【レビュー】ULANZI FALCAM F38で三脚もストラップも付け替えが思いのまま!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【レビュー】ULANZI FALCAM F38で三脚もストラップも付け替えが思いのまま!

カメラを持ち出すときの面倒事といえば、ストラップや三脚への取り付け。

長いストラップに取り付けたまま、三脚に取り付けるのは、邪魔になって仕方ありません。

そんなとき、Ulanzi FALCAM F38クイックリリースシステムがあれば、着脱がワンタッチ。

ストラップから三脚への「付け替え」、もちろんその逆も劇的にカンタンになります。

今回、ストラップ用のFALCAM F38 V2と三脚・雲台に使う多穴リリースプレートを併せて紹介していきます。

クリックで項目にジャンプ

ULANZI FALCAM F38 V2

FALCAM F38 V2はストラップ用のクイックリリースプレート。

今回はカメラに取り付けるベースプレートもセット購入

ネジのゆるみ防止リングも付属。

カメラに取り付けるベースプレートを滑らせるだけでカチッとロックしてくれます。

着脱は、両側のボタンを押しながら操作。

Sony α6700に装着

カメラには、ベースプレートをあらかじめ装着。

シューもプレートもアルカスイス互換なので、多くの三脚システムに追加導入できるのも良いところ。

アルカスイス互換とは?

アルカスイス互換とは、カメラやビデオ機材のマウントシステムにおいて、特定の規格に準じたクイックリリースプレートとクランプの互換性を指します。

アルカスイス(Arca-Swiss)社が開発したシステム。プレートとクランプは両者が適切に噛み合うことで機材の安定性と安全性を確保。

多くのメーカーがこの規格を採用しており、プレートやクランプの選択肢が広がり、異なるブランド間でも互換性が保たれます。

これにより、最適な機材を組み合わせることができ、撮影の柔軟性と効率性が向上します。

ネジのゆるみが心配な方は、付属のゆるみ防止リングを使いましょう。

ちなみにボクは使ってません。カメラはα6700。

ストラップに取り付ける準備。

ストラップはUlanziのMaglinkストラップを使っています。

これでワンタッチストラップの完成。

UlanziのMaglinkストラップも便利なんですが、着脱にはどうしても両側を外すために2ステップ必要。

FALCAM F38 V2ならワンステップ。

強度も十分。最大20kg/44.1lbの重量に耐えられます。

こちらは、三脚用のFALCAM F38クイックリリースプレート。

手持ちの三脚に取り付ければ、カメラの着脱は自由自在。

created by Rinker
Ulanzi
¥6,600 (2024/06/22 11:15:03時点 Amazon調べ-詳細)

 中央のネジ穴を使ってもいいし、アルカスイス互換なら、挟み込むだけでセット完了。

両側を押さえながらベースプレートを滑らせるだけ。

数秒で、ストラップの取り外し、三脚への装着が完了。

ただでさえ、ゴチャゴチャしてしまうカメラ機材ですが、FALCAM F38ならアクセも装着もシンプル。

ULANZI FALCAM F38なしでは考えられない!

FALCAM F38クイックリリースシステムは、本当に画期的。

三脚もストラップもこのシステムなしには考えられないくらい便利です。

ベースプレートを共有することで三脚もストラップもワンタッチ
アルカスイス互換で機材資産を活かせる
耐荷重20kgで、重めのカメラ+レンズでもOK

特に不満はありませんが、、プレートを差し込むのに多少の慣れが必要。

今回紹介したFALCAM F38が気になった方は、製品ページをチェックしてみてください。

三脚用はこちら。

created by Rinker
Ulanzi
¥6,600 (2024/06/22 11:15:03時点 Amazon調べ-詳細)
【レビュー】ULANZI FALCAM F38で三脚もストラップも付け替えが思いのまま!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ