PITAKAの軽量・薄型MagEZ Case3ケースで重いiPhone 14 Pro Maxの保護もおまかせ!

当ページのリンクには広告が含まれています。
PITAKAの軽量・薄型MagEZ Case3ケースで重いiPhone 14 Pro Maxの保護もおまかせ!

iPhone 14 Pro Max、とてもいいスマホなんですがとにかく重いし大きい。

軽量、薄型でそれでいてMagSafe対応で保護性能の高いiPhoneケースがほしい!

そんなみなさんにおすすめしたいのがPITAKAのMagEZ Case3ケース

高強度のアラミド繊維を使い、薄くても高い防御性能を有したMagSafe対応スマホケースです。

今回はPITAKA MagEZ Case3ケースの中から、新デザイン2モデルをレビューしていきます。

※本記事は、一部プロモーションを含みます。

アラミド繊維って何?

アラミドは、高い耐熱性と耐摩耗性などを持つ高機能繊維のひとつ。

消防士用の防火衣、警察の防弾ベストなどにも採用されていて、その強度は折り紙付き。

衣料素材としては、染色しづらい、高価という欠点はありますが、軽量で丈夫という特性はデメリットを補って余りある素材の魅力。

目次

PITAKA MagEZ Case3ケース 製品詳細

今回紹介するのは、新デザイン2種類。

1500D ムーブメントと600D ラプソディ。

斜めのカラーラインが入っている方が『1500D ムーブメント』、1本のカラーラインが入っている方が『600D ラプソディ』

同じMagEZ Case3シリーズで性能に違いはありませんが、1500D(デニール)と600Dではアラミド繊維の太さが違います。(600Dが細い)

重量と厚みもほんの少し違います。

ブラック一色では味気ない、そう思ってる方には刺さるデザイン。

もちろん、黒系でまとまった製品もあります。

手に持ったファーストインプレッションは、「軽い!」

これまで触ったどのケースよりも軽くてそして硬く頑丈。

これだけ薄くて軽量なのにMagSafe対応のマグネットリングが内蔵されているのも驚き。

そのマグネットリングはしっかり埋め込まれていて、上からシールを貼り付けただけのチープなケースとは高級感が違います。

カメラバンパーの部分はなんと金属製。

見た目ではわかりませんが、防御へのこだわりが凄い。

計測してみる

Apple純正レザーケースの重さ

まず紹介しておきたいのがApple純正レザーケース。

以外にも、多くのサードパーティ製のケースよりも純正ケースは軽量設計なんです。

純正より軽いということは、かなりの軽量ボディといえます。

PITAKA MagEZ Case3ケースの重さ

600Dが20g、1500Dが23g。

iPhoneの重さをストレスに感じている人には間違いなくおすすめしたい軽さ。

iPhone 14 Pro Maxに装着した重さ

ボクのiPhone14 Pro Maxは極薄ガラスフィルム込みで247g。

本音をいえば1gだって増やしたくないけど、ケースは必須。

PITAKAの MagEZ Case3ケースならiPhone14 Pro Maxに装着して+20gの総重量267g。

圧倒的”軽さ”です。

PITAKA MagEZ Case3ケースの厚み

どれくらい薄いのかを計測するには、装着してみるのが一番。

79.47 – 77.70 = 1.77mmの厚さ。

つまりケース側面の厚みは1mmもないことになります。スゴすぎ。

※個人による計測値なので参考程度にしてください。

600D ラプソディはさらに薄く、79.00mm。

装着感

かなり薄いということは触っただけで実感できます。

iPhoneを裸で持っている感覚に近いですが、ケース側面はゆるいカーブがついて(面取りして)いるので、真四角な裸よりも持ちやすい。

ただあまりに薄いので「大丈夫?」という感じは拭い去れない。

丈夫なのはわかってますが、慣れが必要かも。

MagSafe対応の実力

PITAKA MagEZ Case3ケースはMagSafe対応ということで、磁力の強さもテスト。

検証に使ったのは、Apple純正MagSafe充電器。

キレイに吸い付くし、充電も問題なし。

持ち上げても簡単には剥がれない

磁力の強さは、裸でくっつけるよりも少し強いかなというくらいの感覚。

純正ケースよりも若干強め。

マグネットが強化されるわけではないですが、PITAKA MagEZ Case3ケースを付けても伝達される磁力は衰えないというのが正しいかな。

PITAKA MagEZ Case3ケースの弱点

ここまでべた褒めのPITAKA MagEZ Case3ケースですが、ユーザーとしては弱点も知りたいと思います。

1つ目はスピーカー周りやボタン周辺がむき出しになること。

これは、PITAKA MagEZ Case 3ケースは軽量化に全フリしている商品なので、買うなら割り切りが必要。

気になる人は、側面をすべてカバーしているPITAKA MagEZ Case 3 Proがおすすめ。

2つ目は丈夫だけど落下には弱い点。

衝撃吸収用のダンパー素材などは採用していないので、とにかく道路にiPhoneを落としまくる、という人は控えた方がいいです。

多くの方は、めったに落とすことはないと思いますが、念の為。

この2つのウィークポイントを聞いても、自分の中で、『軽量・極薄・丈夫』というメリットが上回るなら、購入しても後悔はないでしょう。

3つ目、あえて上げれば価格ですが、「とにかく安くて良いものが欲しい」という方もいるし「ある程度、高価な方が所有欲を満たしてくれる」という方もいるので、弱点かどうかはその人次第といったところ。

高いとはいえApple純正レザーケースよりは安いですから。

PITAKA MagEZ Case 3は完成度が高いiPhone用ケース

メリット
デメリット
  • 超軽量
  • 裸感覚に近い極薄ボディ
  • 防弾チョッキにも採用される丈夫なアラミド繊維使用
  • 軽量なのにMagSafe対応
  • 落下衝撃には弱い
  • ボタン、ポート周辺がむき出し

今回はiPhone14 Pro Max用 PITAKA MagEZ Case 3 ケースの新デザイン2機種を紹介しました。

独創的なデザインとアラミド繊維を使った質感の高さは、一度手に取ると癖になりそう。

『軽量・極薄・丈夫』なケースに興味がある方は、チェックしてみてください。

PITAKAの軽量・薄型MagEZ Case3ケースで重いiPhone 14 Pro Maxの保護もおまかせ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次