外付けSSD(NVMe)の熱対策にサーマルパッドが効果的!組込みと使い方を公開!

組み立てた外付けSSDの熱対策なんて,かなりマニアックですが,難しいことではなく,高速な外付けSSDが欲しい(すでに持ってる)方には有益な情報かと思います。

気になる方は,最後までお付き合いください。

NVMeはSSDの高速規格。これのおかげで仕事がすごい捗ってます。

NVMeって何?という方はこちらの記事を先にご覧ください。

あわせて読みたい
外付けSSDはSATAよりも薄くて軽量な超高速NVMe(M.2)がおすすめ 画像や動画を保存するとき,外部ストレージを使っている方も多いのではないでしょうか。私は,外出先で編集作業するときクラウドサービスに頼れないことも想定して,必...


NVMeはHDDやUSBフラッシュメモリに比べて,その転送速度は比べ物にならないくらい超高速。

重たい画像や映像ファイルなど,USBメモリで数分かかっていたものがほんの一瞬で転送。

物理的にもHDDよりも断然軽量コンパクト。

いい事づくめのNVMeですが,そのあまりの速さの代償として,熱問題があります。

かなり高熱になります。

私の使っているSSDケースだとハードに使えば50℃超えることもあります。

そうなると熱暴走で速度が上がらないばかりか,もしかするとデータが消える可能性だってあります。

デスクトップPCなら熱対策として,ファンの増設・アルミ製のヒートシンクがよく使われますが,薄型のNVMe用のケースにそんなものは入りません。

そこで「サーマルパッド」の出番です。

今回購入したのはこちら

Thermal Grizzly minusPad8
寸法:120 x 20 x 1(H) mm 熱伝導率:8.0W/m・k

なんか,ガムみたいな触り心地ですw
この製品にしたのは,熱伝導率と価格のバランスがよかったので決めました。
熱伝導率が高いということはそれだけ素早く対象から熱を剥ぎ取ってくれるのです。
本来,SSDやメモリにヒートシンクを取り付ける時,あいだに挟むものなのですが,今回はスペースが狭いためこれだけで熱対策します。

目次

外付けSSD(NVMe)のおさらい

WESTERNDIGITALのSSD

メーカーWESTERNDIGITAL
商品名WD Blue SN550 NVMe SSD
インターフェースPCIe Gen3 x2
フォームファクターM.2 2280
シーケンシャル読み取り最大(MB/秒)2,400MB/s
シーケンシャル書き込み最大(MB/秒)1,950MB/s
容量500GB

UGREENの外付けNVMeケース

メーカーUGREEN GROUP LIMITED
インターフェースUSB3.1 GEN 2 Type-C, NVME(M-Key & M+B Key)対応
転送速度10Gbps(理論値)
積載容量2TBまで
システムWindows/ Mac OS/ Linux/ Chrome OS
サイズ40*22*12mm
接続対応SSD2230 2242 2260 2280
ケース素材アルミ

SSD(NVMe)にサーマルパッドを貼り付けます

インストール自体そんなに難しいことでは無いのですが,明らかに長いので,ハサミでカットします。
あとは取り付けるだけです。

サーマルパッドは非導電性のため、ショートの心配がありません。
ですのでケースの蓋がしっかり閉まるのなら,大丈夫です。

熱を測定しましたので結果をお見せしますね。

これは,まだサーマルパッドを挟んでいない状態で,10GBのファイルを4回ドラッグアンドドロップして計測したものです。
そんなに使っていませんが5分もあれば,このくらいすぐ熱くなるんですよね。

サーマルパッドをインストール後,同じように10GBのファイルを4回ドラッグアンドドロップして計測しています。
いいですね!全然熱くなりません。
正確には,長く使い続けると熱くなるのですが,明らかに簡単には高温になりません。

いかがでしょうか?みなさんも外付けSSDの熱に悩んでましたら,いかがでしょうか?サーマルパッドおすすめです。

外付けNVMeにサーマルパッド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる