10 in 1の多機能USBハブに高速SSDが合体!『ACASIS』がおすすめ

みなさんは、出先やカフェでパソコン作業するとき、どんなものを持ち出していますか?

スマホはもちろん、モバイルバッテリーにUSB充電器、カードリーダーや外付けSSDやハードディスクなどなど。

外出先でもオフィスや自宅と同じ環境を整えたいと思えばこそ、荷物が増えますよね?

今回ご紹介するのは小型のUSBハブでありながらSDカードスロットなど10種類のポートを備え、おまけにSSDも内蔵できるスグレモノ『ACASIS』の紹介です。

ノートパソコンとこの多機能USBハブ『ACASIS 』さえ持ち出せば、あれこれ忘れて困ったなんてことがなくなるはず。

また,USB-Cポートを備えたiPadにも対応していますので,パソコン無しで,さらに身軽に出かけることも可能です。

それでは詳しくレビューしていきます。

目次

10 in 1多機能USBハブ『ACASIS』製品スペック

製品名 ACASIS
ポート・USB3.0(5Gbps)
・USB3.1Gen2(10Gbps)
・USB-C 3.1(10Gbps)
・3.5mmイヤホン(マイク対応)
・SD カードスロット(104Mbps)
・microSDカードスロット(104Mbps)
・有線LAN(1000,100,10Mbps)
・HDMI(4K/2K@60Hz)
・SSD : NVMe/SATA(最大8TB)
・USB-C(PD充電最大100W)
・PC接続用USB-C( PD充電最大100W )
対応SSD仕様NVMe/SATA 22*30/22*42/22*60/22*80
本体サイズ113×56×19mm
重量145g
カラーシルバーグレー/ブラック
材質アルミニウム合金
主な対応デバイス・MacBookシリーズ
・WindowsノートPC
・Chromeノートブック
・iPad Pro
・Galaxy Note 10
・XPSなど

製品保証1年間付き

『ACASIS』外観

付属品にUSB-Cケーブルと説明書のほか,シリコン製のプロテクターとSSDの冷却用サーマルパッドが付属してます。

プロテクターもサーマルパッドも結構うれしい。

製品カラーはブラックのほか,シルバーもあります。

ボディがアルミニウム合金のため高級感があり,安っぽさはありません。

10 in 1と謳っているとおり,ポート類は充実。

ノートパソコンと接続するには,右側のTYPE-Cポートを使用します。

接続したノートパソコンはACアダプタから左側のPD 100Wポート(急速充電)を経由して電力を得ることができます。

有線ポートは,出張先のホテルでWiFiの電波が弱い時や大きなファイルを送信するとき時など,とてもありがたい存在。

HDMIポートは4K@60Hzに対応しているため,高画質な4Kディスプレイに安心して接続できます。

『▲OPEN』と印字されているところの切り欠きからフタを持ち上げて,内部にSSDをセットします。

背面には,中央に製品情報そして滑り止めが両端にセットしてあるので,まずは保護フィルムを剥がして使用します。

MacBookにもiPadにも使える多機能USBハブ

ハブとして機能しながら,充電器を介してノートパソコンに給電できます。

上の配置を見てわかるとおり,すべての機能を使うのにPC側は1ポートしか使いません

最大100WまでのPD充電に対応しているのでMacBook Pro 16インチも充電可能です。

iPad Pro 12.9インチ 2021年第3世代でも確認済。

端子がThunderboltしかないiPad Proとの組み合わせが,いちばん相性がいいかもしれません。

iPadが一気に拡張性の高いタブレットに変身します。

『ACASIS』にSSD組み込む

脱着にネジ止めなど使わなくていいので気軽に外出先などでも,SSD交換が可能。

LANポートのある左側から,爪をひっかければ簡単に取り外せます。

今回装着用SSDとして購入したのはKLEVVの256GB

装着できるSSDの中では,いちばん大きなサイズ。

読込速度(最大):3,200MB/s,書込み速度(最大):1,300MB/sというこで,最大1,000MB/sを引き出せる『ACASIS』の検証にはもってこい。

SSDにも『ACASIS』内部にも切り欠きがあるので間違うことがありません。

うまく差し込めれば,カチッと音がして左端が持ち上がります。

最後にゴム製のピンを差し込んで装着完了です。

放熱効果をもつ『サーマルパッド』をSSDに載せてフタを閉めれば完成。

早速ノートパソコンに繋いでみます。

MacBookにつなぐとまず最初に,SSD認識不可との通知。

SSDのフォーマットからスタートです。一番下の初期化を選びます。

先程のポップアップから『初期化』してもいいですが,アプリケーション内のディスクユーティリティからフォーマットに進めます。

上段の『消去』をクリックするとフォーマットメニューがでてきます。

フォーマットの種類について,長い話は割愛しますが,MacならAPFS,WindowsならNTFSを選ぶといいです。

両方使うまたは他OSとのやり取りがある方はexFATを選んでフォーマットしましょう。


SSDの速度を計測した結果がこちらです。

1,000MB/sは出ませんでしたが,読み581MB/s,書き608MB/s,これだけあれば十分高速。

SSDを組み込んだ重さは165g。

本体+SSDにシリコンのプロテクターを使用すると190gです。

装着すると少し重くなりますが,耐衝撃性能は強化されるので,取り扱いに安心感が生まれます。

左はUSBハブと外付けSSD(HDD)を持ち出す場合

10 in 1という多彩なポートがあるだけでも十分恩恵がありますが,USBハブにSSDが搭載されることで持ち物が少なくなります。

これはうれしい限り。

10 in 1多機能USBハブ『ACASIS』まとめ

良い点
イマイチな点
  • 外付けSSDと10 in 1 USBハブがひとつに
  • 本体内蔵SSDを最大1000MB/sで読み書きが可
  • 別々にUSBハブ外付けSSDを買い揃える必要がなく、コスパがいい
  • イヤホンジャックのないiPadなどに3.5mmジャックがうれしい
  • SD,microSDカードを真上から挿せることで,片手で取り扱えるのは地味に便利
  • SDカードスロットはUHS-Iのみ対応で、より高速なUHS-IIには非対応
  • SSDを別途購入する必要があり、フォーマット作業などビギナーには敷居が高い(実は難しくありません)

『ACASIS』10 in 1 多機能USBハブはこんな方におすすめ

・とにかくいろんなポートを持ち歩きたいという方
・外付けSSDやUSBハブを別々に持ち歩いている方
・iPad Proをパソコン代わりにフル活用している方

個人的に刺さったのは,やはり高速SSDとひとつになっていることと,iPad Proを活用するにはもってこいの製品だということです。

この10 in 1多機能USBハブ『ACASIS』が気なった方は早めにチェックしましょう。

今ならMakuakeで最大21%OFFで応援購入可能です。

10 in 1の多機能USBハブに高速SSDが合体!『ACASIS』がおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる