【レビュー】最大140W出力のUSB充電器CIO NovaPort TRIO 140W3CがMacBookに最適

当ページのリンクには広告が含まれています。
【レビュー】最大140W出力のUSB充電器NovaPort TRIO CIO-G140W3CがMacBookに最適

前回、最強かと思われたAnkerの150W充電器が、自分の環境下では使えなかったことで100W超えのUSB充電器を再探索していました。

購入したのはCIOの最大140W出力のUSB充電器CIO NovaPort TRIO 140W3C(複数ポートなら最大142W)

メリット、デメリットはまとめると以下の通り。

  • 最大140Wのハイパワーモデル
  • USB-Cのみ3ポート装備
  • USB-Aポートがないので見た目がスッキリ
  • 同価格帯の中ではリーズナブル
  • 100Wタイプより重い

自分のデバイスに合わなかったけど、Anker 747 Charger 150Wも良い製品。

140W以上の多ポートモデルを探しているならNovaPort TRIO 140W3Cと二択です。

詳しくはこちらの記事。

created by Rinker
CIO
¥11,480 (2024/06/22 01:26:06時点 Amazon調べ-詳細)

早速CIO NovaPort TRIO 140W3Cのレビューをしていきます。

クリックで項目にジャンプ

製品詳細

同梱品

  • CIO NovaPort TRIO 140W3C本体
  • 説明書
  • メッセージカード

製品スペック

■型番: CIO-G140W3CE
■サイズ: 約63×69×3.05mm
■重量: 約221g
■機能1:NovaSafty発熱コントロール
■機能2:NovaIntelligence電力自動振り分け

■入力: 100-240V 50/60Hz 2.0A

■1ポート出力(USB-C1/C2/C3)

・5V=3A/9V=3A/12V=3A/15V=3A/20V=5A/28V=5A/PPS:3.3-11V=5A(Max 140W)

■2ポート出力(USB-C1+C2/C1+C3/C2+C3):(C1/C2/C3)

  • 100W(5V=3A/9V=3A/12V=3A/15V=3A/20V=5A)PPS:3.3-11V=5A
  • 67W(5V=3A/9V=3A/12V=3A/15V=3A/20V=3.35A)PPS:3.3-11V=5A
  • 45W(5V=3A/9V=3A/12V=3A/15V=3A/20V=2.25A)PPS:3.3-11V=4.05A
  • 30W(5V=3A/9V=3A/12V=2.5A/15V=2A/20V=1.5A)PPS:3.3-11V=3A
  • 20W(5V=3A/9V=2.22A/12V=1.67A)PPS:3.3-11V=2A

■3ポート出力(USB-C1+C2+C3):(C1/C2/C3)

  • 67W(5V=3A/9V=3A/12V=3A/15V=3A/20V=3.35A)PPS:3.3-11V=5A
  • 45W(5V=3A/9V=3A/12V=3A/15V=3A/20V=2.25A)PPS:3.3-11V=4.05A
  • 30W(5V=3A/9V=3A/12V=2.5A/15V=2A/20V=1.5A)PPS:3.3-11V=3A
  • 20W(5V=3A/9V=2.22A/12V=1.67A)PPS:3.3-11V=2A

外観

ブラックとホワイトの2色展開。

表面にはシボ加工が施されています。

この加工は、最近のCIOの統一されたデザイン。

耐久性も高くシンプルでいいんだけど、これだけ同一デザインの展開が増えてくるとどれがどれだかわからないことも。

せめてどこかに140Wとわかりやすい表記が欲しい

プラグは跳ね上げ式。

硬すぎず、使いやすい。

ポートはUSB-Cのみで3ポート。

単ポートで使うならどのポートも同じ性能で、パワフルな最大140W出力が可能。

140Wの充電性能を引き出すならケーブルも重要。

一般的なUSB充電ケーブルは最大60W、性能が良くても最大100Wのものが多い。

created by Rinker
CIO
¥2,150 (2024/06/22 21:35:31時点 Amazon調べ-詳細)

底面には、技術仕様がびっしり。小さすぎて見えない…

重さは実測234g。

created by Rinker
CIO
¥11,480 (2024/06/22 01:26:06時点 Amazon調べ-詳細)

他モデルと比較

左は今回のNovaPort TRIO 140W、右はLilNob USB PD 4ポート 100W。

比較は、2年前の100Wタイプなんですが、サイドから見るとNovaPort TRIO 140Wは更に小さい。

重量はNovaPort TRIO 140Wが234g、LilNob USB PD 4ポート 100Wが230g。

右がAnker 747 Charger 150W。

4ポートでコンパクトな上に150Wというパワフルさ。

重量も232gと軽量。一般的な100Wタイプと同等。

しかも発熱も少なく優秀。

お気に入りになるはずでしたが、Mophie 3in1 トラベルチャージャーとは相性が悪く、現在2軍落ちです。

Mophieとの相性問題を抜きにすれば発熱の少ないAnker 747 Chargerもおすすめ。

created by Rinker
Anker
¥11,990 (2024/06/22 13:03:05時点 Amazon調べ-詳細)

充電能力

まずは、ボクの出張の必需品であるMophie 3in1 トラベルチャージャーと接続。

どのポートでも充電OK。

もちろん、複数ポート使用時でもちゃんと稼働してくれました。最高です。

実は、今回M2 MacBook Air 13インチから 15インチへ乗り換えることもあり、NovaPort TRIO 140W3Cを導入。

旅行中、いろんなガジェットを安心して同時充電できる環境が欲しかったのです。

・M2 MacBook Air 13インチ:67W
・M2 iPad Pro 11インチ:35W
・Mophie 3in1 トラベルチャージャー:30W(iPhone、Apple Watch、AirPods Pro)

一つの充電器でこの3ポート5デバイスが同時に急速充電できるなんて嬉しすぎる。

3ポート同時(MacBook, iPad Pro, Mophie)使用のとき、MacBook Airは67W級の充電器として認識。

NovaIntelligenceを搭載してるので、接続したデバイスに最適な電力を自動で振り分けます。

かしこい。

MacBook Airで単ポートもしくはiPad Pro 11インチとの2ポート使用時、100W級の急速充電器として認識。

安心できるスペック。

CIO NovaPort TRIO 140W3Cまとめ

おすすめポイント
残念ポイント
  • 単ポート最大140Wの高出力
  • NovaSaftyで発熱コントロール
  • NovaIntelligenceで電力自動振り分け
  • パワフルで複数ポート使用時も安心
  • M2/ M1 MacBook Pro 16インチも最速で充電可能
  • USB-C×3ポートで見た目もシンプル
  • 価格が税込12,980円と高価
  • USB-Aポートが欲しい人には不向き

急速充電器を購入するとき、発熱についても気になる点。

実際1.5時間フル稼働で使用してみて最高43°程度。まずまずといったところ。

発熱(表面温度)を気にするならAnker 747 Charger 150Wの方が優秀。

USB-Aがないことについては、USB-Cしか使わない、という方も多いので特に問題ではないかなと思います。

どうしてもという場合は、USB-C to A変換アダプタを準備しておくという方法もあります。

今回、個人的に嬉しかったのはMophie 3in1トラベルチャージャーが使えたこと。

これで、あとはMacBook Air 15インチが到着すれば今年の出張装備が揃います。

CIO NovaPort TRIO 140W3C が気になった方は、製品ページをチェックしてみてください

created by Rinker
CIO
¥11,480 (2024/06/22 01:26:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Anker
¥11,990 (2024/06/22 13:03:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

【レビュー】最大140W出力のUSB充電器NovaPort TRIO CIO-G140W3CがMacBookに最適

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ