MATECH GanCell 10000 60Wは優秀モバイルバッテリー搭載USB充電器|MacBookにもiPhoneにもおすすめ

外出時にUSB充電器とモバイルバッテリーを両方持ち歩くのは面倒。

スマホもパソコンも充電できる高性能な一体型が欲しい。

価格や性能、使いやすさを考えた上で、おすすめなのが今回レビューするMATECH GanCell 10000 60W Double USB-C。

以前紹介したAnker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)も高性能な製品なんですが、税込14,990円となかなかの価格。

GanCell 10000 60W Double USB-Cは、リーズナブルなのはもちろん、USB-Cポートを2つ備え、最大60W急速充電に対応したUSB充電器。

さらに10,000mAhモバイルバッテリーとしても超優秀で、単ポートなら最大40Wの高出力。

このクラスでで最大40Wの高出力が叩き出せる製品はなかなかありません。

電源コンセントなしで、40W出せるということは、iPhoneだけでなくiPad Pro、MacBook Air、MacBook Proも問題なく充電できます。

この記事では、充電能力やサイズ比較など、購入を考えてるみなさんのために、詳しくレビューしてきます。

目次

GanCell 10000 60W Double USB-C製品詳細

同梱品

  • GanCell 10000 60W本体
  • USB-C充電ケーブル
  • 説明書
  • 保証書
  • 製品登録カード

製品スペック

製品名GanCell 10000 60WAnker 733 Power Bank
サイズ80.7×76×32.5mm111 × 63 × 31 mm
本体重量約 290 g約 320 g
バッテリー容量9600mAh(4800mAh×2)10,000mAh
ポート数USB-C×2USB-C×2、USB-A×1
USB-C 出力
(充電器モード)
単ポート最大60W
2ポート30W+30W
単ポート最大65W
2ポート45W+20W
または
2ポート合計最大15W
3ポート合計最大65W
USB-C 出力
(モバイルバッテリーモード)
単ポート最大40W
2ポート20W+20W
単ポート最大30W
2ポート合計最大30W
3ポート合計最大18W
参考価格税込10,590円税込14,990円

スペック表は、Anker733 PowerBankと比較。

リーズナブルな価格とモバイルバッテリーモードの単ポート最大40Wの出力は、魅力的。

Anker 733はUSB-C×2, USB-A×1合計3ポートを搭載していて利便性は高そうですが、MacBookを長く使っているとUSB-Aポートはほとんど使うことがないんですよね。

外観

ボディ全体はマットな質感のブラック。

ホコリは目立ちそう。

中央のライン部分はバッテリーの残量表示インジゲーター。

片面には企業名MATECH(マテック)が刻印されています。

ポートは2つとも前面。

出力/入力どちらもこなせる万能USB-Cポート

内部のモバイルバッテリーは、ACコンセントからの充電はもちろん、USB-Cポートからも充電可能。

底面に、製品仕様が印字。

コンセントプラグは、跳ね上げ式で、折りたたみ可能。

プラグを引き出すと、自動でLEDランプが点灯。

暗がりでもコンセントの位置を特定できます。

プラグをたたむか、コンセントに挿すと自動で消灯。

実測で291g 。

軽量というわけではないですが、10000mAhのモバイルバッテリー搭載のUSB充電器としてはなかなか優秀。

性能チェック

モバイルバッテリーモード

まずはモバイルバッテリーの性能

M2 MacBook Airで検証してみた結果、単ポートで38W以上でてます。

ほぼカタログ値(最大出力40W)どおり、優秀です。

2台充電モードなら最大20Wずつが振り分けられます。

画像は、iPad mini 6とiPhone 14 Pro Maxの同時充電。

iPhone 14 Pro Max(4,323mAh) を実際にフル充電まで計測してみました。

バッテリー残量12%からスタート

  • 30分間 12%-65%
  • 45分間 79%
  • 60分間 87%
  • 1時間15分 93%
  • 1時間30分 97%
  • 1時間40分 100%

後半は、バッテリー保護のため充電速度は落ちますが、最初の30分間で53%も充電できたのはなかなか優秀。

iPhone 14 Pro Maxは出力が25W以上の急速充電でなければ、半分充電するのにもかなりの時間を要してしまいます。

GanCell 10000 60Wさえ手元にあれば、コンセントがあってもなくても安心して充電を任せられそう。

iPhone14 Pro(容量3200mAh)なら2回フル充電が可能なので更に安心。

USB充電器モード

コンセントプラグを使ったUSB充電器モード時の出力は57Wオーバー(MAX60W)とMacBook Airには十分な速度。

2台同時接続状態なら30Wずつ均等に振り分けられる。

この状態でもM2 MacBook Airを充電できるのはすばらしい。

おすすめのモバイルバッテリー搭載USB充電器

左からAnker 733 PowerBank、MATECH GanCell 10000 60W、CIO SMART COBY Pro PLUG
おすすめポイント
残念ポイント
  • 一体型なので持ち出す荷物を減らすことができる
  • モバイルバッテリー性能が高い
  • LEDインジゲーターの残量表示が分かりづらい。

個人的に信用しているメーカーからおすすめを選ぶなら上の3機種。

3ブランドとも性能が安定しているし、MATECH、CIOはどちらも日本ブランドで、もしもの場合も日本語でのサポート対応を受けられるという安心感もあります。

発熱は低い順にAnker 733<GanCell 10000 60W<CIO SMARTCOBY Pro PLUG

3機種ともに通常運用に支障のあるような熱は持ちませんが、Anker 733は酷使してもぬくもる程度で、値段が高いだけのことはあります。

問題はどれをメインに使うかですが、やっぱり今回紹介のMATECH GanCell 10000 60W。

CIO SMARTCOBY Pro PLUGはUSB-Cが1ポートで最大30Wまでしか出ないのでパソコンの充電がメインで複数のガジェット持ちには厳しい。

製品のクオリティならAnker 733ですが、GanCell 10000 60Wは、モバイルバッテリー時最大出力40W、軽量、リーズナブルな価格、総合で上回る感じ。

ボクには不要なUSB-Aポートがないのも、潔くてイイ。

補足しますが、3機種どれもすばらしいので、あとはユーザーの環境や生活スタイルにあわせるのがベスト。

モバイルバッテリー搭載のUSB充電器を探しているなら、各ブランドの製品ページをチェックしてみてください。

CIOのSMARTCOBY Pro PLUGのレビューはこちら


MATECH GanCell 10000 60Wは優秀モバイルバッテリー搭載USB充電器|MacBookにもiPhoneにもおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次