AirPods Pro用イヤーチップ SpinFitのサイズとフィット感をレビュー

こんにちは,AirPods Pro大好き管理人のでじまろ(@digimalog)です。

毎日のように使っているAirPods Proですが,イヤーチップのサイズがいまいち定まらず,いつもMとLを交互に使ったりしてます。

LサイズがMよりも耳にフィットしていて鳴りもいいのですが,少々大きすぎるのか長時間装着していると痛くなってしまいます。

そこでMとLの中間サイズのイヤーチップはないのかと探してみたら,あるじゃないですかSpinFitのMLサイズ

しかも純正のイヤーチップよりフィット感が増して遮音性が上がるとのこと。

つまり音も良くなるかも?ということでSpinFitのCP1025を購入しましたのでレビューしていきます。

目次

SpinFit CP1025&Adapter 製品詳細

  • メーカー:REXTEC INTERNATIONAL LIMITED
  • 製品名:CP1025 & Adapter
  • サイズ:L,LM,M,S/SS

今回購入したのは,MLサイズ。付属のアダプターはAirPods Pro取付用。

内容物は,イヤーチップ2セットとAirPods Pro用アダプター1セット。

純正イヤーチップとの比較

左からL,ML(SpinFit),M,S

白はAirPods Pro純正のイヤーチップ。

今回購入のMLサイズを購入しましたが,こうやって並べると純正Mサイズと大差ないため,Lサイズを購入すべきだったかも。

画像では違いはわからないですが,SpinFitの方がかなり柔らかく,少しだけ薄めのシリコン素材です。

AirPods Proへの装着方法

まずは,アダプターを装着。楕円形なので形を合わせればすんなり取り付けできます。

かっちりと装着できたことを,確認してください。

しっかり押し込まないと,浮き上がってくるので注意

アダプターを取り付けたら,その上にイヤーチップをはめ込みます。

これが結構手間取りました。

無理やり引っ張って,はめ込みました。

なお,このSpinFit CP1025の先端のイヤーチップは汎用型のイヤホンにも装着できます

装着完了。

内側のミネラルグリーンがアクセントになりカスタマイズ感あります。

多くの人が使っているAirPods Proですが,イヤーチップ交換するだけでも差別化ができていいですね。

取り外したいときは,アダプターごと引き離します。

ケースへの収まりも問題ありません。

装着感と音質

純正のイヤーチップはサラサラしたシリコン素材ですが,SpinFit CP1025のシリコンは柔らかく,表面の肌触りもぺっとり,という感じなので耳の奥で吸着してくれます。

つまり密閉度が高くなるため,そのことが音質向上にも貢献しています。

前提条件として耳の大きさに合っていることが条件ですが,全域でクリアになります。

SpinFitはおすすめのイヤーチップか?

正直SpinFitを万人におすすめできるかというと,答えは「おすすめな人もいるし,おすすめできない人もいる」です。

密閉度があがり,サウンドがクリアになるというのは間違いありませんが,同時にAirPods Proの良さを消してしまうことにもなります。

AirPods Proはたしかに密閉型イヤホンなのですが,その良さは,密閉型らしからぬ軽いつけ心地が売りの製品だと思ってます。

事実,私もカナル型の耳の中が圧迫されて,歩行中,頭にドンドン響くアレが苦手なんですが,ノーマルのAirPods Proは,かなり軽減されて快適に使えています。

ということで,SpinFitのイヤーチップは,もっと密閉度を上げて音質向上をはかりたい人向けです。

逆に,今のAirPods Proのつけ心地が気に入っているなら,あえて購入する必要はないでしょう。

サードパーティ製のイヤーチップ試してみたい方や,単純にデザインを変えたい方であれば,そこまで高額商品ではないので試してみるのもアリです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる