イヤホンとヘッドホン モノレビュー

定番モニターヘッドホン『SONY MDR-7506』は普段使いにもおすすめ!

モニターヘッドホンを新調したのでレビューしたいと思います。

といっても,何年も同じものを使い続けてこれが3台目となるSONY MDR-7506です。

演奏や編集のとき,全体的にバランスの取れた音楽を制作するためにモニターヘッドホンは必要不可欠な存在です。

鑑賞用のヘッドホンとの違いは,ひとことで言うなら音の再現性です。

モニターヘッドホンをしていると音のばらつき,ちょっとミスタッチしたときの弦の擦れ音,なんでもそのままの音の強さで聞こえてきます。

というか聞こえてこないと困るのです。プロフェッショナルな現場では最高の音源を作らなくてはいけません。

低音域が強調されていたり,高音域が丸かったり尖っていたり,そんな感じでヘッドホン側で補正されると,演者は自分やメンバーの楽器の音量やトーンを正確に把握できません。

私でじまろ(@digimaro)もレコーディングしたことありますが、モニターヘッドホンを装着すると一気にプロフェッショナルモード全開です。

しかし、このSONY MDR-7506の良いところは鑑賞用としてもいけます。

上位モデルのMDR-CD900STも定番モニターヘッドホンなのですが、個人的にMDR-7506のほうが好きです。

2つを比べてみると、MDR-7506のほうがちょっとだけ音に温かみがあるので、映画を観たり、曲を聴いたりするのも違和感はありません。

外見的な違いだと、こちらはカップに青い帯でProfessionalと書かれてますが、MDR-CD900STは赤帯でDIGITALと書かれてます。

さらにレビューするMDR-7506はコードがカールコードになっています。

モニターヘッドホン『SONY MDR-7506』製品詳細

有線/無線有線
ブランドソニー(SONY)
メーカーソニー
メーカー型番MDR-7506
梱包サイズ26 x 19.2 x 9.3 cm
商品重量640グラム

専用ポーチが付属しているのはありがたいです。

6.3mm オス 1/4インチ から3.5mm 1/8インチ に変化する先端アダプタも付属。



特に飾り気のない無骨な外観がガジェットオタクの心をくすぐります。

右耳側には赤でRと書かれています



左耳の方は青のボタンでLと書かれていて視認性もOK

変換アダプタは、ねじ式になっていて、接続部分の緩みで生じる信号損失やノイズの発生を抑えることができます。



パッドのスポンジは鑑賞用ヘッドホンのフワフワな感じに比べると、硬めですね。

指で抑えても簡単には沈みません。

使う頻度にもよりますが、毎日使っているとパッドはだいたい1年経たないうちに破けてきます。

交換パッドは安いので、気にしないでガンガン使っていきましょう。



STUDIO MONITORの文字が大きいですね。

ヘッドバンド部分の内側にパッドはありますが,フカフカのクッション的なものはなく、ザ・業務用といった感じ。

このカールコード使い勝手はいいですが、重さがあるので、演奏のときはちょっと邪魔に思うこともあります。



折りたたむと、かなりコンパクトになるので、付属のポーチに入れてお出かけさせることもできます。

ヘッドバンドは付け根部分を伸ばすことができます。

無段階ではなく、カチッカチッっとしっかりとめるタイプです。


SONY MDR-7506の使い方

iPhoneで使うこともできますが、Lightningからの変換アダプタが必須です。

このアダプタ、数年前は、iPhoneにも同梱されていましたが、今は入ってないですね。

今後は有線を使いたいなら別途、自分で購入しなければいけません。


ZOOMのiPhone用マイクiQ7を使った簡易録音キット。

レコーディング前に自分の演奏をサクッと確かめるときにとても便利。



もちろんですが、MacBookでDTMされる方にはうってつけのヘッドホンです。


SONY MDR-7506とAV機器との相性はいうまでもありません。


SONY MDR-7506はどんな人向け?



MDR-7506はモニターヘッドホンとしては申し分ない性能を持っていますし、、映画や音楽鑑賞にも十分使えるモデルです。

これからDTMを始める方、バンドを始める方、そして動画編集の多い方などには、とてもおすすめできるモニターヘッドホンです。

まだモニターヘッドホンを聴いたことのない方は、楽器店や量販店にてMDR-CD900ST、そして鑑賞用のヘッドホンと聴き比べるのも面白いかも。

音響機材はサウンドハウスでの購入が安くておすすめ。


こちらも有名なモニターヘッドホンSONY MDR-CD900ST




イヤーパッドの交換品はこちらです

いくつか種類が選べます。

Amazonで買い物するなら現金チャージ

※Amazon Master クレジットカードを使わないなら現金チャージが断然お得! チャージのたびにポイントが貯まります。

Amazonチャージを使ってみる


以上「定番モニターヘッドホン『SONY MDR-7506』は普段使いにもおすすめ。」でした。



-イヤホンとヘッドホン, モノレビュー

© 2020 デジまろブログ