Anker 511 Power Bankはコンセントプラグ一体型モバイルバッテリー!使いにくい?

コンセントプラグ一体型のモバイルバッテリーってほとんどが同じ正方形のものが多いのですが,今回のAnkerの新作511 Power Bankはスティック型。

材質の違う素材を組み合わせたボディは,デザイン性も高く,スリムなスティック型。

性能面でも5000mAhの容量と最大20Wの高出力で申し分なし。

ただし,実際使ってみると,いくつか気になる点もあったのであわせてレビューしていきます。

目次

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)製品詳細

同梱品は,511 Power Bank本体,説明書,保証書のみ。

サイズ:約 113 × 30 × 30 mm(※プラグ部を除く)
重さ:約 170 g
入力:100-240V~ 0.5A 50-60HZ
USB-C 出力:5V=3A / 9V=2.22A(最大20W)
※ただし,パススルー充電は最大15W出力
容量:5000mAh

外観

半分は艶アリのプラスチックで覆われていますが,指紋とかホコリとか考えると,ツートンにしなくても良かったのでは?と思ってしまいます。

デザイン性は高いんですけどね。

背面は,製品詳細が記載。

プラグは折りたたみ式。

ストラップが付いています。

使うかな??

落下防止にはなるかな。

インジゲーター付きのボタンは,押し込むことでバッテリー残量を表示させることができます。

重量比較

5000mAhでコンセントプラグ付きで170g。

iPhone 13 Proよりも軽量。

こちらはメーカーは違いますが,2年前のモデルでRAV Powerのコンセントプラグ付き5000mAh。

511 PowerBankは43gも軽い。

こちらはCIOの10,000mAhのプラグ付き『SMARTCOBY Pro PLUG

サイズは大きいですが,10,000mAhの大容量と最大出力30WでMacBook Airも充電可能。

ただし,267gもあるので170gの511 PowerBankと比べると,携帯性ではいまいち。

iPhoneと持ち運ぶなら断然 511 PowerBank

511 PowerBankを使ってみる

iPhone 13 Proと使ってみましたが,サイズも性能も相性はバッチリ。

ケーブルは『エレコム Type-C to Lightningケーブル 0.1m

短いケーブルはバッグの中で絡まなくていいです。

最大20W出力で高速充電可能。

Lightning端子での充電で気をつけないといけないのは,ケーブルを挿しているだけでモバイルバッテリーは起動してしまいます。

どんなモバイルバッテリーでも,必要ないときは抜いておきましょう。

USB-C to Cなら問題なし。

パススルー充電は,最大15W出力に制限されます。

パススルーの場合は,先に接続機器を満充電,その後511 PowerBank本体を充電することになります。

パススルー充電とは,コンセントからモバイルバッテリーに入力した電力をスマートフォンやタブレットなどのデバイスに優先的に給電する機能。モバイルバッテリーの電力を消費せずに充電できるので便利。

iPad miniやiPad Proも,パススルー充電可能。

もちろん,コンセントに繋がないほうが20Wで充電できるので高速です。

コンセントに挿したときでも,しっかり上部のスペースが確保されているので,隣接するプラグがさせない,なんてことは無さそうです。

ただし,この状態でパススルー充電をすると,上のコンセントは使えないので注意


持ち出すとき,Apple Watch用の充電アダプターも一緒なら便利。



充電アダプタは少し浮いた状態なので,ソロループバンドのApple Watchでも,らくらく充電可能。


スリム&軽量なボディの利点,サコッシュやウェストポーチに入れて持ち運べます。

使いやすい 511 PowerBank

おすすめポイント
残念ポイント
  • スリム&コンパクトなボディ
  • 最大20Wの高出力でiPhoneシリーズにもおすすめ
  • パススルーでは最大15Wまでに制限
  • 光沢部分の指紋が目立つ

コンセントプラグ付きでスタイリッシュなモバイルバッテリー『 511 PowerBank』。

iPhoneやiPadとの相性も良好で,問題なく急速充電可能。

さずがにパソコンの充電まではできませんが,iPhone 13 Pro(3,095mAh)一回分はしっかり充電できます。

参考:バッテリー容量

・iPhone13 Pro Max[4,352 mAh]
・iPhone13 Pro [3,095 mAh]
・iPhone13 [3,227 mAh]
・iPhone13 mini [2,406 mAh]
※モバイルバッテリーは充電時,電力伝達ロスもあるため7割程度の稼働率と考えましょう。
5,000mAhなら3,500mAh程度が充電可能

不満というわけではありませんが,パススルー時も20W出力あればうれしかったかな。

発火などのトラブルも多いモバイルバッテリーですが,有名ブランドのAnker製ということで信頼度も高いです。

気になった方は,チェックしてみてください。

パソコンの充電も考えているなら,10,000mAh 最大30W出力のCIO SMARTCOBY PLUGもおすすめです。

prime会員ならAmazon Music Unlimitedの利用料が月額880円と安い!
会員特典のPrime Musicとは違い、ハイレゾ対応で9000万曲がロスレス(HD)、700万曲以上がULTRA HD(最大24ビット、192kHz)で聴けます。
空間オーディオ(360 Realty Audio, Dolby Atoms)にも対応。
今なら最初の3ヶ月が無料でお得!

Anker 511 Power Bankはコンセントプラグ一体型モバイルバッテリー!使いにくい?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次