【レビュー】Anker 733 PowerBankはモバイルバッテリー搭載の65W USB充電器

Ankerの高性能充電器GaNPrimeシリーズが発売されたので早速購入してみました。

購入したのは発売前から気になっていたAnker 733 PowerBank。

65Wという高出力な充電能力があり多ポートモデル。

おまけにモバイルバッテリーとして単ポートなら30W出力、容量も10,000mAhと必要十分。

M1/M2 MacBook Airだって充電できちゃいます。

これまではどうしてもUSB充電器とモバイルバッテリーの2つを持ち歩く機会が多かったんですが、『Anker 733 PowerBank』なら持ち物を一つ減らせます。

というわけで実際使ってみたのですが、やはりメリットとデメリットは存在します。

不具合というわけではありませんが、本体の大きさは購入前に把握しておくべきです。

早速レビューしていきます。

目次

Anker 733 PowerBank 製品詳細

同梱品

  • Anker 733 PowerBank 本体
  • USB-C to C 充電ケーブル
  • 収納ケース
  • 説明書

製品仕様

  • サイズ:約 111 × 63 × 31 mm
  • 重さ:約 320 g

AC入力

  • 100V – 240V ~ 50/60Hz / 1.63A

USB-C1入力

  • 5V = 3A/ 9V = 2A/ 12V = 1.5A

※ACコンセントプラグからだけでなく、USB-C1ポートからも充電可能。

充電器時の出力

  • USB-C1: 5V*3A / 9V*3A / 12V*1.5A / 15V*3A / 20V*3.25A (最大65W)
  • USB-C2: 5V*3A / 9V*3A / 15V*3A / 20V*3.25A (最大65W)
  • USB-A出力: 5V*3A / 9V*2A / 10V*2.25A / 12V*1.5A (最大22.5W)
  • 合計最大出力:65W
数値の見方

数字がならんで分かりづらいですが、V(電圧)×A(電流)=W(ワット)です。

例えば、5V*3A=15W、15V*3A=30Wとなることを示してます。

Anker 733 PowerBankは接続機器に合わせて出力が可変する仕様。

例えば15W+30W+15Wで合計値が65Wになるよう組み込まれています。

モバイルバッテリー時の出力

  • USB-C1&C2 : 5V*3A / 9V*3A / 12V*1.5A / 15V*2A / 20V*1.5A (最大30W)
  • USB-A出力 : 5V*3A / 9V*2A / 10V*2.25A / 12V*1.5A (最大22.5W)
  • 合計最大出力:30W (USB-C単ポート使用時) / 15W (複数ポート使用時)
  • 容量:10000mAh
気をつけたいポイント

モバイルバッテリーとして使用時、USB-Cを単ポートのみで接続させれば最大30W出力が可能。

USB-C+USB-Aなど、複数ポートを同時に使用したときの合計値は最大15Wまでしか出力できません。

Ankerの新技術GaNPrimeについて

窒化ガリウム(GaN)を採用し小型化する仕組みとしては一般的なもの。

複数ポートでの同時PD急速充電が可能となっていますが他社製にも搭載されています。

GaNPreimeは、これまでの技術を応用し発展させたもので、新技術というよりは、さらに小型化と安全性を高めた技術。

圧倒的に発熱が少ない

使用していて実感できるのは発熱の少なさで、どんなに使ってもボディが40度以上にならない。

低発熱であることの安心感は他社製品ではなかなか味わえない。

製品外観

開封してまず思ったのは、大きい!

思っていた以上のサイズ。

USB充電器といえど1万円を超える製品ですが、値段に負けず高級感はスゴい。

縦長の筐体で、メタリック部分はMacBookのスペースグレイを少し濃くした感じ。

コンセントプラグ側に製品仕様が記載されています。

正面のポート側にはバッテリー残量を光らせる丸いボタン(電源)とUSB-Cポート×2とUSB-Aポート。

コンセントプラグは折りたたみ式なのでジャマにならない。

モバイルバッテリーの残量は4段階で確認できます。

本体の充電はACコンセントに挿すだけ。

M2 MacBook AirとiPhoneに使ってみる

USB充電器としてiPhoneと同時充電。

ワット数は、接続した機器にあわせて自動で振り分けられるのでポートごとの出力を覚えなくていい。

このとき、M2 MacBook Airのバッテリー残量は21%

USB充電器(ACコンセントに繋いだ状態)として、iPhoneと同時充電の場合、MacBook Airには約43W(赤文字部分)なのでMAX 45Wで出力されています。

このときiPhone側にはMAX 20Wが割り当てられています。

このとき、M2 MacBook Airのバッテリー残量は21%

単ポートの場合、約61Wをマーク(赤文字部分)

カタログ値どおり単ポート最大65Wが割り当てられています。

モバイルバッテリーとして使用した場合、出力は30W弱をマーク(赤文字部分)

こちらもカタログ値どおり。

モバイルバッテリー性能

M2 MacBook AIrのバッテリーをモバイルバッテリー機能でどのくらい充電できるか検証してみました。

ディスプレイを閉じて、負荷はゼロの状態。

MacBook Air
バッテリー表示
経過時間
23%→48%30分
48%→66%さらに30分
66%→78%さらに22分で残量ゼロ

結果は、M2 MacBook Airを82分間で23%→78%(55%)回復させました。

10,000mAhで約半分の回復なら緊急用としては十分かな。

発熱は90分ほど使用しても38°くらいで、アツアツになるようなことはありませんでした。

メリット・デメリット

左は、持ち出すことの多いSMARTCOBY Pro 30W出力の10,000mAhモバイルバッテリーとCIO Nova Port 65W TRIO USB充電器。

レビューしているAnker 733 PowerPort 65Wは、ちょうど左の2つをひとまとめにしたような製品。

製品のスペックは申し分ないのですが、パソコンはともかくiPhoneやiPadのモバイルバッテリーとして持ち出すには大きい。

横からでは伝わりにくいですが、握ったときに製品の厚みが、大きさを感じさせます。

Anker 733の重量は、322グラム。

CIOのセットは271グラム。

製品を一つにまとめられるのはいいのですが、かなりの重量。

製品としての完成度は文句なし、この重さを許容できるかどうか。

CIOのSMARTCOBY Proは後述のモバイルバッテリー搭載モデルもあり。

レビュー記事はこちらから。

iPhone13 Pro, M2 MacBook Airとのサイズ比較。

購入の参考にしてください。

モバイルバッテリー搭載USB充電器SMARTCOBY Pro PLUGとの比較。

USB充電器として65Wの高出力が必要かどうかで、どちらを選ぶか決まります。

Anker 733 PowerBankはおすすめできる?

おすすめポイント
デメリット
  • USB充電器として最大65W、モバイルバッテリーとしても最大30W出力の高性能ハイブリッドタイプ
  • 各USBポートは接続した機器にあわせて出力を振り分けてくれる。
  • 発熱は、ライバル社よりもかなり抑えられている
  • 本体の厚み(3.1cm)が意外と気になる
  • スマホのモバイルバッテリーにするには重いし、大きすぎる
  • それなりに高価

製品としてのクオリティは申し分ないのですが、サイズ感だけはどうも馴染めませんでした。

まだSMARTCOBY Pro 30W PLUGのほうがボクの使い方に適しているかも。

これはあくまで個人の使い方での評価なので、人によっては、持ち出すガジェットの個数が減ることを大きなメリットと考える方も多いはず。

Anker 733 PowerPort 65Wが気になったらチェックしてみてください。


※2週間後の使用感を追記。

結局使ってるのかというと、予想に反して結構使ってます(笑)

今日はどれを持っていこうとか考えるのが面倒になると、Anker 733を手に取ることが多くなりました。

モバイルバッテリー搭載で3ポート装備、しかも最大65W出力と全部入り感はやっぱり魅力的。

SMARTCOBY Pro PLUGは、USB-Cポートは最大30WですがサイズはAnker733より一回り小さくて使いやすい。

MacBook Airも充電可能。

【レビュー】Anker 733 PowerBankはモバイルバッテリー搭載の65W USB充電器

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次