【レビュー】Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2はMacBookにおすすめの直挿しタイプ

当ページのリンクには広告が含まれています。
【レビュー】Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2はMacBook Air/Proにおすすめの直挿しタイプ

今回紹介するのはMacBook Air/Proに直挿しで使えるAnker 547 USB-C ハブ 7in2。

MacBookには様々なUSBハブが出回ってますが、Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2は、価格と性能のバランスが優れた製品。

USB-Cポートに直挿しするタイプで、MacBookの最新機種にも対応したUSBハブは少ないです。

「最新機種に対応」というのはM2/M3 MacBookのMagSafe充電ポートを塞がないということ。

MacBook Airは特にUSB-Cポートが2つと充電用MagSafeポートが1つしかありません。

直挿しUSBハブでMagSafeポートが使えなくなると、ただでさえ拡張性が低いMacBook Airの性能を引き出せません。

メリット・デメリットを簡潔にまとめると以下のとおり。

  • 直挿しタイプで性能と価格のバランスがグッド
  • Thunderboltポートが使える
  • MagSafeポートを塞がない
  • 4K60HzのHDMIポートあり
  • SD&microSD UHS-Iあり
  • USB-A,USB-Cポートは5Gbpsまで
  • 有線LANなし
  • 接続端子を引き抜くとハブごと抜けそう
  • ハードケースを付けていると装着不可
  • ロゴが大きすぎる

今回、M2 MacBook Air 15インチで検証してます。

気になる方はこの記事を読んでみてください。

created by Rinker
Anker
¥6,990 (2024/07/19 10:03:03時点 Amazon調べ-詳細)
クリックで項目にジャンプ

製品紹介

中身はAnker 547 USB-C ハブ 7in2本体と説明書のみ。シンプル。

ロゴはもう少し小さいほうが嬉しかった。

製品仕様

■基本スペック

  • サイズ:約 125 x 36 x 10 mm
  • 重さ:約 55 g
  • 対応機種:macOS 12 以降

■搭載ポート詳細

  • 1 × 多機能USB-C ポート (最大100W入力 / 40Gbps / 5K )
  • 1 × データ転送用USB-C ポート (最大5Gbps)
    ※充電や映像出力に非対応
  • 2 × データ転送用USB-A ポート (最大5Gbps)
    ※充電や映像出力に非対応
  • 1 × 最大4K (60Hz) 対応HDMIポート
  • 1 × SDカードスロット (104MB/s)
  • 1 × MicroSDカードスロット (104MB/s)

外観

カラーはグレイのみ。

MacBookのスペースグレイに近い暗めのシルバー色。

各ポート、説明が上部に記載されていて初心者にもやさしい仕様。

特にUSBポートは、転送速度が印字されていてかなり助かります。

2つ並んだUSB-CポートはMacBookのUSBポートにきれいに収まるよう設計されています。

一番左の多機能ポートは、MacBookのThunderbolt(USB4)ポートと同等の性能。

1.多機能USBポート:100Wのパススルー充電に対応し、データ転送40Gbps、映像は5K60Hz出力が可能。

2.HDMI端子:HDMIは4K60Hzに対応し、文句なし、多機能ポートと同時に映像出力に使えばデュアルディスプレイが可能。

ただし、Appleシリコン搭載MacBook Air はシングルモニター出力にしか対応していないので、どちらか一方のポートを外部ディスプレイとの接続に使うことになります。

コスパも申し分ないAnker 547 USBハブですが、USB-A、USB-Cの仕様が残念。

3.USB-A/Cポート:中央、横並びの3つのUSBポートはすべてデータ転送5Gbps。

せめてUSB-Cは10Gbpsに対応してほしかった。

4.SD/microSDはUHS-I(最大104MB/s))に対応。

本体重量は53gとセルフパワーのUSBハブとしては軽量タイプ。

Satechi USB-C Proハブ Max 8in2、CalDigit SOHOと比較

Appleと親和性の高いSatechiのUSBハブ(右側)と比較。

大きな違いはSatechiには有線LANポートと3.5mmステレオミニジャック(側面)が存在すること。

価格差はほぼ2倍なことを考えると、LANポートを普段使わないならAnker 547 USB-C ハブ 7-in-2を選んでも問題なし。

2台に共通して、ボクが不満なのが最大10GbpsのUSBポートがひとつもないこと。

直付けタイプでは限界スペックなのかも。

created by Rinker
Satechi
¥12,936 (2024/07/19 10:03:04時点 Amazon調べ-詳細)

SatechiのProハブにはMacBook Air用に専用設計されたスリムモデルもあります。

created by Rinker
Satechi
¥10,370 (2024/07/19 04:03:12時点 Amazon調べ-詳細)

愛用しているCalDigit SOHOドック。

値段も違うけどケーブル接続タイプのCalDigit SOHOドックなら各ポートも高性能だし、余ったポートを活用できます。

もちろん見た目のスタイリッシュさは直挿しタイプのAnker 547 USBハブの方が上。

Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2のお気に入りポイント

Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2のいいとことろは、M2 MacBookに採用されているMagSafe充電ポートを塞がないこと。

直挿しUSBハブは、MagSafe充電ポートを塞ぐものが多い中、さすがAnker、しっかり対応しています。

邪魔なケーブルがないので、わざわざ抜き挿ししなくても、接続したまま持ち運びできるのは直挿しタイプのメリット。

残念ポイント

多機能USBポートを充電に当てている場合、ほかのUSBポートがすべて最大5Gbpsのデータ転送速度までにしか対応していないので、より高速なデータ転送速度を持つデバイスの性能を引き出せない。

対応策は、MagSafe充電ケーブルを持ち歩くか、充電中は、M.2のような高速な外付けSSDを使わないこと。

読出最大1050MB/秒のSanDiskの外付けSSDエクストリームポータブルを5GbpsのUSB-AおよびUSB-Cポートで使ってみたら読み込み386MB/s、書き込み419MB/s。

データ用のUSB-A×2、USB-C×1 計3ポートは全てほぼ同じ結果に。

多機能USBポートで充電ではなくデータ転送すれば、問題なく最速で処理できます

ほかに残念ポイントとしてSD/microSDがUHS-I(最大104MB/s)にしか対応していないことがありますが、市販されている直挿しタイプはUHS-Iにしか対応していません。

管理人の愛用するCalDigit SOHO ドックやAnker 655 USB-C ハブならより高速なUHS-IIに対応。

created by Rinker
Anker
¥9,990 (2024/07/19 21:00:43時点 Amazon調べ-詳細)

Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2は買い?

メリット
デメリット
  • 品質の割に価格が良心的
  • 直挿しタイプでスタイリッシュ
  • ケーブルレス
  • Thunderboltポートあり
  • MagSafe充電ポートが使える
  • HDMIが4K60Hz
  • 多機能USBポートは5Kに対応
  • 2画面出力対応
  • USBポートでのデータ転送速度は5Gbpsまで
  • ミッドナイトやシルバーカラーは無し
  • ハードケースを装着していると使用不可
  • 個人的に大きなANKERロゴが苦手

Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2の魅力は、やはり見た目のスマートさとケーブルレスの手軽さ。

MacBook Airは高速なThunderboltが使えるとはいえ、USB-Cポートが2つだけのシンプル設計。

作業環境を拡張させるにはUSBハブやドックの導入は必須レベル。

今回紹介した「Anker 547 USB-C ハブ 7in2」が気になった方は、製品ページをチェックしてみてください。

MacBookにおすすめのUSBハブ、ドッキングステーションをまとめた記事もあります。

参考にしてください。

【レビュー】Anker 547 USB-C ハブ 7-in-2はMacBook Air/Proにおすすめの直挿しタイプ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ