Amazonブラックフライデーは11/26(金)-12/2(木) まずはエントリー!

ACEFASTのワイヤレスイヤホンT2は音質よし,ノイキャン付きで低価格

完全ワイヤレスイヤホンは,旅行から電車通勤まで,どこでも気軽に音楽が楽しめるとても便利なガジェットです。

でも性能がいいからと言って数万円のものは,とても手を出す気にはなれない。

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回紹介するACEFASTのワイヤレスイヤホンT2は,5,000円前後の価格帯でありながらANCアクティブノイズキャンセリング機能をはじめ外部音取り込み機能まで搭載した全部入り完全ワイヤレスイヤホンです。

音質もクリアでこの価格帯なら十分納得,2台目のサブ機としても,おすすめの一台です。

※この記事はメーカーより提供いただいた製品のレビューとなります。

◆ 11/02までブラックフライデーセールにて31%OFF!

目次

ACEFAST ワイヤレスイヤホン T2製品スペック

メーカー‎ACEFAST
型式‎ワイヤレスイヤホン
対応コーデックAAC, SBC
搭載ドライバー12mm径ダイナミックドライバー
電池持続時間ノーマルモード:約7時間(イヤホン)、約35時間(ケース充電込み)
ANCモード:約4時間(イヤホン)、約20時間(ケース充電込み)
充電時間・約 1.5時間(イヤホン)
・約2時間(充電ケース)
マイク6マイク
充電ポート‎USB-C
防水性能IPX4
発売年‎2021
接続方式Bluetooth 5.2
対応機種‎Xiaomi, Iphone, Samsung, Huawei, Android
付属品‎取扱説明書, 充電ケース, イヤホン, 充電用USBケーブル, イヤーピース
製品サイズ‎6.1 x 4.5 x 3.1 cm
商品重量‎45g

内包物は,ワイヤレスイヤホンT2本体,充電ケーブル,交換用イヤーピース,説明書。

付属のイヤーピースはSサイズとLサイズで,Mサイズは装着済。

説明書は,多言語仕様で,もちろん日本語もあります。

付属の充電ケーブルはUSB-C to A。

この価格帯でUSB-Cなのはありがたいです。

本体はつや消しブラックで,落ち着いた印象。

安っぽい感じはありません。

トップに『ACEFAST』の刻印。

底面に規格などが印字。

裏面には充電ポートUSB-C。

正面には,LEDインジゲーター。

グリーン,オレンジ,赤の3色の変化で,充電状況を確認できますが,かなりざっくりなので,もう少し細かく知りたいところ。

イヤホンは単体で5gと,軽量な部類です。

ちなみにAirPods Proも5g。

ケース込みの重量は45g。

軽量なのはもちろん,かなり小ぶりなので,ジーンズのポケットなのにも簡単に入れられます

AirPods Proとのサイズ比較。

AirPods Proもかなり小型なので,その小ささがわかります。

厚みはACEFASTのほうが1.5倍ほどあります。

イヤホンの形状は,AirPods Proにそっくり。

装着感もかなり近いです。

丸い形の密閉カナル型が苦手な方は,このタイプが装着しやすくておすすめです。

ACEFAST ワイヤレスイヤホン T2の使い方

ケースを開けると,前面のLEDインジゲーターが点灯。

バッテリー残量を教えてくれます。

赤色:20%~50%
オレンジ:50%~80%
グリーン:80%以上

ペアリングはケース中央のボタンを長押しします。

特に問題もなく,スムーズに接続完了。

イヤホンの下部をタップすることで,各種操作が可能になります。

タッチは良好で触れるだけで反応してくれますが,反応が良すぎて着脱時に誤動作させてしまうことも。

  • 再生/停止:1クリック
  • 受信/終了:ダブルクリック
  • 前曲へ:左をダブルクリック
  • 次曲へ:右をダブルクリック
  • Siri起動:左をトリプルクリック
  • 切り替え:2秒長押し(外音取り込み/ANC/オフ)

※カスタマイズは不可



ACEFAST ワイヤレスイヤホン T2の性能

音質はフラット

ACEFASTのT2の音質ですが,聞きやすいフラットなチューニングです。

このあとにAnkerのSoundcoreシリーズを聴くと,低音がキツく感じて,びっくりしてしまいます。

価格が価格ですから,解像度が高いわけではありませんが,全体的にまとまった音色です。

低音は気になりませんでしたが,高音域は曲によっては少し薄っぺらく感じる時がありました

それでも5,000円前後という価格帯を考えれば十分満足できる音です。

アクティブノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングはほどほどといったところ。

音楽停止で無音状態だとホワイトノイズが走りますが,音声を流している状態なら気になりません。

電車内のノイズを完全シャットアウトすることはできないですが,低音域はカットされて,人の声や高音域への効きは薄いです。

ANC性能が高いわけではありませんが,音楽への没入感は得られました。

外部音取り込みについては,機械的な不自然さは残りますが,コンビニで店員さんの声は増幅されて聞き取ることができるので実用的といえます。

遅延について

遅延についてですが,ゲームはやらないので,FPSや音ゲーはわかりませんが,少なくとも動画の視聴については,遅延を体感することはできません

ストレス無くYou Tubeやネットフリックスなど楽しめると思います。

ACEFASTワイヤレスイヤホンT2まとめ

いいところ
残念なところ
  • 軽量・小型
  • ドンシャリじゃないクリアなサウンドが好印象
  • この価格でANC,外部音取り込み機能が付いているのはすごい。
  • 低遅延モードはないけど,ストレスのない動画視聴が可能
  • イヤホンの操作位置が,着脱時,頻繁に触れる部分のため,誤動作が多い。
  • アプリがあったらうれしい

機能満載ですが,さすがに1万円以上するワイヤレスイヤホンのANCや外部音取り込み機能には及びませんので,過度な期待は禁物です。

それでも,5千円前後で購入できるイヤホンとして十分満足できるワイヤレスイヤホンなのは間違いありません。

気になった方は,Amazonや他のECサイトでチェックしてみましょう。

以上,高コスパなACEFASTの完全ワイヤレスイヤホンT2のレビューでした。

◆ 11/02までブラックフライデーセールにて31%OFF!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる