外付けSSDはSATAよりも薄くて軽量な超高速NVMe(M.2)がおすすめ

画像や動画を保存するとき,外部ストレージを使っている方も多いのではないでしょうか。

私は,外出先で編集作業するときクラウドサービスに頼れないことも想定して,必要なファイルは一旦外部ストレージに保存して持ち出します。

小さめのファイルならUSB(フラッシュ)メモリで事足りますが,動画や大量の画像などは流石にそうはいかないです。

そこで内部ストレージと変わらないくらい大容量で転送速度が早いSSDの出番です。

目次

SSDの種類について

一般的なSSDはSATA接続のもの。

私が使っていたSSD “Samsung SSD 860 EVO”です。
このSATA方式だと,読み書き速度が550MB/s前後で頭打ちになります。


USBフラッシュメモリより十分早いですけどね(笑)
ここからは,さらにマニアックな世界に飛び込みそうなので,それでも速いSSDが欲しい!人だけ見てください。

接続方法がSATAでは限界があるため,より高速なPCI-E接続を取り入れたNVMe方式が脚光を浴びてきています。

PCI-E接続はGPUなどの接続に使われている規格です。

現在主流のPCI-E3.0×4のNVMeならば,SATA接続のSSDが550MB/sに対して読み書きが3500MB/s前後の数値を叩き出せます!

ちなみにM.2とはPCI-E接続のコンパクトなインタフェースとして生み出された規格です。

なので超高速なSSDを探すなら,M.2+NVMe
そして,SSDを受け渡すケーブルはThunderBolt3必須です。
ThunderBolt3は最大40gbpsの速度でデータのやり取りができます。

  • NVMe+M.2の最大転送速度の理論値は40Gbps
  • Thunderbolt3の速度は最大40Gbps
  • MacBook ProのポートはThunderBolt3

これはもう使うしか無いです。

はな

デメリットは?

メリットしかないと思われるM.2のSSDですが唯一の欠点は発熱です。
幸い私は熱暴走で壊したことはありませんが,抑えておきたいポイントですね。
長時間の使用を目的にして購入される方は,ヒートシンクやサーマルパッドの対応を考えたほうがよいでしょう。
私はサーマルパッドを購入して、取り付ける予定です。

私が購入したのは,比較的リーズナブルなこの2つ
力説しといて,最速SSDじゃないんだねっていうツッコミはやめてください。
まだThunderBolt3のケース,ケーブル高いこともありますが,これくらいでも十分すぎる速度です。

外付け用にWD Blue SN550 NVMe SSD

WD Blue SN550 NVMe SSD

メーカーWESTERNDIGITAL
商品名WD Blue SN550 NVMe SSD
インターフェースPCIe Gen3 x2
フォームファクターM.2 2280
シーケンシャル読み取り最大(MB/秒)2,400MB/s
シーケンシャル書き込み最大(MB/秒)1,950MB/s
容量500GB

UGREEN外付けSSDケースM.2 NVME SSD専用USB3.1 Gen.2 Type-C

メーカーUGREEN GROUP LIMITED
インターフェースUSB3.1 GEN 2 Type-C, NVME(M-Key & M+B Key)対応
転送速度10Gbps(理論値)
積載容量2TBまで
システムWindows/ Mac OS/ Linux/ Chrome OS
サイズ40*22*12mm
接続対応SSD2230 2242 2260 2280
ケース素材アルミ

インストール作業

組み立ては簡単ですが,差し込みの形状に気をつけてください。
ツメの形を合わせて、カチッと音がするまで差し込みます。

蓋をして出来上がり。

完成後、フォーマットするとすぐに使えます。
PCに接続すると白のLEDが光ります。データアクセス中はLEDが点滅していますので、不用意にケーブルを引き抜かないようにしてください。

SSDをフォーマットしよう

MACにつないだら、まずフォーマットです。純正アプリ、ディスクユーティリティを開きます。

1.左サイドからSSDを指定して、上のメニューから消去を開きます。

2.好きな名前を決めましょう。

3.フォーマットを選びます

全部説明しますが、マニアでない限りフォーマットの形式はAPFS、windowsとのやり取りがあるならexFATでいいのではと思います。

APFS:新しいmacの規格。MacOS10.13 High Sierraから導入された形式で、それ以前の規格には対応していないが、高速にファイルコピーできるし、ファイルが壊れにくくなっています。WindousユーザーとSSDを使ってやり取りしないMacユーザーならAPFSが安定していて使いやすいと思います。

・APFS暗号化:毎回パスワードが要求されます、セキュリティを高めたい人向けです。

・APFS(大文字/小文字):SSD内のフォルダ名を大文字/小文字で識別できるが、一部アプリが動かなくなるため非推奨。

・MacOS拡張ジャーナル:昔からあるフォーマット形式。古いMacにも対応しています。

・MS-DOS(FAT):Windows,Linuxでも使用可能です。windowsではメジャーなフォーマット形式ですね。
 ただし、ファイル単体の容量が4GBを超えるものはやり取りできないので注意してください!!ボリュームの制限もあります,2TB。

・exFAT:Windowsとやり取りするのに一番向いているフォーマット形式。ファイルやボリュームに容量制限がないです。ただし、Time Machineでの使用ができないことと、シーケンシャルの読み書きが遅くなっています。速度を求めるならここは致命的です。

4.パーテンションの形式を選ぶ

・GUIDパーテンションマップ
基本的にMacのみの使用を想定した形式。Windowsでも読み取れるが、読み取りの不具合もあるので注意してください。

・マスター・ブート・レコード
Windowsでの使用も可能

・Apple パーティションマップ
PowerPC時代のMac用パーテンション。

私はSSDのデータを他人と共有することないんですよね。なのでWindowsとの互換部分は考えずにすすめてみました。

自分自身Macしか使わない人は、フォーマット・APFS,パーテンション・GUIDで問題ありません
というか、むしろこれはMacには安定の組み合わせです。

M.2_SSD計測結果

実際に繋いで速度を計測してみます。
今回のM2.は読み取り最大2,400MB/sですが,ケースが最大10Gbpsなので1,000MB/s近くが計測されれば予定通りです。

結果は

964MB/sまあまあですね。十分高速です。普通パッケージで売られてるSATAの外付けSSDの2倍近くは速いです。
さらに速くしたければThunderbolt3対応のケース&ケーブルにすれば,あと倍は速くなりますが、対応のケースはそれなりの値段がします。
ケースを買いなおしたら,またレビューしますね。(購入済みです下記リンクからどうぞ1)


Thunderbolt3対応 Wavlink NVMe 外付けSSDケースのもレビュー済!こちらからどうぞ!

UGREENのNVMeケースとWDのSSDの

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる