Amazon Music Unlimited 今なら最初の4か月が無料で音楽聴き放題|2023年10月15日まで

Apple純正iPhoneケース「ファインウーブン」はどんな素材?「シリコーン」と比較レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

Appleはこれまで発売してきたレザー製品の取り扱いをやめて、より環境に配慮した「ファインウーブン」という自社開発の素材を使用したアクセサリーを発売しました。

「ファインウーブン」は、Appleの目指す“カーボンニュートラル”を実現するため、全体の68%が使用済み再生素材で作られた、耐久性の高い素材とのこと。

すばらしい取り組みだとは思いますが、まだ触ってもいない未知の素材のものを、いきなり購入するのは勇気が必要。

とはいえ、そこはガジェットブロガー、新しいものは試して当然。

人柱覚悟で購入してみました。

Apple純正のiPhoneレザーケースを愛用してきた管理人「デジまろ」が、新作ファインウーブンケースシリコーンケースを比較してみました。

目次

製品概要

今回購入したのはiPhone15 Pro Max用のファインウーブンケースとシリコーンケース。

アップルストア価格は、以下の通り。

■iPhone15全シリーズ共通価格

ファインウーブンケース9,980円(税込)
シリコーンケース7,980(税込)
クリアケース7,980(税込)

ケースに約1万円は、かなり高額な出費、サードパーティー製なら、1,000円台から購入できます。

iPhone14シリーズに存在したレザーケースも高額でしたが、本皮を使いながら精巧な作りで、経年変化が楽しめる、かなり所有欲を満たしてくれる製品でした。

シリコーンケースと比較

左がシリコーンケース、右がファインウーブンケース。

両方、カラーはブラックを購入しましたが、少し青みがかっています。

Apple製品のカラー「ミッドナイト」に近い色合い。

ファインウーブンのほうが黒に近いですが、素材のせいでダークグレーに見えないこともないです。

遠目では、リンゴマークの色の違いくらいで素材の違いは解りづらいです。

ケース内側。

左がシリコーンケース、右がファインウーブンケース。

左がシリコーンケース、右がファインウーブンケース。

iPhone15Pro/Pro Maxは、マナーモード(着信/消音)スイッチがアクションスイッチに変わったので、音量ボタンに加えて左側面のボタンが3つに。

ファインウーブンのボタンは、金属素材で高級感あります。

旧レザーケースと同様の素材。

シリコーンケースのボタンも上手く形成されていて質感は高い。さすが純正。

ファインウーブンの側面素材は、硬めの樹脂製。

レザーケースは側面もレザーだったのですが。

双方の素材の違いは、シリコーンケースは全面しっとりした樹脂で、ファインウーブンの側面はサラッとした樹脂。

左がシリコーンケース、右がファインウーブンケース。

シリコーンケースは、iPhoneのスピーカーホール。ひとつひとつをくり抜いてあって手間がかかってます。

対してファインウーブンケースは、全体的にくり抜かれいます。

これは、レザーケースも同じ仕様だったので、開発中は、側面もファインウーブン素材にするつもりだったのか、もしくは途中までレザーケースのつもりで設計されていたか、でしょうか。

側面は樹脂ということを考えれば、シリコーンケースと同じ精巧なスピーカーホールで作ることもできたはず。

左がシリコーンケース、右がファインウーブンケース。

更に拡大。

ここまで素材を拡大すれば、わかると思いますがファインウーブンは織物に近いですね。

触った感じは、毛の短いベルベットみたいなさわり心地。

拡大鏡で見ると、ものすごく目の細かいデニム、光沢感のないシルク、といったところ。

レザーケースを使っていたユーザーは、どちらを購入するか悩みそうですね。

個人的には、織物にするくらいなら環境に配慮したヴィーガンレザー(合皮)のほうがよかったかも、と思ってしまいました。

とはいえ、近い素材はあるものの触り心地は唯一無二。

カーボンニュートラルの実現を応援したいならファインウーブンでしょう。

左がシリコーンケース、右がファインウーブンケース。

内側に貼り付けてあるスウェードのような素材は、シリコーンケースの方が毛足が長くてさわり心地がいい。

ファインウーブンの内張りはモケット生地に近い。

形成の違いは、シリコーンケースは側面まで張り込まれていて、ファインウーブンの側面は樹脂がむきだしのまま。

この内張りは、意外と重要。

街中で恩恵に預かることはありませんが、目の細かい砂埃が侵入してきたとき、内張りがない樹脂むき出しのケースでは、iPhoneが傷つきやすいです。

サイズ比較

左がシリコーンケース 33g、右がファインウーブンケース 29g。

ファインウーブンの方が4gほど軽い。

ケースの厚みはほぼ一緒。ファインウーブンが0.2mm薄いですが誤差レベルです。

防水性

洗面台でシャワーをかけてみました。

水をかけて数秒で、この状態。

耐水性はゼロですね。

レザーケースも耐水性はなかったので、水辺に行くときは別のケースが必要でしたが、ファインウーブンも同じ対応が必要です。

背面に水をかけた場合、内側には侵入しないのでご安心を。

当たり前ですが、シリコーンケースはまったく水のダメージがありません。

MagSafe対応

MagSafeの磁力は、これまでのケース同様強力で、普段使いには問題なし。

もっと強力な磁力が欲しければサードパーティー製を選べばいいでしょう。

レザーケースの弱点でもあった、しばらくワイヤレス充電に使用しているとMagSafeのリング跡がのこる現象はファインウーブンでは問題なさそう。

レザーケース愛用者はファインウーブンを購入して幸せになれるか?

左は使い込んだiPhone14Pro Max用純正レザーケース、右はファインウーブンケース。

レザーケースのかわりに開発されたとはいえ、全くの別素材。

所有欲が満たされるかどうかは、素材の好き嫌いも大事ですが、環境問題に関心があり、カーボンニュートラルを目指すApple社に賛同できるかどうか。

ファインウーブンケースもシリコーンケースも製品のクオリティは間違いなく高いので、購入してがっかりするようなことはないでしょう。

個人的には、シリコーンケースを常用したいところですが、せっかく購入したファインウーブンの長期使用レビューもやっていこうと思います。

■レザーケースとシリコーンケースの比較はこちら

ファインウーブンケースのまとめ

おすすめポイント
注意点
  • 環境問題への取り組みに賛同できる人
  • リンゴマーク付きのケースは純正だけ
  • 新素材ファインウーブンを試したい方
  • クオリティが高い
  • トップクラスの軽量ケース
  • 純正MagSafeウォレットと同素材コーディネイトが可能
  • 価格が高い
  • 防水性ゼロ

シリコーンケースもiPhoneケースとしては高額ですが、防水性能の高さ、スウェード調の内張りなど魅力が詰まった製品。

Apple好きならどちらを購入しても間違いなしです。

この記事を読んでiPhone純正ケースが気になった方は、製品ページをチェックしてみてください。

Apple純正iPhoneケース「ファインウーブン」はどんな素材?「シリコーン」と比較レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次