Anker Eufy SmartTracker CardとAirTagどっちがいい?カード型紛失防止スマートトラッカーと比較

当ページのリンクには広告が含まれています。
Anker Eufy SmartTracker CardとAirTagどっちがいいのか比較検証してみた|カード型紛失防止タグ

Ankerから発売されたカード型紛失防止トラッカー「Eufy (ユーフィ)  SmartTracker Card 」がかなり人気です。

紛失防止トラッカーとしてはAppleの「AirTag」が有名ですが、今回発売のEufy SmartTracker Cardはクレジットカードサイズ。

「財布に入る、この形を待ち望んでた」という方も多いのではないでしょうか?

おまけにAppleのアプリ「探す」に対応し、紛失時や置き忘れしたときも的確に探すことができます。

とはいえAppleの「探す」には対応してますが、Eufy SmartTracker Cardにはできない、AirTagにしかできない機能もあり悩ましいところ。

Eufy SmartTracker Cardをまとめるとこんな感じ

  • カード型で薄型財布でもじゃまにならない
  • 音が大きく探しやすい
  • Appleの「探す」対応で対象の位置確認や置き忘れ通知も受け取れる。
  • 対象の数センチの距離まで探索できる、UWB(Ultra Wide Band)は使えない。
  • 電池交換ができない(3年で買い替え)

では、実際のところ使いやすいのか、使いにくいのか、早速レビューしていきます。

created by Rinker
Eufy (ユーフィ)
¥3,990 (2024/07/19 19:36:51時点 Amazon調べ-詳細)
クリックで項目にジャンプ

Anker Eufy SmartTrack Card

同梱品

  • Anker Eufy SmartTrack Card本体
  • 補助クリップ
  • 製品ガイド

製品スペック

製品名Anker eufy Security
SmartTrack Card
探索通信Bluetooth
広範囲ログ探索
(紛失モード含)
Apple『探す』アプリで確認
アラームアプリ,トラッカー双方から発信可
防水IPX4
電池最大3年(交換不可)
種類カード型
置き忘れ通知(※)iOS「探す」アプリ
Android OS「Eufy Security」アプリ
サイズ8.5 x 5.4 x 0.24 cm
重さ18.14 g
価格3,990円
(※)位置情報の利用許可を「常に」設定する必要があります

Anker eufyアプリとiOSアプリでの機能比較

Anker Eufy SmartTrack Cardは、どちらのアプリにも対応しています。

項 目Eufy SecurityiOS「探す」
持ち物を探す機能
現在位置の特定
(Bluetooth接続圏外の場合)
スマホを鳴らす機能※1
置き忘れ通知※2
デバイス共有
(複数アカウントでの情報共有※3)


※1:通常時でも、マナーモード設定時でも鳴らすことが可能
※2:Android OSの「Eufy Security」アプリのみに対応
※3:SmartTrack 1個につき、最大6つのアカウントに接続でき、情報を共有できる機能。

外観

前面に物理ボタン。

ペアリング用として使うほか、探索するとき接続しているスマホから音を出します。

スピーカーからの音は大きい。

SmartTrack Cardの音は大きくて助かります。

紐づけされたスマホを鳴らして探せるのもグッドポイント。

AirTagはiPhoneを探せない、AppleWatchでなら探せる。。。

背面には製品仕様とQRコード。

QRコードはSmartTrack Cardを紛失した場合、拾ってくれた人がQRコードからアクセスすると持ち主のメッセージを閲覧できる仕組み。

クレカと比べるとわかりやすい。

厚みは計測すると2.4mm、かなり極薄です。

縦横サイズは、クレジットカードサイズ。気持ち、縦の長さは短い。

財布や名刺入れのポケットにバッチリ収まります。

SmartTrack Cardの重さは13g。薄くて軽くてイイ。

付属の金属製クリップは、裏面に粘着シール。

カバンのポケットや手帳などにSmartTrack Cardをクリップする場合に使います。

Eufy Security SmartTrackをAirTag、Tileシリーズと比較

左から、AirTag、eufy SmartLink、Tile Pro(2022)、Anker Security SmartTrack Card

製品名Anker Security
シリーズ
AirTagTileシリーズ
探索精度◯Bluetoothのみ◎UWB+Bluetooth
数センチ位置まで特定可
◯Bluetoothのみ
広範囲ログ探索
(紛失モード)
◎無料
Apple『探す』アプリの紛失モードも使える
◎無料しかも圧倒的な数のAppleユーザーの通信を利用
見つけたら通知あり
△有料プラン
MAP上でのログの確認のみ
アラーム◎アプリ,トラッカー双方から発信可◯アプリからのみ
AirTag側からiPhoneを探せない
◎アプリ,Tile双方から発信可
音量◎大きな音◎大きな音◎大きな音,しかも選べるパターン
電源バッテリー電池電池,バッテリー
種類カード型、小型サイズ1種類カード型,バッテリー式,電池式,超小型など
置き忘れ通知◎Androidは専用アプリ
iOSは『探す』アプリ
◎iOS 15で正式対応
(無料)
◯アプリ:月額有料
プライバシー保護◎高◎高△低
価格2,990円
3,990円
1P 4,780円 / 4P 15,980円
(2022年11月現在)
2,000円台〜
ただし有料プランだと年間年3,600円の追加費用
アラーム機能:eufy SecuritySmartTrack Card側からスマホを鳴らして探せる。
AirTagはiPhoneを鳴らして探すことはできませんが、Apple Watchなら標準で探索可能。

Anker Security SmartTrack Cardの魅力は軽量・コンパクトなカード型ということと、Apple『探す』アプリが使えるところ。

Apple『探す』アプリを使えば、マップ上に最後に通信した位置を特定することができます。

created by Rinker
Eufy (ユーフィ)
¥3,990 (2024/07/19 19:36:51時点 Amazon調べ-詳細)

Anker Security SmartTrack Cardの使い方

アプリ説明

まずは専用アプリをダウンロード。

iOS、Android両方とも同じアプリ。

iOS(=iPhone)の場合は、純正アプリ『探す』に登録することで、置き忘れ通知などほとんどの機能が移行します。

アプリをダウンロードしたら、ペアリング作業とネーミングで、一旦完了。

ホーム画面からできること

  • ボタンの誤動作を防ぐ、ボタンロックの設定
  • ボタン2回押しでスマホを鳴らすON/OFF
  • スマホを鳴らすON/OFF
  • eufy Security SmartTrack Cardを他者と共有

紛失モードは、専用アプリと『探す』両方で設定可能。

設定すると機能がロックされ、拾った人がQRコードにアクセスすると持ち主のメッセージをみることができます。

当然ですが、紛失設定していなければメッセージにアクセスすることは不可能。

スマートトラックの全ての機能を使用するには、iOS設定の位置情報を『常に』に設定しておきましょう。

Apple純正『探す』アプリに登録

『持ち物を探す』タブから、右上の『+』をタップでその他の持ち物を追加。

eufy Security SmartTrack Cardのボタンをタップして接続すると、リストに追加されます。

実際に使ってみる:eufy Security SmartTrack Card

試したかったのは、置き忘れ通知。

ボクは、物忘れが多いので実際に置き忘れたときの挙動が気になります。

eufy Security SmartTrack Cardを自宅に置いてスタート。

歩いた場合と車の場合も検証。

自宅や職場など、指定の場所から手元を離れた場合は、「通知しない」という設定も可能。

検証結果は、上記の通り。

ランダム性はあるけど、3分から5分程度で置き忘れ通知がきました。

距離にすると徒歩の場合、300mくらいで、車だと1.5Kmほど。

もちろん、 AppleWatchを持っていれば手元にも通知がきます。

朝の忙しい時、飲み会の後など、財布や名刺入れを忘れるタイミングは結構あります。

スマートトラッカーは、忘れ物が無い方には無用ですが、ボクのように「置き忘れ」が多い人には、必須のデバイス。

不満ではないけど、置き忘れ通知のタイミングが、自分で設定できたらもっと便利かな。

UWBが無い!(実体験)

AirTagだけの機能に、UWB通信技術を使った探索機能があります。

これは、対象のわずか1センチの場所まで特定してくれる機能。

これがかなり便利。

ソファーの隙間だったり、クローゼットの中にあるコートのポケットだったり、どこにあっても探し出してくれます。

自宅だけでなく騒がしい店内など、不意に財布を落とした場合、音では探しにくいシチュエーションはかなり多いのですが、AirTagはどんな時も活躍してくれます。

以前デパートのトイレで財布を置き忘れたことに気づき、戻っても見つけられなかったことがありました。
そこで探すアプリでAirTagを探索すると、デパートの管理室まで案内されて事なきを得たこともありました。
管理人さん達がびっくりしてました(笑)

ただし、製品の厚みを考えると、カード型eufy Security SmartTrack Cardのスマートさは捨てがたい。

財布や名刺入れ、パスポート入れなどに忍ばせるなら、eufy Security SmartTrack Cardの薄さは最大の魅力

eufy Security SmartTrack Cardは買いか?

メリット
デメリット
  • 薄くて軽いカード型
  • Apple探すアプリ対応
  • 紐づけしたスマホを音で探せる
  • 電池交換不可(約3年間使用可)

財布や名刺入れにはもちろんおすすめできますが、AirTagと比べるなら、特にワンルームに住んでいる方。

AirTagのように超至近距離まで探せませんが、ある程度エリアは特定できます。

あとは、音が大きいのでeufy Security SmartTrack Cardを鳴らせば、位置を特定するのは容易です。

逆に自宅が広い方はAirTagが向いていますが、財布や名刺入れ向きではありません。

もちろん、「いろんな場所に置き忘れてしまいそう」と心配性の方はAirTagをどうぞ。

個人的には、財布だけeufy Security SmartTrack Cardを使って、他の持ち物はAirTagを使用することにします。

eufy Security SmartTrack Cardの薄さはAirTagにはない、大きな魅力

財布のカードポケットや名刺入れにスッと収まるのはかなりありがたい。

人気商品のため、在庫がなくなる場合もあるので、見つけたらゲットしておきましょう。

created by Rinker
Eufy (ユーフィ)
¥3,990 (2024/07/19 19:36:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,059 (2024/07/19 06:50:26時点 Amazon調べ-詳細)
Anker Eufy SmartTracker CardとAirTagどっちがいいのか比較検証してみた|カード型紛失防止タグ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ