Amazonタイムセール祭り開催! 10/29(金) 9:00〜10/31(日) 23:59まで エントリー受付中!

【レビュー】iPhone13 Proに買い替え|違いは?miniは軽くて小さかった

iPhone13 Proようやく到着しました。

何だかんだで,やっぱり新しいiPhoneを手にするとテンションが上ります。

前モデルは,小型軽量のiPhone12miniを選んで使ってたんですが,やっぱり小さすぎた,というより時がiPhone5くらいで止まっていればベストパートナーでした。

iPhone Xあたりを使い慣れてしまってから小型に戻すのは少々無理があったんだと実感しました。

そして今回画面の大きさとカメラ性能に期待してiPhone13 Proを購入

Pro Maxにしなかったのは,片手操作ができそうもないし,映画とかはiPadでいいかなと思ってのこと。

それでは,届いたばかりの実機をレビューしていきます。

目次

iPhone13 製品スペック

スクロールできます
製品名iPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
チップセットA15 BionicA15 BionicA15 BionicA15 Bionic
コア数CPU6コア/GPU4コアCPU6コア/GPU4コア6コア /GPU5コア6コア /GPU5コア
RAM4GB4GB6GB6GB
画面サイズ5.46.16.16.7
解像度2340×10802532×11702532×11702778×1128
リフレッシュレート60Hz60Hz120Hz:可変式120Hz:可変式
生体認証Face ID(顔認証)Face ID(顔認証)Face ID(顔認証)Face ID(顔認証)
リアカメラ1200万画素
広角+超広角
F/1.8
1200万画素
広角+超広角
F/1.8
1200万画素
広角
+超広角(マクロ撮影)
+望遠(光学3倍)
F/1.6
マクロ撮影可
1200万画素
広角
+超広角(マクロ撮影)
+望遠(光学3倍)
F/1.6
マクロ撮影可
手ブレ補正センサーシフト光学式センサーシフト光学式センサーシフト光学式センサーシフト光学式
LiDAR××
フロントカメラ1200万画素1200万画素1200万画素1200万画素
端子LightningLightningLightningLightning
通信対応5G Sub-65G Sub-65G Sub-65G Sub-6
防水等性能IPX68
防水(水深60mで最大30分間)
防塵
IPX68
防水(水深60mで最大 30分間)
防塵
IPX68
防水(水深60mで最大 30分間)
防塵
IPX68
防水(水深60mで最大30分間)
防塵
バッテリー2405mAh3095mAh3095mAh4352mAh
容量128GB〜128GB〜128GB〜128GB〜
サイズ(mm)131.5×64.2×7.65146.7×71.5×7.65146.7×71.5×7.65160.8×78.1×7.65
重量140g173 g203g238 g
価格86,000円~98,800円~122,800円~134,800円~
予約開始日9月17日(金)21:00〜9月17日(金)9月17日(金)9月17日(金)
発売日9月24日(金)9月24日(金)9月24日(金)9月24日(金)

太字部分が,注目すべき目玉機能。

注目はここ!

個人的に注目したのは,カメラの防塵防水性能の向上,光学式3倍の望遠,マクロ撮影対応の3機能。
光学式3倍ズームで写りもそれなりならコンデジが不要になります。




今回購入したカラーは『グラファイト』。撮影だと明るく反射してますが,実際は気持ち暗めのカラー。

というか,購入するのはいつもブラック系なんですよね。

実物はやはり,3つ目が大きい!存在感あります。

サイドから見るとレンズが飛び出ている感じがよくわかります。

磨りガラス?の感じはとても上質。触ると微かにざらつく感じ。指紋も目立たずグッド。

下部はスピーカー部分といつものLightning端子。

iPhone12シリーズとの違い

miniと比較してるとはいえ,カメラ部分かなり大きくなりました。

左がiPhone13 Pro,右がiPhone12 mini

ディスプレイ上部のノッチ部分の切り欠きですが,かなり小さくなった印象。

通話スピーカーはノッチの中央に配置されていましたが,真上の角に移動しました。

左からiPhone 4s,5,7,Xs,12 mini,iPhone13 Pro。

手元にある製品なので全部ではありませんが,iPhone4Sから順に並べてます。

位置は変わりましたが,林檎マークのデザインだけは変わらない。かっこいいです。

iPhone12 miniは141g。コンパクトなボディも利点ですが,軽いのはなによりも正義です。

今回のiPhone13 Proから200gオーバー。

やはり,かなりの重さを感じてしまいます。

それでも,いろいろ詰め込んだ高性能機と考えれば納得できます。

注目の機能はやはりカメラ

マクロ機能

アサガオ

超広角レンズを使い,対象物と2cmの距離まで寄ったマクロ写真を撮ることができます。

ユーザーが特に意識する必要はなく,近づくとオートで超広角レンズに切り替わり,マクロ撮影が可能になります。

フォトグラススタイル

カメラは大幅に強化。

肌のトーンを変えずに背景のコントラストを調整できるフォトグラフスタイルは,起動時に画面上のアイコンからパターンを呼び出せます。


ナイトモード

ライトのない,かなりの暗闇で撮影しましたが,ご覧の通り

3眼全てで撮影可能なナイトモード。どんなに暗い中でもきれいな写真を撮ることができます。

ナイトモードで撮影の場合,AIが処理するのに数秒は要するため,完了の合図があるまではカメラを固定しておく必要があります。

シネマティックモード

背景ボケの動画撮影ができるようになったのですが,さらにここからがすごい。

フォーカスされているメイン人物の顔の向きから次の被写体をAIが判断し,ピントを自動で移動することができます。

日頃から動画撮影を楽しんでいる方には,興味深い機能。

iPhone13にいくつかのバグ(BUG)発生を確認

  1. Pro Motion(可変120Hz)がサードパーティ製のゲームやアプリで作動しないようです。120Hzになるとかなりなめらかな動きを実現できます。
  2. Apple Watchを装着時,マスクをしたままiPhoneのロック解除ができるんですが,できない。地味に痛い。
AppleWatchを正常運用していても,このメッセージが出て設定できません。

この程度は,初期ロットや新システムに見られる,よくあるバグの類(たぐい)。OSのバージョンアップで修正可能だと思いますが,2番めのAppleWatchでのロック解除,すぐにでも修正して欲しいです。

iPhone13シリーズは購入すべきか?

さて,iPhone12 miniからiPhone13 Proへサイズ変更してまる2日。

納得して購入したつもりですが,サイズごとのメリット・デメリットはやはり存在します

大きなデメリットというか,miniから変更して感じるのは,iPhone12miniがいかに軽量でコンパクトだったか,そしてiPhone13 Proはやっぱり重かったということです。

しかし,画面の大きさ,バッテリー持ちの良さ,3眼カメラなど,やっぱり魅力満載です。そこで,

でじまろブログ的に,iPhone13シリーズの購入をおすすめるかというと,YESでありNOでもあります

私のようにサイズを小から大へ,大から小へなどサイズ変更を考えているなら,どのシリーズからでも購入をおすすめです。

使い勝手が変わるので,デザイン変更と同じくらいの新鮮味があります。

ただし,『iPhone12ProからiPhone13Proへ』『iPhone11からiPhone13』へなど,大きなサイズを変更しないのであれば,今年は見送るのもあり

デザインの劇的な変更もありませんし。カメラ以外の目を引くような機能の追加はありません。

もちろん,シネマティックモードや光学3倍ズームを是非とも手に入れたい,なんて方は購入しても満足感が得られると思います。

大切なのは,広告やPR動画に流されず,自分の目的をしっかり考えて購入することでしょう。

楽天モバイルでiPhone13を見てみる




純正のレザーケース,シリコンケースともに上質な製品,そしてともに高価格帯。


MagSafe対応,純正レザーウォレットのレビューもあります。


貼り付けかんたん失敗しないiPhone13 Pro用Spigen FZ Fit ガラスフィルムはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる