【レビュー】POKITTER Go Seriesはコスパ抜群のエンタメプロジェクター|持ち運びもラクラク

当ページのリンクには広告が含まれています。
プロジェクター POKITTER Go Seriesはマルチ使えて持ち運びもラクラク

今回紹介するのはマルチに使えるプロジェクター POKITTER Go Series。

とにかくコンパクトでどこにでも持ち歩ける、モバイル性能に特化したプロジェクター。

しかも、Android TV 10を搭載しているので、WiFiさえあればどもでもYouTubeやNetflix、Amazon primeなどのアニメ、映画が見放題(Netflix公式ライセンス認証製品)

設置すれば最大120インチの大画面、HDMIポートとUSBポートも装備しているので、会議でのプレゼンテーションに使うこともできるし、ホテルに持ち込んでSwitchを家族で楽しむなんてこともできます。

今回POKITTER より、実機を提供していただいたので、実際の使用感を含めてレビューしていきます。

※当記事は、プロモーションを含みます。

created by Rinker
POKITTER
¥42,800 (2024/06/22 05:07:41時点 Amazon調べ-詳細)
クリックで項目にジャンプ

製品詳細

同梱品

  • POKITTER Go Series:PKT-F1AJ本体
  • ACアダプター&延長コード
  • 多機能リモコン
  • 取扱説明書
  • 保証書

製品スペック

モデルPKT-F1AJ
OSAndroidTV 10
RAM2GB
ROM8GB
BluetoothBT5.1
Wi-Fi2.4G/5GHz 802.11a/b/g/n/ac
技術完全密閉型モノLCD
光源LED
輝度200ANSI Lumens ※
解像度1920 x 1080
コントラスト比3000:1
デジタルズーム50~100%
寿命30,000時間
投影比1.22:1
投影サイズ40-120インチ
アスペクト比アダプティブ 16:9/4:3
フォーカスモードマニュアル
台形補正自動垂直 40 度補正(リモート 4 点補正に対応)
スピーカー2 x 5W
I/O ポート1x HDMI 1.4; 1x USB 2.0; 1x AUX
動作温度5~35°C
動作湿度15~85%(結露しないこと)
寸法11 x 14 x 15cm
重量約1.1kg
ANSI Lumens / ANSI ルーメンとは?

もともとプロジェクターの明るさを示す単位にはルーメン(lm)という単位が使われていましたが、一定の基準がなく、企業によってばらつきがありました。

しかもルーメンとは、内部のLEDの明るさを表し、プロジェクター内での映像処理による明るさの低下が考慮されていません。

そこで、米国規格協会(ANSI)によって定められた統一規格、ANSIルーメンが使用されるようになりました。

企業によっては、いまだルーメン表記の製品もありますが、ANSIルーメンを採用している製品、ブランドがより国際的で安心できます。

外観

本体、リモコンの外観を紹介していきます。

本体

中央に直径4.5cmほどの大きなレンズ。

下部の排気口裏には、2つの排熱ファンを装備。

上部には、PUレザーの取っ手付き。

背面上部には、左から電源ポート、USB-A、HDMI、LEDランプ、3.5mmミニジャック。

下部には前面と同じく、排気口があります。

側面にはスピーカーホール。

上部には、焦点リング(手動)と電源ボタン。

下部には製品詳細が記載。

中央には、三脚用のネジ穴があり、ビデオ用三脚を使って投影することも可能。

リモコン

単4電池を使いますが、付属してないので、起動前に購入しておきましょう。

すべての操作はリモコンで行います。

電源ボタンは本体にもありますが、リモコンから操作可能。

外部ポートの切り替えは、接続する機器がオンになっていれば、接続した段階で自動でポップアップが出現。

自分のタイミングで切り替えたい時はリモコン操作。

サイズ感

正面から比較。コーヒー500mlのペットボトルよりも低い。

本体の重さは実測で1,044g。

持ち運びを想定して、ACアダプター、リモコンまでセットで計測すれば1,445gつまり約1.5kgくらい。

これで大画面が楽しめると思えば、全然重いとは感じない。

PUレザーの取っ手付きで持ち運びは楽ちん。

created by Rinker
POKITTER
¥42,800 (2024/06/22 05:07:41時点 Amazon調べ-詳細)

使い方

初期設定

まずは、壁に向かって電源ON。

POKITTERロゴがアニメーション表示されたあと、まずは言語の設定。

ちゃんと日本語が選択できるのでご安心を。

続いてリモコンを認識させます。

決定ボタンと音量ーを同時に10秒長押し。

Andloidスマホユーザーなら、Googleアカウントのログイン、WiFiの設定まできるクイックセットアップが使えます。

iPhoneユーザーは、面倒ですが手動で入力しましょう。

すべて入力が終わってログインできればAndloidTV10の画面が表示。

100インチ超えの大画面は圧巻です。

投影方法は、上下、反転もできるので天井に吊るすことも問題なし。

台形補正は、垂直方向のみ自動で対応してくれます。

HDMIポートを使う

HDMIケーブルでMacBookやiPhone、Switchなどと接続可能。

MacBookやiPad、iPhone15と接続するならHDMIポートを備えたUSBハブを使えばかんたん。

iPhone 15Pro Maxを接続中。

ミラーリングで、iPhone内の動画や写真を投影できる。

Switch純正ドックと接続することで、大画面でゲームが可能。

無線で接続

iPhoneでもGoogle TVアプリをインストールすれば、無線でストリーミングサービスなどをミラーリングできます。

三脚を使う

持ち運びのときにミニ三脚も持参すれば、スクリーンとの角度調整が格段に楽になります。

画像はミニ三脚ですが、100cmや150cmの三脚を使えば、高い位置に投影させることもできます。

created by Rinker
POKITTER
¥42,800 (2024/06/22 05:07:41時点 Amazon調べ-詳細)

音質

音質は、標準・音楽・映画・カスタムから好みの音質を選べます。

通常ボリュームなら人の声も聴いとりやすいし、ちょうどいい。

2基搭載されている排気ファンも、映像をじゃまするほどではありません(至近距離で40dBほど)

ただ、大画面に合わせて最大音量にしても5W×5Wのスピーカーでは迫力はそこまで出ません。

とはいえ3.5mmジャックでヘッドホンやスピーカーにつなげて楽しむこともできるので、音質にこだわるなら外部接続を考えたほうがよさげ。

上位機種のRelaksなら10W×10Wの迫力あるサウンドを手に入れることができます。

使用感

スクリーンがなくても白い壁さえあれば、寝室、リビング、天井、ホワイトボードなど、どこにでも投影可能。

画質は、とてもキレイ。Go Seriesの解像度1920 x 1080のフルHD仕様。

120インチでも問題ない画質です。

プレゼンテーションなどで使うビジネス用途でも、暗室なら全く問題ないでしょうが、より明るさが必要なら上位機種Relaksも検討してもイイかも。

画面のスクロールなどは、スマホに比べるとちょっともたつきを感じます。

気になる方はストリーミングサービスを使う時は、Fire TV Stickを接続するのも良さそう。

オートフォーカス機能がありませんが、価格を考えれば妥当かなと思います。

モバイル性能、画面の明るさ、そして多機能さなど、総合的にみて、コスパの高い製品と言えます。

気になる点

レンズキャップが欲しかった。それだけ。

レンズ自体は、裏側にホコリが入らないようしっかり防塵処理されていて安心なんですが、モバイル性能が高いだけに、持ち運びの際にむき出しのレンズが気になります。

とにかく便利なPOKITTER Go Series

メリット
デメリット
  • 軽量・コンパクトな持ち運びできるプロジェクター
  • Android TVを搭載していて単体でもストリーミングやゲームが楽しめる
  • Netflix公式ライセンス認証製品
  • スタンダードモデルだけど200ANSIルーメンで明るい
  • 無線でもミラーリング可能
  • レンズキャップが欲しい!
  • スマホに比べれば、操作のモタツキはある

価格、機能を考えれば、バランスの取れた多機能プロジェクター。

家庭用、ビジネス用問わず、幅広く使えるのが魅力。

大型の液晶テレビを買うよりも、価格を抑えて、大画面を手に入れることができます。

この記事を読んで「POKITTER Go Series」が気になった方は製品ページをチェックしてみてください。

created by Rinker
POKITTER
¥42,800 (2024/06/22 05:07:41時点 Amazon調べ-詳細)
プロジェクター POKITTER Go Seriesはマルチ使えて持ち運びもラクラク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ