【レビュー】デノン DHT-S216 サウンドバーがおすすめ!安くて低音もしっかり!

ここ数年、液晶テレビは大画面薄型のものでもかなりお安くなってきました。

私デジまろ(@digimalog)も格安4Kテレビ、ハイセンスの65型65S6Eを購入し、映画やYouTubeを楽しんでいます。

ただ、薄型のテレビは構造上、どうしてもスピーカーが貧弱になってしまうため音の迫力には欠けてしまいます。

「大画面で動画を楽しみたい」と思っても、音がスカスカでは没入感も半減。

とはいえ、本格的なサウンドシステムを組むのは金額もそうですが、何よりスペースを取ってしまうのが最大のネックです。

そんな悩みを一気に解消してくれるのがサウンドバーです。

特に重低音を再生できるウーハーが組み込まれた2.1chのサウンドバーは、他に機材を揃えなくても十分な臨場感と音場を作り出してくれます。

2chのサウンドバーでもっと安いものがたくさんありますが、テレビのスピーカーからのグレードアップ感はさほど望めません。

今回、音質・価格ともに納得できたデノン DHT-S216Kを導入したのでレビューしていきます。


目次

デノン DHT-S216 サウンドバー 製品詳細

モデル番号‎DHT S216K
ドライバーユニット25mm ツイーター ×2、45mm×90mm 楕円形ミッドレンジ ×2、75mm サブウーハー ×2
バーチャルサラウンド機能〇(DTS Virtual:X)
サウンドモードMovie、Music、Night、Pure
ダイアログエンハンサー〇(3 モード)
対応音声フォーマットDolby Digital、DTS、AAC、リニア PCM
対応 Bluetooth コーデックSBC
HDMI(入力/出力)1 / 1(ARC、CEC 対応)
光デジタル入力1
アナログ AUX 入力1(3.5mm ステレオミニジャック)
サブウーハープリアウト1
外形寸法(W×H×D)890 x 66 x 120 mm
質量3.5 kg
付属品かんたんスタートガイド、リモコン、単 4 形乾電池、HDMI ケーブル、光デジタルケーブル、電源コード、壁掛け用スペーサー ×2、壁掛け用テンプレート

HDMIケーブル、光デジタルケーブルが同梱されているのは嬉しい仕様。

特徴としてはDENONのハイエンドオーディオも手掛けるサウンドマネージャー 山内慎一氏が音質の最終調整を担当。

音響機器メーカーらしいミュージックビデオも楽しめる高音質仕様になってます。


正面からだとかなりスッキリしているデザイン。


底面部。

左右にあるホール内にはサブウーハーが2発。

据え置き用にクッション材もその外側に配置されています。

背面からの図。

電源や各ポートは中央に集約されています。


左から電源ポート/外部入力(AUX)/光デジタル/HDMI入力/HDMI出力/サブウーハー出力

HDMIポートは入力と出力があり、テレビとの接続はARC対応HDMI出力ポートを使います。

HDMI接続ARC対応とは?

ARC(Audio Return Channel)技術は、光デジタルケーブルを使わずHDMI端子でデジタル音声を送信する技術のことです。

もちろん、対象機器とテレビ側双方のHDMIポートがARCに対応していることが条件。

この音声転送技術にはDolby TrueHDやDTS-HD Master Audioなどにも対応した上位規格の『eARC』もありますが、搭載機の価格は跳ね上がります。



ボタンは上部に配置。

電源/入力切り替え/Bluetooth接続/音量+/音量-

このテレビ用のサウンドバーで音楽を聞く方がどれほどいるのかはわかりませんが、Bluetooth接続でスマホやPCの音楽などを再生したりできます。

できるだけモノを少なくしたい、スピーカーはこれ一本で、という方には便利なボタンです。


サラウンド用のホールは左右にあります。

付属のリモコン

シックでいい感じです。

ただし、全て英語表記なので、万人向けではないかもしれません。

基本的には一度好みの音質を設定すれば、音量はテレビ側で操作するので出番はあまりないです。

注意してほしいのはDHT-S216Kは、かなり低音が出るので普段使いにNIGHTモードがおすすめ。

私は映画を楽しみたいときだけMOVIEボタンを使ってます。




DHT-S216Kをテレビに接続

先に導入したハイセンスの65型65S6Eは壁掛けしてるで、サウンドバーも壁掛けにすることにしました。

吊り下げ用のネジ穴の位置ですが、本体に付属している壁掛けのテンプレート用紙を使うとかんたんです。


なかなかいい感じで設置できました。


あわせて読みたい
【レビュー】ハイセンス4Kテレビはおすすめ!レグザエンジン搭載65S6E,65U7Fの評判は? 出典:Amazon.co.jp テレビが突然逝ってしまいました。2014年に買ったSONY 60型DL-60W600B。ソニータイマーか? 6年で壊れるなんてちょっと早いなーなんて思いました。...

デノン サウンドバー DHT-S216Kはコスパ重視の方におすすめです

薄型テレビの音では満足できないけど、高級サウンドバーやサラウンドシステムが欲しいわけではない。

それでも、できるだけ高音質で映画やミュージックビデオを楽しみたい方。

そんな方は、検討してみても良いのではないでしょうか。

一本のサウンドバーで、しかもこの価格帯で重低音も表現できているのは秀逸です。

注意点ですが、立体的な音場を形成するバーチャル3Dサラウンド DTS Virtual:Xにも対応していますが、立体的かどうかは個人差があります。

なぜなら一度でも5.1chや7.1chを聞いたことがある方には、当然物足りないからです。

それから、まれに音がこもっているという口コミがありますが、普段のニュースなどでウーハーの音量上げたりDTSを使ったりしたら当然ミスマッチが起こります。

もちろん、それぞれの部屋の環境もあるので、ひとくくりにはできませんが。

私のオススメはリモコンでNIGHTモード、これを普段遣いにしていれば問題なしです。

気になる方は一度量販店などでチェックしましょう。




高コスパなハイセンスのテレビが気になった方はこちら

【レビュー】デノン DHT-S216 サウンドバーがおすすめ!安くて低音もしっかり!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる