【レビュー】AirPods Proをお得な値段で|整備済み品やMagSafe非対応品が狙い目

Apple製品を使っているならAirPods Proの利便性と性能は十分わかっていると思いますが,値段だけ見ると正直高いですよね?

しかもあまり値崩れしないため,手が出しにくいです。

発売から2年立ちますが,ノイズキャンセリング性能や外音取り込み機能などは今でもトップクラスです。

派手さはありませんが,十分満足できる音質も備わっています。

また購入したユーザーの満足度が高いのも特徴ですが,それは一般的な高性能ワイヤレスイヤホンという側面だけではありません。

AirPods Proは,それに加えてユーザビリティの高さ,つまり『使いやすさ』が備わっているのです

特にいくつもApple製品を所持しているユーザーにとって,音の出る機器を瞬時に切り替えられるというのは,かなりの恩恵を受けることができます。

  1. AirPods Proを装着していてiPhoneから音楽を聴く
  2. そしてMacBookで画像編集のため切り替え
  3. さらにiPadでゲームや映画を楽しむため切り替え
  4. さらにさらに突然の着信でiPhoneで電話を受けるために切り替え

こんなことを毎日AirPods Pro(Air Pods・AirPods Max)以外でやろうとすると,めんどくさくて切り替える気にもなりません。

AirPodsシリーズならコントロールセンターから一発で接続を切り替えできます。

これこそが高い満足度の最大の理由のひとつです。

もし同程度のユーザビリティが他のメーカーのイヤホンにも備わっているなら,純粋に性能だけで選びます

もっと音質の良い製品や,もっと低価格の製品などに自由に乗り換えるでしょう。

ちなみに2台の機器という限定条件ならマルチポイント機能を備えた他社のワイヤレスイヤホンでも同等の切り替えが可能。

ただし,3台目以降になると一度電源を落としたり,再度bluetoothの設定画面から解除・接続操作したりとやはり面倒です。

他にもマルチペアリングという機能を備えていれば,設定画面から再接続可能ですが,やはり『瞬時に』というわけにはいきません。

そんなこんなで新しく発売されるイヤホンたちに一瞬浮気はしても,結局AirPods Proに戻ってくるのです。

長期使用レビューだからこそのAirPods Proのいいところ,イマイチなところ,包み隠さず書いていきます。


今なら新品Magsefe非対応版も狙い目!

目次

AirPods Pro製品詳細

Apple AirPods Pro

スクロールできます
重量イヤホン部分(左右各):5.4 g
ワイヤレスチャージングケース:45.6 g
合計 51.0g
サイズイヤホン(左右各):21.8 × 24.0 × 30.9 mm
ケース: 45.2 × 21.7 × 60.6 mm
AirPodsセンサー(左右各)・デュアルビームフォーミングマイクロフォン
・デュアル光学センサー
・動きを感知する加速度センサー
・音声を感知する加速度センサー
・感圧センサー
電源・AirPods Pro with Wireless Charging Case:24時間以上の再生または最大18時間の連続通話
・AirPods Pro:最大4.5時間の再生または最大3.5時間の連続通話
・Wireless Charging Caseで5分充電で約1時間の再生時間または約1時間の連続通話が可能
機能・アクティブノイズキャンセリング
・外部音取り込みモード
・耐汗耐水性能 IPX4等級
・アダプティブイコライゼーション
・Siriへアクセス
H1チップ搭載10個のオーディオコアを持つH1チップを搭載。
ワイヤレスながら低遅延の再生を実現
瞬時に状況に応じたノイズキャンセリングが可能

AirPods Proを選ぶ理由『もっと性能のいいイヤホンがあるけど』

左からAirPods 2nd, AirPods Pro, Anker Soundcore Liberty Neo

Apple製品だからこそのiPhone, iPad, Macなどとのスムーズな連携があることはお話しましたが,もともと私はカナル型の密閉された感じが苦手でした。

歩くと伝わる振動,食事のときに付けていると噛み砕く音,そしてサイズはどれを試しても上手く収まっていない感じがして敬遠していました。

最近のカナル型は,かなり装着感が改善されているので,好印象なものも多いですが,2019年時点の話です。

右はAnker Soundcore Liberty Neo,カナル型の典型

そこで私が長く愛用していたのは,Boseのイヤホン。

有線,無線関わらずどのカナル型イヤホンも耳に合わず,ボーズ独自のイヤーチップだけがきれいに耳に収まってくれて最高でした。

愛用していたのは,前機種のEarbuds,1年くらいは愛用していたのですが,唯一の欠点がケースの大きさ,ジーンズのポケットに入れると膨れすぎ。

そこで,H1チップ搭載のAirPods 第2世代が発売されたことで乗り換え。

「ポケット入れても気にならない最高のスモールサイジング!オープンイヤー型もなかなかいい!」

と半年ほど使っていたところへ現行のAirPods Proが発売。

アップル初のカナル型,恐る恐る耳にあててみると,私の知っている嫌な感じのカナル型ではありませんでした。

これは,すべてが揃ったイヤホンだと感動しましました。

  • ポケットに入れても膨れ上がらないサイズ
  • 圧迫感のないカナル型
  • アップル製品同士だからこそのシームレスな連携
  • 高いアクティブノイズキャンセリング機能


AirPods Proの不満点?

正直,現行のAirPods Proはこれ以上求めるものは無いくらいの出来です。

ただし,不満がまったくないわけではありません。

  • Lightning端子
  • 自動切り替えが完璧ではない
  • 価格

以上の3点。

まず,Lightning端子,もちろんUSB-Cが理想ですが,これは文句を言っても仕方ないです。

Apple製品を選択した時点で同意したのと同じです。まあ好きにはなれませんが。

次に自動切り替え,手に持ったアップル製品に自動的に接続を切り替えてくれるというシステムですが,たまに失敗します。

特に手元にiPad, iPhoneを置いてMacBookで作業してるような,すべての機器が接近しすぎていると誤作動が多い印象

着信のある電話をiPhoneで受けたいのにiPadから簡単に切り替わってくれなかったり,iPadに切り替わったはずと思って音を出すとスピーカーから大音量。

なんてことがあるので自動切り替えはオフにして手動でコントロールセンターから切り替えてます。安心確実。

最後の価格について,2021年時点で同価格帯のもっと高音質な製品も出ています。

安くなったらいいなという不満というか希望です。

以上が不満点ですが,Apple製品の連携の高さ知ってしまうとなかなか買い換える理由にはなりません。

いまなら,Apple認定の整備済み品(保証あり)やMagSafe非対応品がAmazonで割引購入可能です。



MagSafe非対応品も安いです。


音質,ノイズキャンセリング,外部音取り込み機能などについて

クリアな音質,以上

音質ですが,この価格帯にしては並といったところでしょうか。

あえて表現すればクリア,フラットな音質。

高音が〜とか低音が〜とかずば抜けて良い部分があるわけではありませんが,長時間聴いていても聴き疲れしにくいのは大きな長所です。

音質に関しては好みがあるので実際に試聴してもらうのが一番です。

他人の耳ではなく自分の耳が気持ち良いかどうかが最重要です。

個人的にはワイヤレスイヤホンは移動中や作業中に気楽に音楽を楽しむための装置ですので,そこそこ気持ちのいい音がなってくれれば満足です。

しっかりいい音で没入感が欲しい!という方は性能・音質ともに評価の高いSONY WF-1000XM4などを選ぶと良いでしょう。

アクティブノイズキャンセリング・外部音取り込み機能

周囲の雑音を一気にかき消してくれるアクティブノイズキャンセリング機能は,発売から2年経つ現在でもトップクラスの性能です。

その能力もすごいのですが,秀逸なのがホワイトノイズの小ささ

通常強すぎるノイズキャンセリングは「サァー」とノイズが酷いのですが,AirPods Proはほとんど気になりません。

外部音取り込み機能も素晴らしく,イヤホン装着時と外したときの差異がほとんどありません。

それでも,やっぱり癖で人と会話するときは外してしまうのは自分だけでしょうか。

AirPods Proはおすすめできる??

ワイヤレスイヤホンでも音質重視!という方はAirPods Proはおすすめできません。

求めているのは,機能なのか,音質なのか,使いやすさなのか,なにを重視するかで,ひとそれぞれベストのワイヤレスイヤホンは違ってきます

購入の際には自分の求めている性能を備えているかどうかしっかり確認しましょう。

あなたにとって最高の一台にめぐりあえることを祈っています。

AirPods ProはAmazonでもAppleの整備済み品が購入可能。狙っていたなら検討してみては?



MagSafe対応の新型AirPods Pro

紹介:使用しているケースたち

ESRのシリコンケースカバー

超薄型でAirPods Proの良さであるコンパクトさを失っていません。

端子部分もしっかりカバーしてくれます。

ベージュとブラック,2つ持ってます。

ADRIKOのレザーケース

プラスチックを組み合わせた型くずれしないレザーケース。

金属製のカラビナが付いていますが,一緒に持ち歩くiPhoneの液晶を傷つけるので外して使ってます。

開けるときにケースが浮いてくるのがちょっと難点ですが,質感は良い。



関連記事のAirPods Maxレビューはこちら

新型AirPods 第三世代のレビューもあります

AirPods Proを選ぶ理由は音質やイヤホンとしての性能ではありません Amazonで割引セール中!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる