エレコムのApple Watch磁気充電ケーブルは高速充電対応で持ち運びOK!MPA-AWMCQ(BK/WH)

当ページのリンクには広告が含まれています。
エレコムのApple Watch磁気充電ケーブルは高速充電対応で持ち運びOK!MPA-AWMCQ(BK/WH)

Apple Watch Series7以降の機種は通常の充電よりも33%速い高速充電に対応しています。

特にApple Watch Ultraは大容量のバッテリーが搭載されているため、高速充電に対応していない充電器だとかなり時間を使ってしまいます。

今回紹介のエレコム Apple Watch磁気充電ケーブ MPA-AWMCQは、高速充電対応。

持ち運びできるモバイル充電製品として高速充電対応はかなりレアだし、うれしい仕様。

Apple Watchのモバイル充電器を探していた、という方にはおすすめの製品。

早速レビューしていきます。

目次

製品仕様

製品名Apple Watch磁気充電ケーブル
MPA-AWMCQ(BK/WH)
コネクタ形状USB Type-C(TM)(オス)
対応機種Apple Watch Ultra、
Apple Watch Series 8/7/6/5/4/3/2/1/SE/SE (第2世代)
※Apple社の認証 Made for Apple Watchを取得
高速充電対応Apple Watch Series7/8/Ultra
対応機種(その他)AirPods Pro (第2世代)
ケーブル長約23cm(コネクター含まず)
ケーブル太さ約3.0mm
外形寸法W約40mm×D約40mm×H約20mm
プラグメッキ仕様シェル:ニッケルメッキ
コンタクトピン:金メッキ
シールド方法2重シールド
カラーブラック/ホワイト

製品外観

直径4cm、厚み2cmのコロンとしたカワイイ外観。

ケーブルは本体に巻き付いているので、USB-Cコネクタに指をかけて引っぱり出します。

引き出せるケーブルの長さは23cm

実測だと直径4cm弱、厚み2.2cm。ほぼカタログ値どおり。

重さは34g。

軽量、コンパクトでポーチの片隅でも収まります。

他社製と比較

モバイル用のApple Watch 充電ドックはいろいろ出てますが、高速充電に対応したものは貴重。

管理人が持っているSatech(中央)やAnker(右)の充電ドックは高速充電に非対応。

横から見ると2cmの厚みを感じてしまいますが、実際手にした感じではコンパクトさの方が際立って、厚みは気にならない。

しかも23cmのケーブルが付いていることで、密着したポートでの使用など、充電環境の幅は広がります。

充電性能

今回検証に使用したのは、10,000mAhのモバイルバッテリーにもなるUSB充電器”Anker 733 PowerBank”

Apple Watch Ultraのバッテリー残量は完全0%。

USBの電流電圧チェッカーで途中のワット数も計測。

Apple認定の高速充電とは、通常の充電速度を33%高速化するもの。

どのくらい速いのか気になります。

計測は、Apple Watch内の設定アプリからバッテリーの項目を①最適化オフ、②今すぐフル充電、に設定してあります。

経過時間バッテリー残量
10分後11%
30分後34%
1時間後60%
1時間30分後89%
1時間40分後95%
1時間48分後100%
実際には10分置きに計測しました。

Apple Watch UltraはSeries8/7などのノーマルモデルと比べるとバッテリー容量が多いので、充電にかなりの時間を要します。

純正の磁気高速充電器も2時間前後なので、今回の結果は優秀な数値。

ちなみに0%からだと、起動するまでに数分のタイムロスがあるので、電源が落ちていなければもう少し速いです。

別のチェッカーでも検証してみました。

計測中は〜3.8Wの間を上下して充電を実行。

参考ですが、エレコム Apple Watch磁気充電ケーブ MPA-AWMCQの最大出力は5V/1A=5W。

常に一定のワット数で充電していないので、Apple独自の充電プログラムで高速充電を管理している模様。

充電スタイルは縦置き、横置きどちらもOK。磁力がしっかりしてます。

MacBook Airでの充電

M2 MacBook Airを閉じたままでも充電可能。

他のポートを塞がないのがイイ。

直挿しタイプは、ポートを塞いでしまうこともあり使いづらさがありますが、ケーブル付きの本製品はまったく制約がない。

AirPods Pro 第2世代も充電可能

Apple WtachだけじゃなくAirPods Pro 第2世代も充電可能

2021年発売の第1世代のMagSafe対応版AirPods Proは充電不可なのでご注意を。

エレコム Apple Watch磁気充電ケーブル MPA-AWMCQのまとめ

どんなポーチやバッグでもちょっとの隙間さえあれば放り込めるコンパクトなボディ。

メリット
デメリット
  • 貴重な高速充電対応製品
  • ケーブルが巻取り式でバッグの中が散らからない。
  • 軽量でコンパクト
  • AirPods Pro 2が充電可能
  • Apple認証製品
  • 価格が高い

性能としては全く問題ない製品ですが、かなり高価な製品。

購入を考えているなら、セールやクーポン付きのときを狙いたいところ。

出先や旅行先でも、自宅同様に高速充電したい方にはおすすめのアイテム。

今回のエレコム Apple Watch磁気充電ケーブル MPA-AWMCQに興味のある方は製品ページをチェックしてみてください。

ホワイトもあります。

Apple純正のApple Watch磁気高速充電 USB-Cケーブルはこちら。

エレコムのApple Watch磁気充電ケーブルは高速充電対応で持ち運びOK!MPA-AWMCQ(BK/WH)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次