,BACKシールを貼っている方が裏面,吸着面です。

ガイドの遊び(隙間)はほとんどないので,ホコリさえしっかり取れていれば,気泡もなく簡単に貼れます。

気泡なし,ズレなし,かなり満足のいくデキになりました。

 NIMASOのガラスフィルムはコスパ最強です

クリアなガラスフィルム,スワイプなどの操作性,本体2枚セット,ガイド枠付き,そして低価格と,ユーザーの欲求すべてに対応しているかのようなスペックです。

コスパの良いガラスフィルムをお探しなら,これ以上ないくらいおすすめできるアイテムです。

しかし,一年貼り付けてきた『クリスタルアーマー』と比べると,指のすべりはイマイチ。

クリスタルアーマーは厚みが0.15mmと極薄なため,スワイプ,タッチなどの反応は非常になめらかです。

対してNIMASOは0.33mmの標準的なモデル。

まあ値段も約3倍の違いがありますから,普通におすすめできるのはNIMASO製品ですね。

気になったらどちらもチェックしてみてください。


こちらが,1年間,管理人のiPhone12miniを守ってくれたクリスタルガードの超薄タイプ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる