iPhone15で自撮りするならUlanzi MT-08とMagSafeマウント

当ページのリンクには広告が含まれています。
iPhone15で自撮りするならUlanzi MT-08とMagSafeマウント

今回紹介するのは、iPhone15を買ったら購入しておきたい三脚とMagSafeアダプタ。

特にiPhone15 Proや5倍ズームのiPhone15 ProMaxのカメラ性能は非常に高く、有効活用しないわけにはいきません。

自撮りはもちろん、三脚で固定して友人と写真を取ったり、リモート会議などのwebカメラとして使うことができます。

さらにMagSafeを使った専用マウントがあれば、着脱もめちゃくちゃ簡単です。

私が購入したのは、ミニミニ三脚Ulanzi MT-08とNeewerのMagSafeマウント。

Ulanzi MT-08は軽量コンパクトで伸縮機能もあるので、自撮り棒としても使える優秀な三脚。

早速レビューしていきます。

ただいまNeewerのマウントは売り切れ中。

マウントは最近購入したJJCが磁力も強くておすすめ。

目次

Ulanzi MT-08とNeewerマウント

Ulanzi MT-08のスペック表

材質CNC加工アルミニウム合金、ゴム素材グリップ
最大伸長約28cm
収納時長さ約13cm
重量約91g
最大負荷重量約1.2kg
可動範囲(ボールヘッド)360度パン、90度チルト
マウント方式1/4インチねじ山

NeewerマウントPA010スペック表

ブランドNeewer
モデルPA010
重量40g
サイズ59x59x7mm
最大磁気耐荷重600g

外観

Ulanzi MT-08は軽量コンパクトで申し分ないのだけど、唯一残念なのは脚部分が樹脂なのでちょっとチープ感があります。

これは軽量化の代償なんですが、2000円で買えると思えば悪くない。

雲台部分はアルミ合金が使われていて、しっかりとした作りなので安心感あります。

最小15cmの状態から最大27cmまで3段階で調整可能。

伸縮する高さは15cm→19cm→23cm→27cm。

1/4インチねじ山なので、一般的な三脚になら問題なく装着可能

メタリックな輝きがカッコいい。

Ulanzi製のマウントもあるんですが売り切れていたので、こちらを購入。

価格も安い。

iPhoneと接着する部分。

シリコーンパットで覆われていて、スマホを傷から守ってくれます。

ただ、側面は金属がむき出しなのでiPhoneはケース付きで運用するのがベスト。

JJCのMagSafeマウントは、ゴムの厚みがあって、金属が干渉しなくていいです。

実測39g、超軽い。

UlanziのMT-08とのセットで131g。

ちなみに有名メーカーManfrottoのミニ三脚は233gで、比較すると100gも軽い!

しかもUlanziの脚は伸縮してくれます。

iPhone15Pro Maxに装着

装着は、マウントをiPhoneに近づけるだけ。

しっかり吸着。

重たいiPhone 15 ProMaxで安定して固定できているので、他のシリーズは問題なく使えます。

三脚を伸ばせるので、集合写真やリモート会議で目線を持ち上げるのにも有効。

動画や写真の自撮り棒としてもグッド。

100gちょっとの三脚を持ち出すだけで便利になるはうれしい。

磁力は強力ですが、もう少し強くてもよかったかな。

振ったりするくらいでは落ちません。

ただし、磁力なので側面に人が当たると外れてしまいます。

気をつけましょう。

まとめ

メリット
デメリット
  • マグネットで簡単に固定できる
  • 三脚MT-08が超軽量
  • 持ち運びが苦にならない
  • 伸ばせるので自撮り棒にもOK
  • 磁力はもう少し強くてもいい

MagSafeがあることで、撮影がこんなに便利になるとは嬉しい限り。

集合写真のとき、iPhoneを固定するのに待たせることもありません。パチっとくっつけるだけ。

iPhone12シリーズ以降なら背面のマグネットが使えるので、気になった方は製品ページをチェックしてみてください。

iPhone15のおすすめアクセサリー特集記事はこちらから。

iPhone15で自撮りするならUlanzi MT-08とMagSafeマウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次