Mac Book Air&Pro モノレビュー

【レビュー】Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードはコスパ最高!

低価格で純正キーボード並の性能,買わない手は無いですね。

自宅で作業する場合,愛機MacBook Proをクラムシェルモード(※)で外部モニターとキーボードを接続して使うことが多いのですが,仕事場でもクラムシェルモードで使いたいと思い,急遽新しく外部キーボードを購入することになりました。

職場に置き去りにするのに高価なキーボードは嫌だなと思いいろいろ探してたのですが,あるじゃないですかコスパバツグンの1台!

しかもAmazonレビューでもかなりの高評価。これは即ポチです。


Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード製品スペック

内包物はシンプル,説明書といつものHappy?カード,そしてキーボード。

製品仕様

対応OSiOS、及びAndroid 3.0 以降、Mac OS X 10.2.8 以降、Windows 8 / 7 / Vista / XP
製品サイズ約284 × 122 × 18.5mm
製品重量約190g
最大使用時間約360時間
パッケージ内容Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード、取扱説明書、18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)、カスタマーサポート
製品型番A7726121(ホワイト)
電池単4電池×2(別売)

見た目は安っぽい感じはなく2,000円に見えないですね。

マルチメディアキー(=ファンクションキー)もしっかり装備され申し分ないです。

さらに右上にはBackSpaceとDeleteキー。これは非常にありがたいです。

純正キーボードはDeleteと書かれたBSキーしかありません。

背面はシンプル,電源のON/OFFと電池の挿入口があります。

バッテリー内蔵型が良かったんですが,この価格なので文句は言いません。

電池込みの重量。これなら十分持ち歩くことも可能。


MacBook Pro 13インチのキーボードよりキーピッチは少し広いですが,そんなに違和感はありませんでした。


Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードの操作性

キーボード上でFn+Z+(A or S or D)で対応OSを選べます。

なお,最初からmacOSモードで動作しているがOSを切り替えた場合Fn+ZでmacOSに戻れます。

ただし,ワンタッチ切替はできない。

一度切り替えると,再度戻ってくるにはBluetooth接続のための設定がもう一度各OS側で必要になります。

切り替えなければ繋ぎなおす必要ないのでいいんですが,ここがちょっと面倒ですね。

iPadOSでも接続,操作感,問題ないです。


キータッチは純正と比べると硬め,ちゃんと押し込まないと入力されないです。

ストローク(打ち込む深さ)は純正より少し深めの印象です。


電池BOXや電源スイッチがある部分を利用して,すでに角度が付いた状態です。

角度は固定ですが,薄型キーボードなので特に気にしません。

純正は角度付きませんから,それ考えると優秀。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードはおすすめ?

1.低価格,2.Del & BSキー装備,3.OSの切替ショートカット。

純正よりも高機能でコスパ抜群!

ただし,イマイチだったポイントもあります。

1. キーが硬めで,純正のような軽快さは得られない。

2. 各OSの切替時,暗証番号を毎回入力して接続作業しなければなりません。


どんな人におすすめ?

頻繁にいろんなOSを切り替えて使用するような方にはおすすめできません。

切替のたびに接続作業が必要になるからです。

ワンタッチ切替の付いたキーボードを選ぶのがいいでしょう。

ですが,この価格で純正と変わらない見た目とそれ以上の機能が詰まったキーボードは存在しません。

いまいちポイントももちろんありますが,コスパは抜群です。

Mac用,iOS用で低価格のBluetoothキーボードを探しているすべての方におすすめできるキーボードです。


以上「おすすめ!コスパ最高!Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」でした!


こちらは本格メカニカルキーボードの記事

-Mac Book Air&Pro, モノレビュー
-

© 2020 デジまろブログ