コスパのいいゲーミングヘッドセットならFIFINE AmpliGame H9がおすすめ!7.1ch対応でマイクも高性能!

当ページのリンクには広告が含まれています。
コスパのいいゲーミングヘッドセットならFIFINE AmpliGame H9がおすすめ!7.1ch対応でマイクも高性能!
でじまろ

性能も良くて、お値段お手頃、そんなコスパのいいゲーミングヘッドセットが欲しい!

そんな質問を受けたなら、まずおすすめしたいのが、FIFINE AmpliGame H9。

FIFINEの製品は、とにかくコストパフォーマンスに優れていて、それでいて製品の評価も高いのが特徴。

当記事で紹介するFIFINE AmpliGame H9も、例に漏れず、低価格、高品質、高性能なヘッドセット。

  • 50mmの大型ドライバー搭載
  • マイクの通話性能が価格以上
  • USB-Aでも3.5mmジャックでも使える
  • 7.1chサラウンド対応
  • アプリ不要で、簡単接続(プラグ・アンド・プレイ)
  • リスニング用ヘッドホンとしても優秀

今回FIFINEより実機を提供していただいたので、詳しくレビューしていきます。

created by Rinker
FIFINE
¥5,680 (2024/06/22 21:43:10時点 Amazon調べ-詳細)

※当記事はプロモーションを含みます。

FIFINEはどんな企業?

FIFINEは、2009年に創業した中国深センに本社を置く、オーディオ製品を専門的に開発・製造・提供する企業。
創業時から手掛けるマイク部門では、日本国内だけではなく、海外からも高い評価を受けています。
AmazonレビューでもXでも概ね高い評価を受けている製品が数多くあります。

XのJP公式アカウント @fifinejp
公式ページ(英語)https://fifinemicrophone.com/
Amazon公式ページはこちら

クリックで項目にジャンプ

FIFINE AmpliGame H9製品詳細

同梱品

  • AmpliGame H9本体
  • 操作パッド
  • 着脱式無指向性マイク
  • 取扱説明書

製品スペック

製品名AmpliGame H9
メーカーFIFINE
製品タイプゲーミングヘッドセット
接続タイプ有線
ドライバー50mm
マイクロフォンタイプコンデンサー
指向性無指向性
周波数応答20Hz-20kHz
感度-42±3dB
インピーダンス2.2kΩ
ケーブル長コントローラー約2m
ヘッドセット約1m
互換性USBまたは3.5mm
重量約300g
対応プラットフォームPC、PS4、Xboxなど
カラーブラック、ホワイト、ピンク
実勢価格5,680円(税込)

外観

全体的にブラックで統一されていていい感じ。

ヘッドバンドのアーム部分は金属製でカチカチッと調整できるタイプ、10段階。

ハウジングの内側(イヤーカップ)のクッションは柔らかいが高反発、押し込んだらすぐに戻る。

付け心地は悪くないですが、合皮素材なので、ゲームに使うとムレが心配。

長時間使うならファブリック素材が通気性が良くて使いやすい。

L,Rの表記は大きくて見やすい⭕

ヘッドバンドのクッションは、イヤーカップのクッションと同じ素材。

柔らかめの高反発。

ヘッドバンド上部には、同色で刻印されたfifineのブランドロゴ。

なかなかカッコいい。

イヤーカップは縦方向には稼働しますが、横回転はできない仕様。

マイクは取り外し可能な無指向性。

アーム部分はワイヤーが仕込まれていてフレキシブルに動いてくれます。

これがかなり音が良くてビックリ⭕

有線ケーブルと接続可能なコントロールパッド。

このコントロールパッドを使う時は、USB接続となります。

  • マイクミュートスイッチ
  • 7.1ch切り替えボタン
  • ヘッドホン音量
  • マイク音量

各ボタンが大きいので操作しやすい。

7.1chの切り替えも中央の大きなボタンで、ONにすると周りが赤く光るのでわかりやすい。

クリップ式で服やデスクマットに固定できるのもポイント⭕

ヘッドホンのケーブルが1m(実測)、コントロールパッドのケーブルが1.9m(実測)、有線の長さは合計2.9mとかなり長い(※端子部分を除く)。

デスクトップPCの裏側に接続しても取り回しに苦労することはなさそう。

ケーブルはナイロン素材で編み込まれている、絡まりにくい高耐久タイプ。

装着イメージ

ゲーミング用としてはスッキリした外観。

派手なものが苦手な方にもおすすめできます。

重さ

ケーブル込み(コントロールパッド含まず)の重さは256g。

軽量タイプなので、長時間のプレイでも重さが気になることはないはず。

MacBookに接続

M2 MacBook Air 15インチに接続してみました。

MacBookはUSB-Aポートがないため、USBハブやUSB-C to USB-Aの変換アダプタを使って接続する必要があります。

今回テストしたのはAnker 547 USB-C ハブ (7-in-2, for MacBook)と、Anker 332 USB-C ハブ (5-in-1)。

どちらでも問題なく作動しました。

MacBookの内蔵マイクよりも遥かに性能はいい。

使い方はかんたん、USB-Aポートに突き刺すだけ。

コントロールパッドを使わない場合は、PCの3.5mmジャックに直接差し込みます。

ドッキングステーション CalDigit TS4経由でも問題なく作動してくれました。

音質

ヘッドセットですが、音楽や動画の音質も確認してみました。

思いっきりドンシャリですが、低価格帯によくあるスカスカな音ではなく、聴きやすくまとまっています。

価格以上の音質といえるでしょう。

7.1chは、対応コンテンツ、対応ゲームでなければ真価は発揮できませんが、FPSに重要な足音などしっかり捉えることができるのでゲームは快適にプレイ可能。

なにより有線なので遅延がない⭕

マイク音質

マイクの音質はまさかと思えるほど高品質。

くっきり、はっきり聞こえます。

ゲームや実況だけでなくZOOM会議でも十分に使えます。

愛用しているFIFINEのAmpliGame A6Tと遜色ない音質。

比較に使ったAmpliGame A6Tも低価格帯では音質には定評のあるマイク。

created by Rinker
FIFINE
¥7,569 (2024/06/22 13:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

FIFINE AmpliGame H9
総合評価
( 4 )
メリット
  • マイクの通話性能が価格以上
  • 音質はゲーム向きのドンシャリ
  • USB-Aでも3.5mmジャックでも使える
  • 7.1chサラウンド対応
  • アプリ不要のプラグアンドプレイ
  • リスニング用にも使える
デメリット
  • イヤーカップがPUレザーなのでムレを気にする人には不向き
  • 笑顔マークは好き嫌いが分かれる

FIFINE AmpliGame H9は、音質、通話性能含め、価格以上のヘッドセットであることは間違いないです。

価格を抑えながらも本格ヘッドセットが欲しい!という方にはピッタリの製品です。

FIFINEの製品は、口コミでの評価が高い製品が多いので、AmpliGame H9以外のアイテムもチェックしてみるといいでしょう。

created by Rinker
FIFINE
¥5,680 (2024/06/22 21:43:10時点 Amazon調べ-詳細)
コスパのいいゲーミングヘッドセットならFIFINE AmpliGame H9がおすすめ!7.1ch対応でマイクも高性能!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ