Mac Book Air&Pro Macブラック化計画

【レビュー】Mac用メカニカルキーボードKeychron K2をAmazonで購入していけない理由

今回ご紹介するのはKeychron K2 v2キーボードです。

K2は製品名,v2はバージョン2を表しています。

Mac用のメカニカルキーボードを探してました。

Windowsには多くのメカニカルキーボードが販売されていますが,Mac用は数も少なく「これだ!」という製品を見つけ出せずにいました。

マニアックなMacユーザーが愛用するHHKB(静電容量無接点方式)はずっと惹かれていましたが,キー配列の特殊性というかUS配列のカーソルキーがとても妥協できるような操作方法ではないので購入に至りませんでした。

キー配列が違うと,MacBook本体と外付キーボード両方の配列を使い分けなければいけません。

現実的ではないのです。

日本語配列なら割と使いやすいらしいのですが,長年US配列を使い続けてることや,現在のMacBook ProがUS配列のため統一したほうがタイプミスも減らすことができます。

色々物色した結果,Keychronからメカニカルキーボードが発売されていること知りました。

現在バージョンの違いなども含めると12種類のキーボードが発売されていますが,私がチョイスしたのは,このKeychron K2v2。

K2を選んだ理由

・メカニカルキーボードを触りたい!
・Mac用のUSキーボード配列
・テンキーレスでコンパクトなモデル
・カーソルキーが独立していること(※)
・ファンクションキーが欲しい
・なるべくなら,うるさい青軸以外を選びたい

・バージョン2はBluetooth5.1への対応,下部フレームの2段階傾斜ユニット,CapsLockにライトを追加

※本当はHHKBを狙っていましたが,US配列はカーソルキーが複合キーを使わなければ打てないため,このK2が選択肢になりました。



Keychron K2 製品開封

早速注文しましたが,香港からの発送。

10日経っても連絡がなかったため,こちらから連絡して要約発送。

なんでも送料の支払いが済んでいることがわからなかったとか。

こういうとき英語でのやり取り面倒くさいですね。

DHLにてようやく到着。

DHLって民間の宅配会社で,郵便とか船便より断然速いですが送料もちょっと高め。

今回20$(日本円で約2,180円)でした。

海外への発送でもたまに使いますが,郵便よりも早く,そして確実,安心感はあります。


箱は黒で統一されて,いい感じです。


中身を紹介します。

キーボード本体・キーキャップ(Windows用)・キー取り外し工具・充電or有線接続ケーブル・説明書 以上です。


Keychron K2 v2製品詳細

K2は,キースイッチ,フレーム,バックライトをカスタマイズできます。

RGBバックライト18パターン
システムWindows / Android / Mac / iOS
バッテリー4000mAh
ワイヤレス駆動時間バックライトOFF 最大240時間
単一のLED 最大68時間
RGB LED 最大72時間
充電時間約3時間
接続Bluetoothおよび有線Type-Cケーブル
Bluetoothバージョン:5.1
キーの数84キー
スイッチGateron青/赤/茶色
サイズ(アルミフレーム)317 x 129mm 約794g 

キースイッチは青がしっかりした重めのクリック感で一番メカニカルな音です。

高音で打鍵音が鳴り響きます。

赤は音を押さえたモデルで,クリック感も浅く少なめ。

茶色はその中間で一番バランスが取れたモデル。

フレームはアルミとプラスティックから。好みですね。

アルミは重くて安定してますが,当然持ち運びに向きません。

私はRGBを選びましたが,ワイヤレスでの運用なら単色でも良いかと思います。10ドル(1,000円前後)の価格差があります。



背面は,ゴムパッドが4箇所,2段階の角度調整が可能な折りたたみ脚。


本体左側面。

1.USB-C充電用&有線接続用ポート
2.WindowsとMacOS/iOSの切替スイッチ
3.BT(Bluetooth) or OFF or Cable(有線) 接続状態の切替スイッチ

パソコンとの接続はfnキー+1キーを4秒間推し続けることでペアリングモード。

その他,発光ON/OFF,省電力モード,バックライトエフェクト,マルチメディアキーの切替など,すべてキーボード上で設定可能です。

アプリを利用してキーのリマップも可能。


今回のキーボードはアルミフレームでRGB仕様。

いろんなカラーや光の法則で楽しむことができます。

プリセットでなんと18パターン!

ただ無線で光らせるとバッテリーがもちません。

RGBモードで72時間,約3日間のみしか使用できません。

バックライトOFFなら240時間使用可能。

RGBは有線接続時のみの機能ってことでいいんじゃないでしょうか。


キーキャップの交換はとてもかんたん。
付属の工具ではさんで引っ張るだけ。


Magic Keybordと比較

しばらく使ってきたMagicKeybord テンキー付き(UKモデル)と比較。
コンパクトですが,重量と厚みは結構びっくりしました。


かなりの厚み。パームレストが必須ですね。



アルミフレームだと本体のみで785gかなり重いですね。据え置きなら安定していい感じです。


コレくらいの高さがあるパームレスト(高さ19mm)ならタイピングに影響はありません。

公式でも販売されてますが,Amazonでも購入できますのお好きなものを選んでください。

Keychron K2 v2キーボードは買いか?

おすすめ度 ★★★☆☆
価格    ★★★★☆
キータッチ ★★★☆☆
機能性   ★★★★☆

この製品は,万人にはおすすめできませんが,メカニカルに触れたい方や,MacでUS配列をお探しの方は「買い」です。

ちゃんとしたメカニカルでこの価格帯はなかなかリーズナブルだと思います。

カスタマイズについて

バックライトの選択

  • 白単色バックライト
  • RGBバックライト
  • RGBバックライト+アルミフレーム

ワイヤレスでの使用がメインなら電力消費の高いRGBモデルは選ぶ必要はありません。

なぜなら,RGBを楽しもうとバックライトをONの状態で使用するとキーボードのバッテリーがすぐに切れます(約3日)

RGB仕様を購入した私もバックライトは常にOFFにしてます(OFFなら240時間使用可能で圧倒的)

価格はRGB仕様でプラス10ドル,アルミフレームでさらに10ドル。

アルミフレームが欲しい方はRGB仕様を購入するしかないのですが,かなり重くなるのでよく考えて選びましょう。

白単色バックライト仕様が一番安くておすすめです。


キースイッチ

  • 青軸:クリック感しっかり,音も大きい,ストロークも深いです。これぞメカニカルというキースイッチ。
    打鍵音が激しい為,マイクを使うテレワークなどには向かないです。
  • 茶軸:クリック感,打鍵音などすべて青軸と赤軸の中間。迷ったらこれでOKです。
  • 赤軸:音は一番小さく,ストロークも浅いため,素早いキータッチが可能です。
    注意点として,音が抑えられてるとはいえ,無音ではありません。





それからアルミフレームはRGBでしか選べない仕様ですが,キーボードの持ち運びを考えているなら,かなりの重さになるのでおすすめしません。

アルミにすると割とどっしりした重量を感じるので,安定感は増します。

キースイッチは好みですね。メカニカルな青軸に憧れるけど音が心配。

そういう方は茶軸ですね。

とにかく打鍵音を抑えたい方,深いストロークは苦手な方は赤軸。

それでも静音ではありません,ご注意を。

K2購入は公式ページからが一番オトクです

今回紹介のKeychron K2 v2は公式ホームページから購入可能です。

サポートは英語のみですが対応はしっかりしていました。

翻訳アプリでやり取り可能ですし,Gmailなら自動翻訳機能を使うことも可能です。

ただし,購入にはPaypalアカウントが必要です。

海外サイトではPaypal払いはよく見ますが,クレジットカード番号を直接入力するより安全なので,これを機に登録しておくのもありです。

Amazonでの購入は可能ですが,価格が高すぎるのでおすすめできません。

Amazonに出品されているKeychronの製品は28,000円くらいです。

その金額なら,HHKBすら手が届く金額です。

公式ページなら国際便送料込でも10,000円台で購入可能です。

上記ボタンからKeychronのキーボードが10%オフのコードが受け取れます。

購入はこちらのKeychron公式ページから

以上「Mac用メカニカルキーボードKeychron K2をAmazonで購入していけない理由」でした。



Amazonで買うならこちらがおすすめ。
AKEEYO NiZ メカニカルより上位の静電容量無接点方式でこの価格はグッド。


追加情報:Keychron K1が正式に日本国内販売開始されました

2021年3月,Keychron K1 v4が日本の代理店kopekさんから販売されることになりました。

K1は薄型メカニカルキーボードで,テンキーレスとテンキー付きがあります。

海外から直接購入するより5,000円程度割高ですが,配送や保証で,英語でのサポートとのやり取りの煩わしさなどを考えれば,十分妥当な金額だと思います。

もともと日本での無線使用の認可を受けて技適マークを取得しているK1,さらに日本語配列も販売されて国内ユーザーも増えそうです。

気になる方はホームページを覗いてみてください。

kopek 公式サイト: https://kopek.jp/products/keychron-k1-jp/


-Mac Book Air&Pro, Macブラック化計画
-,

© 2020 デジまろブログ