iPhone15にカメラレンズ保護カバーは必要?その購入理由は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
iPhone15にレンズ保護カバーは必要?その購入理由は?

iPhoneを購入したら、まず、ケースと保護フィルムを購入する方が多いと思いますが、カメラレンズについては保護カバーが必要なのかどうか悩みますよね?

iPhone15に使われているのは超高硬度のサファイアクリスタルという人工ガラス。

サファイアクリスタルは、高級時計などにも使われている素材で、地球上でダイヤモンドに次ぐめちゃくちゃ硬い素材。

保護するという観点では、そこまで必要ないと思います。

私も、これまで全く気にしていませんでした。

ところが、iPhoneのカメラレンズって凹凸が激しくProやProMaxに至っては3つのレンズがひしめき合っています。

そのせいで、隙間にホコリがたまるんです!

リセールのときに掃除が大変なんです!

実際iPhone14 ProMaxのリセール時、カメラレンズ周りのホコリは取るのが難しく、嫌気が差しました。

市販されているレンズカバーには、レンズ周りのみを保護するものとレンズまでカバーしてくれるものがありますが、購入したのは、一体型カメラレンズ保護カバー。

早速、購入したレンズ保護カバーを紹介していきます。

目次

AUNEOS カメラレンズカバー iPhone15 Pro /iPhone15Pro Max 用

AUNEOS カメラフィルムカバー iPhone15 Pro /iPhone15Pro Max 用。

レンズのサイズ、配置は、iPhone15Pro、ProMax同じなんですね。

中身は、うれしい2枚セット。

素材は、アルミフレームと強化ガラス。

ホコリが詰まらなければOKなんですが、アルミ合金だと見た目もカッコいい。

3眼レンズに遮光用の黒リング加工がされていて、撮影時の露出オー バーを効果的に防止してくれます。

写真や動画の白飛びの心配がないのはうれしい。

iPhone15 ProMaxに装着

まずクリーニングキットでホコリ取り。

ウエットシート→ドライクロス→ホコリ取りシールの順で。

レンズと保護カバーの間にホコリが入ると面倒なので、念入りにやっていきましょう。

クリーニングが終わったら、貼り付け。

しっかり押さえつけます。

ブラックのアルミフレームがめちゃくちゃカッコいい。

装着感

正面からの違和感はなし。

側面からアップで見ると貼り付けた感はありますが、実際の見た目は気にならない仕上がり。

レンズカバーの取り付けはかんたん、液晶保護フィルムより貼りやすい。

純正ケースに入れてみた

レンズ周りの立ち上がりが低い、純正シリコーンケースを装着。

カバーのレンズ部分は、0.2mmとかなり薄いのでケースの立ち上がりから飛び出すようなことはありません。

NIMASOのレンズカバー

iPhone15を手に入れて最初に購入したのはガラスフィルムメーカーでおなじみのNIMASOの製品。

悪くはなかったのですが、指紋が目立ちすぎて使用をやめました。

レンズと周囲の高さがフラットになるのでホコリが詰まらないのは優秀ですが、クリアタイプは取り付けた感が出てしまうので人を選びます。

製品のクオリティは高いです。

こちらも硬度H9の強化ガラスで衝撃には強い素材。露出オーバー防止用に黒縁も装備。

結局カメラレンズカバーは必要なのか?

今回レンズカバーを購入して、かなり気に入ってます。

やはり保護性能うんぬんよりも、隙間にホコリが入らない安心感。

これで本体撮影のときも、レンズカバーを取り外せば、キレイな状態で撮影できます。

もちろんリセールのときも、隙間の掃除をがんばらなくてもOK。

今回のAUNEOS カメラフィルムカバー iPhone15 Pro /iPhone15Pro Max 用が気になった方は製品ページをチェックしてみてください。

iPhone15用液晶保護ガラスフィルムは、TORRAS製が取付簡単でベストチョイス。

iPhone15のおすすめアクセサリー特集記事はこちらから。

iPhone15にレンズ保護カバーは必要?その購入理由は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次