OneOdio A10 アップグレード版はノイキャン搭載、ハイレゾ対応ワイヤレスヘッドホン

当ページのリンクには広告が含まれています。

価格を抑えつつ、アクティブノイズキャンセリングとマルチポイント機能を搭載、その上ハイレゾにまで対応したワイヤレスイヤホン「OneOdio A10【アップグレード版】」の紹介です。

1万円以下のワイヤレスヘッドホンでここまでの機能を詰め込んだ製品はなかなかありません。

以前当ブログでもOneOdio A10を紹介しましたが、今回はそのアップグレード版、ハイレゾ対応品になります。

コスパが良いといっても、やっぱり気になるのは音質。

実際使用してみて、音質や機能、使い勝手はどうなのか?気になるポイントをレビューしていきます。

目次

製品詳細

同梱品

  • OneOdio Focus A10本体
  • 収納ケース
  • 充電USB-A to Cケーブル
  • 有線3.5mmステレオケーブル
  • 説明書

仕様

  • ドライバー:40mm
  • Bluetoothバージョン:V5.0
  • バッテリー容量:800 mAh
  • 入力:5 VDC、560 mA
  • 伝送距離:10 m/33 ft
  • 再生時間:40時間 (ANC+BT);
    50時間 (Bluetoothのみ);
    62時間 (ANCのみ)
  • 充電時間:約2時間
  • インピーダンス:32Ω±15%
  • ノイズリダクション深度:-35 dB
  • 周波数特性:20 Hz–40 kHz
  • 感度:-42±3 dB
  • 重量:約295 g

注意:有線モードの場合、ノイズキャンセリング機能、ボタン操作、マイク機能が効きません。

外観

ハウジングの外観は、メタリックなパーツを使っていて安っぽさはない。

イヤーカップの内側には、わかりやすいL,Rの表示

カップ部分とヘッドバンド部分は折りたたむことが可能。

使用するときはカチッと言うまで広げるだけ。

ヘッドバンドのアーム部分の伸縮はカチカチカチと段階調整できるタイプ。

パーツは金属で作られているので安っぽさはないです。

イヤーカップのパッドのクッションは、やわらくふわふわな低反発タイプ。

さわり心地はしっとりしていて気持ちいいけど、夏場はさすがに蒸れそうかな。

ヘッドバンドの上部のクッション性も高く、装着して不快になることはないです。

右のハウジング部分にボタン×3と3.5mmジャックが配置。

電源を入れるとボタン横のLEDインジゲーターがブルーに点滅。

各ボタンは中央が電源ボタン,両サイドに音量アップ/次の曲へ,音量ダウン/前の曲への3つ。

選曲の動作は長押し。

電源ボタンは,通話ON/OFFも兼ねています。

ボタンに凹凸があり、装着していても、両サイドの音量ボタンと間違えないように工夫されています。

左ハウジング部分には、ANC(アクティブノイズキャンセリング)ボタンとUSB-C充電ポートが配置。

ANCボタンはアクティブノイズキャンセリング>ノーマル>外部音取込みモードの順に切り替わります。

マネキンで装着イメージ。

実測では302g(カタログ値 約295g)

250gくらいだと軽い部類ですが、300g程度なら平均値といったところ。

付属のケース込みなら443g。

普段持ち歩くならこの重量だと考えてください。

本体の折りたたみができるのでケースのサイズもコンパクト。

EVAケース。セミハードくらいの硬さ。

個人的には、ロゴは無しか、ワンポイント程度が好みかな。

機能について

ヘッドホン本体で操作可能な、アクティブノイズキャンセリングや外部音取込み、マルチポイントなど、すべて物理ボタン式なので操作に困ることはありません。

ただ、同価格帯のAnker Soundcore 30は、アプリ対応しておりイコライザーによるカスタマイズも可能となっています。

機能や物理ボタンの操作性に不満はありませんが、専用アプリがあればさらに使いやすいはずなのが、残念。

アクティブノイズキャンセリング機能

最大35dBのノイズをカットしてくれるANC機能。

密閉型なこともあり、相乗効果で十分なノイズキャンセリング効果を引き出してくれます。

さすがに数万円のハイエンドモデルには勝てませんが、低音域は十分カットしてくれます。

外部音取込み機能

自然な感じとまではいきませんが、装着しながら会話を楽しむことは可能。

コンビニのレジでわざわざ外さなくても聞き取れます。

マルチポイント機能

OneOdio A10は,この価格帯でマルチペアリング(2台同時接続)に対応しているのも大きな特徴。

2台目への接続は,1台目のBluetooth通信をOFFにして再度ペアリング操作(電源3秒長押し)をします。

2台目に接続されたら,1台目のBluetoothをONにして一覧から再度本機を選択すれば完成。

日頃からスマホ1台にしか接続しない方には無用かのしれませんが、PCやタブレットなど2台同時接続できるのは非常に便利。

音質について

簡単にひと言でいうなら、ドンシャリ。

低音域は強めで、この価格帯なら満足できるでしょう。

高音域は、耳に刺さるまではありませんが、シャリシャリ感強め。

中音域は前に出すぎず聞き取りやすい。

元気な音作りが好きな方なら気に入って使っていけるでしょう。

気になるのは、ボリューム。

割と抑え気味のボリュームなので、爆音で聞きたいという方は、物足りないかも。

有線モードは確かに音が落ち着いて音質もぐっと良くなりますが、全体の音圧というかボリュームはおとなしいイメージ。

ハイレゾについては対応コーデックがAAC, SBCのみということもあり現状は有線で聴いた場合のみの適応。

OneOdio Focus A10 まとめ

価格を抑えつつ、機能を詰め込み、ハイレゾにまで対応したOneOdio Focus A10 アップグレード版

1万円以下でノイキャン、マルチポイントなどを搭載した多機能なワイヤレスヘッドホンが欲しいという方は、購入候補に加えても良いのではないでしょうか?

この記事を読んでOneOdio Focus A10が気になった方は、製品ページをチェックしてみてください。

prime会員ならAmazon Music Unlimitedの利用料が月額980円と安い!
会員特典のPrime Musicとは違い、ハイレゾ対応で9000万曲がロスレス(HD)、700万曲以上がULTRA HD(最大24ビット、192kHz)で聴けます。
空間オーディオ(360 Realty Audio, Dolby Atoms)にも対応。
広告無しで1億曲が聴き放題!

OneOdio A10 アップグレード版はノイキャン搭載、ハイレゾ対応ワイヤレスヘッドホン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次