Anker 結束バンド式 ケーブルホルダーが秀逸|マグネットの弱点を克服

パソコン周りにガジェットが増えてくると,必然的に煩雑になるのがケーブル類。

私でじまろ(@digimalog)のデスクも,気づくと充電用Lightningや通信用Type-Cケーブルなどがその辺に散らかっています。

「なんとかきれいなデスクを保ちたい!」ということで,購入したのがAnkerのケーブルホルダーなんですが,クリップ式やマグネット式ではなく今回は結束バンド式。

これがまたよく考えついたなと思うくらい,素晴らしいアイディアの製品です。

わかりやすく簡単に一文でまとめると,

ケーブルの太さを選ばず,接着も強力,それでいて単体で結束バンドとしても持ち出せるケーブルホルダー

早速レビューしていきます。

目次

Anker 結束バンド式 ケーブルホルダー(Easy-Fastening Cable Holder)詳細

メーカー‎Anker
製品名結束バンド式 ケーブルホルダー
Easy-Fastening Cable Holder
製品サイズ‎9.55 x 2.2 x 0.83 cm
商品の重量‎12.1 g

ケーブルを集める土台が一つと結束バンド8本

結束バンドが多いので,ケーブル多めでも付替えをしなくて済むので助かります。

ケーブルホルダーの台座部分。

結束バンドは,マジックテープのように強力に貼り付きます。

ホルダー背面は両面テープではなく,吸着テープが採用されていて,水で洗えば何度でも使えます。

公式では,水洗いは10回まで可能となっています。

Anker 結束バンド式ケーブルホルダーの使い方

まずは結束バンドをケーブルに取り付け。

穴が空いているので,そこにバンドの細い方の先端を通して,くるくるっと巻きつければ1本完成。

長すぎる場合は,途中からハサミでカットすることも可能。

ThunderBolt3のケーブルは太めですが,結束バンド式はどんな太さのケーブルにも対応できるため,無駄な心配がいりません。

さらに太いHDMIケーブルもこのとおり,問題なく使えます。

結束バンドをカットせず,ケーブルを台座に収めると5本までですね。

デスク上に散らかっていたケーブルが一気に整列。すばらしいです!

単体の結束バンドとして使えば,そのままケーブルを束ねて持ち出せます。

結束バンドをまとめるというアイディアが素晴らしい

「スマホやカメラの充電ケーブルなど持ち出すけど、そのままデスクでも使いたい」そんなときにこの結束バンドのケーブルホルダーがあれば、一台二役をこなしてくれます。

また、外部モニターに接続するHDMIなど太めのケーブルにも問題なく使えます。

マグネット式やクリップ式ではできなかったことが、この結束バンド式で解決します。

特に残念ポイントはありませんが、マグネット式よりも見た目がいまいちということくらいです。

ケーブルホルダーを探しているなら、チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる