kksmartの2KモバイルモニターがSwitch,MacBook,iPhoneにおすすめ

はじめてのモバイルモニターがヒドすぎて,1か月に2台も購入してしまった管理人のでじまろ(@digimalog)です。

最初の製品は,充電端子がmicroUSBだったり,映像出力がmini HDMI端子のみだったりと,よく調べなかった自分のせいなのですが,散々な結果でした。

モバイルモニターは,うまく利用すれば様々なシーンで活躍してくれるアイテム。

Switchを大画面でプレーしたり,スマホやカメラの動画の拡大に使ったり,そしてパソコンの画面のミラーリングにも使えます

今回紹介のkksmartモバイルモニターは,前回の購入の失敗から学び,自分なりに納得できた製品。

とはいえ,残念ポイントもありますのであわせてレビューしていきます。

目次

KKsmart 2K モバイルモニター スペック

メーカーkksmart
ディスプレイ・13.3インチ
・ノングレア
・IPSパネル
解像度・2560 x 1600
・2K WQXGA
視野角水平178°垂直178°
画像比率16:10
コントラスト比1,500:1
表示色域1000%sRGB
輝度400ニト
周波数(H/V)60Hz
応答速度5 m/s
スピーカー内蔵式
その他機能ブルーライト低減
HDR対応
FreeSync対応
保護カバー付き
サイズ29.5×20.9×0.4-0.9cm
重さ383g
※FreeSyncとは

ゲームなどのフレームレートとモニターのリフレッシュレートとの食い違いでテアリング(画像の崩れ)やスタッタリング(映像のもたつき)といった現象が起きることがあります。特にアクション系やFPSなど動きの激しいゲームで発生すると操作の遅れや視認性に影響します。FreeSyncとは,それらを解消する技術のこと。

kksmart 開封・外観

同梱品

  • ディスプレイ本体
  • マグネット式カバースタンド
  • HDMI – mini HDMIケーブル
  • USB-C to C 映像+信号転送ケーブル
  • USB-A to C 充電ケーブル
  • USB充電器
  • 説明書等

手持ちのほとんどが充電専用かデータ転送用のケーブルなので,映像用のUSB-Cケーブルはありがたい。

特に買い足さなくても,このままノートパソコンやSwitchのモニターとしてすぐに使えます

実測では392g(公式383g)。軽い!

フレームは4mm幅で,なかなkスタイリッシュ。

マグネット式のケーススタンドと持ち歩くと632g

背面は特に何もなし。

サイドから見るとかなりの薄さ。

薄いところが4mm,ポート類のあるところが9mm。

右側面のポートは,電源ボタン,操作ダイヤル,3.5mmイヤホンジャック

左側面には接続ポート類。

mini IDMI端子,USB-C端子× 2。

2箇所のUSB-C端子はどちらも給電+映像信号に対応

底面には両端にゴム足。

保護カバー&スタンド

保護カバー&スタンドは樹脂製,内側はメッシュ調に加工されていて本体を保護。

ちょうど,背面のくぼみに収まる感じでディスプレイを保護してくれます。

磁力は弱めなので,すぐ外れるのが難点。

磁力が弱いのと,カバー自体の可動域が少ないので,角度調整はあまりできない。

一度立てると,安定はしています。

カバーを折り曲げずに使ったほうが,角度調整しやすい。

MacBook Proに接続してみる

USB-Cケーブル1本で,給電しながら映像信号が送れるので,接続がめちゃくちゃ簡単。

コワーキングスペースやカフェでもデュアルディスプレイ環境がすぐに構築できます。

もちろん自宅やオフィスでも。

2K画質なので,MacBook Proの高精細Retinaディスプレイと並べても見劣りすること無く使えるのもグッド。

iPadでもできますが,10万円以上もする12.9インチ買うより,1万円台で買える13.3インチのモバイルモニターの費用対効果は高い。

Macのシステム環境設定>ディスプレイの項目から,ミラーリング形態や解像度などの設定が可能。

Switchとつなぐ

SwitchやPS5と接続したいと考える人も多いはず。

USB-C接続の場合,接続はシンプル,Switch本体も充電OK。

HDMI接続でSwitch本体にも給電するには,Switch用のハブやドックを使用。

純正ドックは持ち歩きには適さないので,サードパーティー製のドックがあると便利。

HDMI接続の例。

モニターにもSwitchにも電力供給が必要になりますが,その場合多ポートUSB充電器とSwitch用ドックがあると便利。

基本はUSB-C接続が簡単でいいですが,このセットで持ち歩くと旅行先のホテルのテレビへの接続も可能になります。

ボクはUSB充電器は100Wのものを使ってますが,モニター側に12W,Switch側に30W供給できる充電器なら問題なし。

Switchをどこでも大画面で楽しめます。

ゲーム画面は気持ち縦ノビするので,気にする人もいるかも。

スピーカーの音は,そこそこといった感じ。

Switch本体と比べると,少し落ち着いた感じの音色ですが,さほど変わらい印象。

iPhoneにつなぐ

でじまろ

iPhoneで撮影した写真や動画を大きくして,みんなに見せたい

とか

でじまろ

画像を拡大して仕上がりをチェックしたい

という時もモバイルモニターは活躍してくれます。

iPhoneの場合,Lightning端子しかないので,変換アダプタが必須

iPhoneはもちろんAndroidの画面をミラーリングすることも可能。

外出先なら,電源はモバイルバッテリーを使うとどこでも使えます。

kksmart 2K モバイルモニターは万能ガジェット

おすすめポイント
残念ポイント
  • 軽量で薄型,モバイルに特化したモニター
  • カバー&スタンド付き
  • 高精細2K表示でMacBookのサブディスプレイもこなせる
  • 電源&映像用USB-Cケーブル1本での運用もできる
  • ノングレア/非光沢で反射が少ない
  • 保護カバーのマグネットが弱い
  • HDMIケーブルは最後に接続しないと反応しないときがある
  • 付属のケーブルがどれも硬い

kksmartのモバイルモニターを使用して1か月が過ぎようとしてますが,個人的には大満足。

残念ポイントではないですが,スタンドはあくまで自立させるためのものなので,高さ調整ができません

テーブルで使うなら別途スタンドを用意したほうが断然見やすいです。

今回,紹介したのは2Kの13.3インチ,少しでも大きいほうがいいのなら15.6インチもおすすめですが,13.3インチの方が性能と価格とのバランスはいいです。

自分のスタイルに合わせてサイズを選びましょう。

以上,『kksmartの2KモバイルモニターがSwitch,MacBook,iPhoneにおすすめ』でした。


kksmartの2KモバイルモニターがSwitch,MacBook,iPhoneにおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次