クイックリリースプレート装着しっぱなしでカメラが傾くのを防ぐにはPOCKET三脚がベスト

当ページのリンクには広告が含まれています。
クイックリリースプレート装着しっぱなしでカメラが傾くのを防ぐにはPOCKET三脚がベスト

カメラの三脚固定に、Ulanziのクイックリリースプレート、FALCAM F38がメチャクチャ便利でつけっぱなしにしていることが多いのですが、問題がひとつ。

ベースプレートをカメラに取り付けたままだと、どうしても傾いたまま運用しなければなりません。

転倒することはないのですが、常に傾いているのは精神的にかなり不安です。

なんとか解消できないかと、Xで不満をポストしたところ、教えてもらったアイテムがあります。

それが、Manfrotto(マンフロット)のPOCKET三脚L “MP3-BK”。

FALCAM F38のクイックシューと組合せて使うのですが、これがなかなかのナイスアイディア。

早速紹介していきます。

created by Rinker
マンフロット(Manfrotto)
¥3,555 (2024/07/19 07:48:09時点 Amazon調べ-詳細)
クリックで項目にジャンプ

製品詳細

Manfrotto POCKET三脚L MP3-BK

ブランド‎マンフロット(Manfrotto)
製品型番‎MP3-BK
付属機能、特徴‎段数:1段
カラー‎ブラック
対応機種‎カメラ
サイズ‎L
全高(EVあり)‎4 cm
最低高‎1 cm
耐荷重‎1.5kg

外観

手のひらサイズのコンパクトなミニ三脚。

3本の足が折りたたまれている状態。

POCKET三脚シリーズにはSサイズもありますが、コンデジくらいしか載せられないので、一眼やミラーレスに使うなら、このLサイズ一択。

フロントは2本足の方。ですが、どちらでも大丈夫。

足を広げた状態。

3本の足はネジ締めできないので、カメラの重量によっては潰れてしまいます。

耐荷重1.5kg。

足を好きな角度に立たせて使用します。

重量は実測75.2g。

FALCAM F38との組合せ

今回は、FALCAM F38と組み合わせることで、ワンタッチの着脱を実現します。

FALCAM F38の記事はこちら。

FALCAM F38のベースプレートをManfrotto MP3-BKに載せるだけ。

あとは下から締め上げれば準備完了。

これで、クイックリリースプレート付きのカメラをワンタッチで着脱できます。

SONY α6700を載せてみる

ばっちり、ワンタッチで装着。

これでカメラを傾いたまま運用することはなくなったし、見た目も悪くない。

毎日使うので、このまま収納することにします。

三脚は折りたたんだ状態でも運用可能。

ManfrottoのPOCKET三脚を装着状態なら屋外でのカメラ置き場にも困らない。

FALCAM F38のベースプレートを、手持ちの三脚にも装着しておけば、ワンタッチで付け替えるだけ。

かなり便利になります。

カメラが傾かない

常にManfrotto MP3-BKを装着しておけば、これでカメラが傾いて気になることもありません。

デメリットは、総重量がどうしても重くなってしまうこと。

それでも、屋外での運用、取り付けたままの楽ちんカメラ収納を考えれば、メリットしかありません。

この記事を読んで、Manfrotto POCKET三脚L MP3-BKが気になった方は、製品ページをチェックしてみてください。

私のような運用が目的ならUlanzi FALCAM F38もお忘れなく。

created by Rinker
マンフロット(Manfrotto)
¥3,555 (2024/07/19 08:00:58時点 Amazon調べ-詳細)

Ulanzi FALCAM F38はこちら。

created by Rinker
Ulanzi
¥6,600 (2024/07/19 11:51:17時点 Amazon調べ-詳細)
クイックリリースプレート装着しっぱなしでカメラが傾くのを防ぐにはPOCKET三脚がベスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ