【レビュー】Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1は全部入りで低発熱

当ページのリンクには広告が含まれています。
【レビュー】Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1は全部入りで低発熱

MacにもiPadにも使えるUSBハブが欲しいんだけど、とにかく全部入りがイイ!

そんな方におすすめしたいのが『Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1』

何といっても特徴的なのは、映像端子に、HDMIとVGAポート (1080p 60Hz対応)を備えていること。

出張先でプレゼンテーションをする場合、必ずしもHDMI端子のプロジェクターやWiFiがあるとは限りません。

『Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1』ならVGAポートや有線LANポートも装備していて、どんな状況でもあわてず対応することができます。

  • 全部入りUSBハブ
  • USB-C PD充電100W対応
  • HDMI 4K@60Hz +VGA 1080p@60Hz対応
  • 多ポートなのにミニマルなデザイン
  • 着脱式ケーブルの長さを自由に選べる
  • 驚くほど低発熱

早速レビューしていきます。

created by Rinker
Satechi
¥15,600 (2024/06/22 13:07:38時点 Amazon調べ-詳細)
クリックで項目にジャンプ

製品詳細

内包物

  • Satechi On-The-Go USB-Cハブ本体
  • USB-Cケーブル 10cm(格納式)
  • USB-Cケーブル 1m
  • 取扱説明書

製品スペック

ポート・USB-C PD充電ポート (最大100W)
・HDMI ポート (4K@60Hz対応)
・VGA ポート (最大1080p@60Hz)
・ギガビットイーサネットポート
・USB-A 5Gbp データポート x 2
・USB-C 5Gbp データポート
・microSD/SDカードリーダー
デザイン・アルミニウム製
・ポータブルデザイン
・着脱式USB-Cケーブル10cm
・着脱式USB-Cケーブル100cm
互換性・Mac、iPadOS、ほかUSB-CポートのPC
サイズと重量・長さ: 約12cm
・幅: 約6cm
・高さ: 約1.7cm
重さ約127g
その他・USB-C PD パススルー充電 (100W)
・HDMI:最大解像度: 4K (2160p)
・VGA:Full HD (1080p)
・USB-A&C最大データ速度: 5Gbp
・micro/SDカード:UHS-I,104MB/s
保証・1年間

外観

今回購入したカラーはスペースグレイ、他にブラックあり。

短い10cmのケーブルは本体に格納されています。

Macのカラー、素材との相性は抜群、さすがサテチ/Satechi。

格納式のUSB-Cケーブルは、別々に持ち運ばなくていいので、携帯性に優れています。

背面には製品仕様が印字。

表側には、USB-Aデータポート、microSD/SDカードスロット。

背面側には、100Wのパススルー充電が可能なUSB-Cポート、データ専用USB-CポートとHDMIポート。

データ専用のUSB-C、USB-Aポートは充電には非対応。

外側には、VGA映像ポートとギガビットイーサネット/有線LANポート。

内側には、Macなどホストデバイスとの接続に使うUSB-Cポート。

上段は、引き出し式のUSB-Cケーブル10cmが収納されています。

重さ

重さは実測で123g。9ポートを備え、ケーブル込みと考えると意外と軽い。

ちょっと大きめのサイズ感

一緒に並んでいるのはAnker 332 USB-C ハブ (5-in-1)で、一番右は一体型のAnker 547 USB-C ハブ (7-in-2, for MacBook)。

Satechi On-The-Go USB-Cハブは9ポートもあることと、接続用USB-Cケーブルが格納されているためということもありますが、ちょっと大きめ。

手でつかむと、大きさを感じます。

MacBook Airに接続

MacBook Air 15インチに接続してみました。

純正かと思うようなデザインとクオリティはさすがSatechi。

10cmの接続ケーブルは硬めですが、デスクスペースによっては折り曲げて使うことも可能。

PCスタンドを使う時は長めの接続ケーブル(1m)にすれば取り回しが楽。

100Wパススルー充電だけど

『Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1』は100Wのパススルー充電に対応していますが、ハブ本体に15Wの駆動電力が必要なため、パソコンへ実際供給される電力は、85W。

85W供給されるのであれば、電力が必要となる動画編集やマルチタスク時でも特に問題ないですが、純正が140W充電アダプタを使用する M3 MaxのMacBook Pro 16インチユーザーなどは注意が必要です。

4K@60Hzでの映像出力

実際に4K60Hzの出力が可能なのか、4Kモニターに接続してみました。

システムレポートで確認すると、確かに3840×2160の4K60Hzで出力されています。

動作、画質も問題なく、非常にキレイ。

使用したモニターはLG 27UP850N-W。

データ転送速度

どんなに多機能でも、データ転送が遅くては仕事になりません。

ボクはカメラのSDカード、保存用の外付けSSDを使うので、実際に試してみました。

  • トランセンド ポータブルSSD 転送速度1050MB/s
  • キングストン SDXCカード UHS-II 最大300MB/s

使用デバイスはどちらも超高速なので、ポートに対してオーバースペックですが、最大値を引き出すには最適。

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥5,980 (2024/06/22 21:18:35時点 Amazon調べ-詳細)

SDカードスロットは、最大104MB/sがカタログ値。ほぼ最大値まで引き出せてます。

USB-AとUSB-Cポートは、カタログ値で最大500MB/sの転送速度。

実際は、読込み414.17MB/s、書込み420.81MB/sとなって、ほぼ最大値付近まで、引き出せているといえます。

これだけの速度が出せれば、問題なし。

マウスなどの無線ドングルやプリンター接続には十分なスペックです。

とはいえ、もっと高速でデータ転送を行いたい方もいるはず、そういう時はMacBookのもうひとつのUSB-C( USB4 )ポートに直接SSDを挿せばOK。

発熱が少ない!

USBハブといえば、発熱を気にする方も多いのではないでしょうか。

この『Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1』の熱対策はめちゃくちゃ優秀

USBハブ発熱の大きな原因のひとつが映像端子。

HDMIポートに接続すれば、冷却システムを持たないUSBハブが発熱するのは、ほぼ確実。

ところが、『Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1』は発熱が異常に低いです。

1時間4K60Hz出力で使用しましたが、室温18.0℃で33.7℃までしか上昇しませんでした。

結構優秀なUSBハブでも40℃を超えてきますが、これは凄い結果です。

まとめ

Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1
総合評価
( 4 )
メリット
  • 全部入りUSBハブ
  • HDMI 4K@60Hz +VGA 1080p@60Hz対応
  • 多ポートなのにミニマルなデザイン
  • 接続用USBケーブルが10cmと1mの2本付属
  • 驚くほど低発熱で長時間安定して使える
  • Apple製品と相性抜群
  • ケーブル格納式で携帯性に優れる
デメリット
  • 一般的なUSBハブよりも少し大きめ
  • 多ポートな分、各ポートの性能は一般的

USBハブは低価格のものも多数販売されていますが、クオリティの高さと性能で選べばSatechi製品はまず間違いない選択といえます。

1年間の製品保証も嬉しいポイント。

Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1は、どんな環境でも対応できることを重視するビジネスユーザーから学生まで広くおすすめできます。

VGAポートの付いた優秀なUSBハブはあまりないので、探している方は製品ページをチェックしてみてください。

created by Rinker
Satechi
¥15,600 (2024/06/22 13:07:38時点 Amazon調べ-詳細)

MacBookにおすすめの映像特化型や転送速度重視のUSBハブをまとめた記事もあります。

【レビュー】Satechi On-The-Go USB-Cハブ 9-in-1は全部入りで低発熱

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ