CASEKOOのiPhone14シリーズ用 新型クリアケース「CloudCush」の耐衝撃性能は米軍MILスペック

当ページのリンクには広告が含まれています。
CASEKOOのiPhone14用 新型クリアケース「CloudCush」の耐衝撃性能は米軍MILスペック

今回はCASEKOOから発売されるiPhone14 Pro/Pro Max用の新型ケース「CloudCush」の紹介です。

CASEKOOはアマゾンの携帯アクセサリーブランドとして現在第4位の販売実績のあるメーカー。

発売された新型iPhoneケースは、そのCASEKOOがクリアベースにこだわりながら、高さ3mからの落下にも耐えられる米軍MILスペックの耐衝撃性能を持つ製品。

堅牢性、デザイン性を両立させながら軽さにもこだわっていて、魅力が満載のケースです。

今回、メーカーよりサンプルを提供していただいたので、実際の装着感などレビューしていきます。

早速、詳しく見ていきましょう。

※本記事はプロモーションを含みます。

created by Rinker
CASEKOO
¥3,999 (2024/06/22 18:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
クリックで項目にジャンプ

実は愛用者

実は何をかくそう以前から、CASEKOOのケース愛用者。

クオリティの高さとカラーバリエーションの豊富さから常用してました。

上の画像のMagSafeスタンド付きケースはリングがハンドクリップにも使えてかなり便利。

なによりオフホワイトにゴールドリングの組み合わせがお気に入り。

iPhone14 Pro/ProMax用ケース「CloudCush」製品詳細

提供してもらったのは、iPhone14 Pro用ピンクとiPhone14 Pro Max用ブラック。

同梱品はスッテカーシート×2枚とメッセージカード、包装袋は着脱の説明が入ってます。

画面サイズ(インチ)‎6.1/6.7 インチ
対応機種‎iPhone14 Pro/Pro Max
カラー‎パープル
ピンク
ブラック
ベージュ
ライトグリーン
全5色
ブランド‎CASEKOO
その他 機能‎可視化360°AirShock
絶対黄変なし
衝撃に強い(※)
素材‎ポリカーボネート
サイズ‎‎Pro用:8.6 x 16.9 x 1.5 cm
Pro Max用:8.6 x 16.9 x 1.5 cm
重さPro用:80 g
‎Pro Max用:90 g

外観

ミルスペックということで、ゴツゴツした感じを想像してましたが、かなりポップな印象。

クリア部分とカラーリングのコントラストが、なかなかイイ。

ケースの側面は二重構造になっていて、空気の層が挟まっていることで、高い耐衝撃性を実現しています。

外側のクリア部分は少し硬めで、内側のカラー部分はシリコーンのような柔らかめの素材。

なので手でつかんだ感じは、フニャフニャではなく思っていたよりも固め

押し込むと微妙に弾力を感じる程度

背面部分は硬質な‎ポリカーボネート素材で黄ばみにも強い

音量、電源ボタン部分にはエア加工がされていない一層構造。

カメラレンズ周囲の立ち上がりは十分。

重さの実測は、iPhone14 Pro用が44g、Pro Max用が51g。

ケースの重量としては普通ですが、耐衝撃性をうたうケースとしては軽量な部類。

特徴

360°AirShock【米軍規格・安心の衝撃対策】

史上最強のタフさを誇るiPhoneケース「CloudCush」。

米軍基準の耐衝撃試験「MIL-STD-810H」に合格。

3mの高さから26方向に落下しても問題なし。

恐るべし360°AirShock。

使い続けても黄ばまない

透明ケースが黄ばむ原因の大半は紫外線。

PC素材の性質上、紫外線に強いため、屋外での使用でも劣化しにくい。

軽さと360°AirShock

試しに湯船に浮かべてみました。

さすがにどっぷり浸けてしまうと沈みますが、水の上に置いてあげると浮いたまま。

側面の空気の層のおかげ。

iPhone14 Pro / ProMaxに装着

包装用のビニール袋に着脱方法が印字。

ぴったり形状で側面も二重構造なので、着脱は結構たいへん。

印刷されている手順を踏めば大丈夫。それでも結構力を入れて着脱しました。

左サイドからはめ込んでいきます。

外すときは上部を押さえながら下側から。

キレイに収まってます。

装着には慣れが必要かも。

ブラックカラーだとポップな印象が少ないので一番使いやすいかも。

カメラレンズ周りの立ち上がりは、レンズよりも高いので、安心。

充電ポートも問題なし。

側面がディスプレイよりも立ち上がっているのでデスクに押し付けても、画面が触れることはありません。

ガラス保護フィルムを貼り付けたままでケースを装着しましたが、互いが干渉することはありませんでした。

ケースを装着したときの厚み

それぞれのケースの厚みを測定(※素人測定のため誤差あり

iPhone 14 Proの場合、7.6mm厚みが増して79mm。

つまりケース側面の厚みは3.8mmという感じ。

iPhone 14 ProMaxの場合、7.7mm厚みが増して85.3mm。

こちらもケース側面の厚みは約3.8mm。

つかみやすさ

ケース装着後、iPhone 14 Pro/ProMaxどちらも厚みが増しても、「握りにくい」感じはしない。

iPhone14自体がカクカクしているので、全体的に丸みがあると逆につかみやすい

操作性

音量、電源ボタン部分にはエア加工がされていない一層構造のため、触れた感じは柔らかく、押しやすい。

スピーカーホール、ケーブルのホールも特に問題なし。

純正ケーブルはもちろん干渉しない。画像はAnkerの柔らかケーブルFlow。

MagSafeワイヤレス充電も問題なし。

磁力対応ケースではないので、吸着はしますが持ち上げると外れます。

ポップな外観だけど性能は硬派なクリアケース「CloudCush」

メリット
デメリット
  • クリアとカラーバンパーの二重構造がかわいい
  • 3mの落下からにも耐える米軍MILスペックの本格耐衝撃性能
  • 背面は硬質なポリカーボネイトで黄ばみにくい
  • 空気の層と丸みを帯びた側面で「やさしい」つかみ心地
  • ワイヤレス充電対応
  • 着脱しづらい

CASEKOOのiPhone14Pro/ProMax用 新型クリアケース「CloudCush」は、堅牢性、デザイン性を両立させながら軽さにもこだわっていて、魅力満載。

デザイン優先で購入してもいいですし、iPhoneを落としてしまうことが心配な方にもおすすめ。

CASEKOOのiPhone14Pro/ProMax用 新型クリアケースが気になった方は、製品ページをチェックしてみてください。

created by Rinker
CASEKOO
¥3,999 (2024/06/22 18:42:31時点 Amazon調べ-詳細)
CASEKOOのiPhone14用 新型クリアケース「CloudCush」の耐衝撃性能は米軍MILスペック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ