【レビュー】Anker Nano PowerBankがiPhone15におすすめのモバイルバッテリー!621 PowerBankは同機種

当ページのリンクには広告が含まれています。
【レビュー】iPhone15にはAnker PowerBank 621 5,000mAhが最高におすすめのモバイルバッテリー!

外出時にiPhone15と一緒にモバイルバッテリーは持っていくべき?

もし持ち出すなら、どのモバイルバッテリーがいい?

そんな悩みが消えそうなくらい完璧なモバイルバッテリーがAnkerから発売。

それがAnker Nano PowerBank(Built-In USB-C Connector, 22.5W)

621 PowerBankとして売られている製品もありますが、同機種です。
今から買うならNano PowerBankのほうが何故か安いのでおすすめ。
注意点はNano PowerBankには同名でLightning端子のものもあるので、購入時は注意しましょう。

  • ケーブルレスで運用
  • iPhone15を操作しながら手持ち充電できる
  • めちゃくちゃ軽量コンパクト
  • 最大22.5Wの高出力PD急速充電対応
  • AirPodsProもiPad Proも充電可能
  • 容量5,000mAhでiPhone15Proおよそ1回分

実際使ってみて、あまりにも便利なので驚愕しました。

1日に何回も充電するという方以外なら、めちゃめちゃおすすめです。

それでは早速レビューしていきましょう。

目次

製品詳細

同梱品

  • Anker Nano Power Bank (Built-In USB-C Connector, 22.5W)
  • USB-C & USB-C ケーブル (0.6m)
  • 取扱説明書
  • 18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後) 

製品仕様

サイズ約77 x 37 x 25mm
重さ約102g
入力5V = 3A / 9V = 2A (MAX 18W)
出力5V = 3A / 9V = 2.22A /
10V = 2.25A (MAX 22.5W)
合計最大出力22.5W
バッテリー容量5000mAh
対応機種USB-C端子・USB-C & USB-C ケーブル利用時
iPhone 15 / 15 Plus / 15 Pro / 15 Pro Max
iPad Pro (12.9インチ) (第6世代) 他
Galaxy S23 シリーズ / S22 シリーズ
Pixel 7 シリーズ / 6 シリーズ / 5シリーズ 他

外観

コンパクトな筐体にAnker/アンカーのロゴと充電状況を4段階で知らせてくれるインジゲーター

背面には製品仕様が記載

上部のUSB-C充電ポートは格納されていて、跳ね上げることで使える状態になります。

左側面には物理ボタン。押すことで現在の容量がインジゲーターに表示されます。

右側面にはUSB-C端子。

端子の上部に薄っすらとIN/OUTの文字。

このポートは入力も出力も可能な万能タイプ。

重さは、実測で103g。

5,000mAhのモバイルバッテリーの中でも超軽量級。

サイズは実測で長さ76.9×高さ36.8×厚み25.0 mm

Anker Nano Power Bank の使い方

ケーブルレスで使う

ノーマルの使い方は簡単。

USB-C端子をiPhoneなどのデバイスのUSB-Cポートに突き刺すだけ。

跳ね上げた接続部分は4.5mmほど飛び出しているのでケースを装着したままでも問題なく充電できます。

端子部分の太さは11.6mm×6.0mm(実測)

よほどタイトな穴じゃない限り大丈夫でしょう。純正ケースも問題なかったです。

手持ちで充電しながらiPhoneを操作

画像はiPhone15ProMax。

最大出力が22.5Wと高出力なので、MagSafeのモバイルバッテリーを使うより数倍速く充電が完了します。

現存しているワイヤレスモバイルバッテリーは最大15W出力をうたっていても、どのiPhoneでも7.5Wまでの出力しか出せない。

ただし、USB-Cコネクターだけでつながっているので、激しく動かすと抜けてしまいます。ご注意を。

USB-C to Cケーブルを使う

iPhone15にはUSB-C端子が実装されたのにわざわざケーブルを使うこともありませんが、サイドのUSB-Cポートから充電も可能。

LightningケーブルでiPhone14以前のものを充電とかには使えそう。

同時充電

iPhoneとAirPods Proなど、2つのデバイスを同時に充電可能

便利な充電

iPhoneなどのスマートフォンだけじゃなくAirPods Pro第2世代(USB-C)もケーブルレスで充電可能。

もちろんLightningケーブルを使えば、以前のAirPodsも充電可能。

単ポート出力は最大22.5WなのでiPad Proも充電可能

しかもケーブルレスっていうのが感動。

AnkerのAppleWatch用充電モジュール【Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watch】を使えばケーブルレスでApple Watchも充電できます。

本体充電もケーブルレス

ケーブルでの充電も可能ですが、なんとUSB充電器に直接挿してケーブルレス充電が可能

ケーブル+モバイルバッテリー+USB充電器の全部入りならこちら「Anker Power Bank (30W, Fusion, Built-In USB-C ケーブル)」

5000mAhのモバイルバッテリー内蔵の、30W出力のUSB充電器です。

充電性能

残量20%のiPhone15ProMaxに接続して、約19.2Wの出力を確認。

ほぼカタログ値どおりの充電能力です。

本体へ17W〜18Wで充電できました。

カタログ値どおりの結果。すばらしい。

パススルー充電

パススルー充電とは、Nano PowerBank本体を充電しながら、接続したデバイスも同時に充電するというもの。

iPhoneを充電しながら、モバイルバッテリー本体も充電されるので、就寝中に両方を充電しておきたいときなど便利に使えます。

実際の運用方法

Anker Nano PowerBankを手に入れたことで、ケーブルレスで丸一日過ごすことが可能になりました。最高です。

必ず持ち出すのが、①iPhone15Pro Max、②Apple Watch Ultra、③AirPods Pro2(USB-C)。

この3つに加えてNano PowerBankとPortable Magnetic Chargerをバッグに忍ばせておけば、どんな状況でも乗り切れそう。

軽量モバイルバッテリーの完成形

メリット
デメリット
  • 充電・給電がケーブルレスで運用
  • iPhone15を操作しながら手持ち充電できる
  • めちゃくちゃ軽量コンパクト
  • 最大22.5Wの高出力PD急速充電対応
  • AirPodsProもiPad Proも充電可能
  • 容量5,000mAhでiPhone15Proおよそ1回分
  • ヒンジ部分の耐久性が気になる

Anker Nano PowerBank(Built-In USB-C Connector, 22.5W)は、5,000mAhクラスのモバイルバッテリーとしてはある意味完成形といえます。

ケーブルレスで、どんなUSB-Cデバイス(22.5Wまで)も充電できるので余計なケーブルの心配をしなくていいのは最高。

本体の充電もケーブルレスで可能なのがさらに利便性を高めています。

いつもの持ち物に約100gのガジェットを忍ばせておくだけで、バッテリーの心配事から開放されます。

この記事を読んで、Anker Nano PowerBank(Built-In USB-C Connector, 22.5W)が気になった方は、製品ページをチェックしてみてください。

Portable Magnetic Charger for Apple Wachとのセット運用もおすすめです。

iPhone15のおすすめアクセサリー特集記事はこちらから。

モバイルバッテリーの特集記事もあります。

【レビュー】iPhone15にはAnker PowerBank 621 5,000mAhが最高におすすめのモバイルバッテリー!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次