【レビュー】ロジクール KX850CL MX メカニカルキーボード MINIがMacBookに最高!

パソコンデスクに置くだけでテンションが上がるMacBookに似合うキーボードが欲しい!

と感じて物色している方も多いのではないでしょうか?

当ブログの管理人でじまろも,これまで,純正品からパンタフライ,メンブレン,メカニカルなどいろんな外部キーボードを使ってきました。

Apple謹製の薄型Magicキーボードでもいいのですが,やはりしっかりした打鍵感が一番。

そこでロジクールから発売されたKX850CL MX メカニカルキーボード MINIを入手。

結果,非常に満足しています。

ただし,すべてが理想のキーボードというわけではなく,残念な部分もありましたので併せてレビューしていきます。

目次

ロジクール KX850CL MX メカニカルキーボード MINIを購入したわけ

今回の購入動機は以下のとおり

  1. 打鍵感が欲しい(メカニカル)
  2. テンキーレス
  3. ブラック系
  4. Mac用US配列
  5. バッテリー持ちがいい

まず,前提として純正Magicキーボードのテンキーレスはスペースグレイがありません

もし発売されていたなら,純正を使っていたかも。

キートップが白の純正キーボードは,ダークカラーで統一したデスクに合わないんです。

US配列については,シンプルにかっこいいというのもありますが,長い間MacBookを購入するときはUS配列だったため,一番使いやすいからというのが理由。

Mac用のキーボードはほんとに種類が少ないので,探すのも一苦労です。

購入動機の最後のバッテリー持ち問題は,今回もっとも大きな理由。

これまで海外製のKeychron K2というメカニカルキーボードを使っていたのですが,とにかくバッテリー持ちが悪いのとスリープからの復帰が遅いのがネック

安定のロジクールならクリアしてくれるはずと製品ページを見ると,バックライトOFFで最長10ヶ月。

大きな問題はUS配列を手に入れる方法は個人輸入のみ。

日本語配列なら,問題なし。

Macバージョンでました。

現在茶軸しか選べないしUSBドングルも無しですが、Mac専用なのでキートップも統一されていてグッドな一台。

製品スペック

同梱品

  • KX850CL本体
  • Logi Boltケーブル
  • USB-A to C充電ケーブル
  • 保証書など

技術仕様

  • BluetoothまたはLogi Bolt経由で接続
  • Easy-switch: 最大3台のデバイス切替
  • 手が近づくとセンサーで起動するバックライト
  • 周辺光を自動調節するセンサー
  • 10mのワイヤレス動作可能範囲 
  • USB-C充電式: 最長15日、またはバックライトがオフの状態で最長10ヵ月*
    *バッテリー寿命は使用状況により変化
  • ON/OFF電源スイッチ
  • Caps lockとバッテリーインジケーター
  • Logicool Flow対応マウスとの互換性
  • MX MechanicalはMXパームレストに対応
  • 電池: 充電式リチウムポリマー電池(1500mAh)
  • オプション ソフトウェア: Logi Options+およびLogicool Flow
  • 注意: FileVaultがmacOSパソコン上で有効化されている場合、Bluetoothに接続時、開始時/起動時にパスワードを入力できない可能性あり。この場合、Logi Bolt USBレシーバーを使用。
互換性
  • Logi Bolt USBレシーバー
    • USB-Aポートが必要
    • Windows 10、11以降
    • macOS 10.15以降
    • Linux 
    • Chrome OS™ 

保証情報

2年間無償保証

本体サイズ

MX MECHANICAL MINI
  • 高さ: 26.10mm(キーキャップを含む)
  • : 312.60mm
  • 奥行き: 131.55mm
  • 重量: 612g
Logi Boltレシーバー
  • 高さ: 18.4mm
  • : 14.4mm
  • 奥行き: 6.6mm
  • 重量: 2g

外観

さらっとしたキートップの質感は非常に高い。アルミニウムのボディ剛性も文句なし。

いちばん右側のHOME, END,など,Enterキーより右側のキーがなければという口コミもありますが,これまで愛用していたKeychron K2もほぼ同じ配列なので,個人的には問題なし。

底面には製品仕様と角度調整用スタンド。

キーボードに向かって右奥に電源スイッチとUSB-C充電ポート。

薄型(ロープロファイル)のメカニカル,横から見たキートップが浮いている感じは結構好き。

手で覆うだけで,バックライトが点灯します。

便利ですが,バッテリー持続が最長15日とかなり短くなることと,暗闇で作業することもないのでオフにして使っています。

選べるメカニカルの種類

今回赤軸を購入したのですが,青軸,茶軸も選択可能。

  • 赤軸(リニア):打鍵音が少なく,軽い押し込みで反応。音を抑えたければコレ。
  • 青軸(クリッキー):カチカチという本来のメカニカル音を楽しみたい人向け。しっかりした打鍵感。
  • 茶軸(タクティカルクワイエット):赤と青の中間。ほどよい打鍵感と打鍵音。迷ったらコレ。

メカニカルのキートップは,専用工具あれば簡単に取り外せるので,掃除や交換も簡単。

メカニカルらしい音と打鍵感がほしいなら青軸。

購入してみて,赤軸も実用的でいいのですが,茶軸にしておけばよかったとちょっと後悔。

打鍵感もまあまあ,音もそれなりという茶軸。

Keychron K2,Satechi X1キーボードと比較

使っていて一番テンションが上がるのはやはりKeychron K2。

ただし,スリープからの復帰の遅さ,バッテリー切れの早さなどの不満から開放されたくて使っていたのは,薄型スリムのSatechi スリム X1キーボード。

そしてメカニカルながらバッテリー持ちの良さ,スリープからの高速復帰など実用性も兼ね備えたのがロジクール KX850CL。

Keychron K2の記事とSatechi X1キーボードのレビューもあります。

本来のメカニカルとロープロファイルのKX850CLとはストロークの深さがかなり違います。

音を許せるのなら,ロープロは青軸が楽しいかも。

MacBook Pro 14インチと比較

実際に使うと,キーピッチが狭い気がするのがちょっとネック。

⌘キーは多用するのですが,左右ともに小さめなのもちょっと不満です。

日本語配列なら,もともと⌘キーは大きくないし,スペースキーとの間に英数変換キーが入るので,そこまで気にならないかもしれません。

もしMac専用が出たらもう少し使いやすいサイズにしてくれるはず。

問題の⌘コマンドキー(WindowsのAltと共有)。

MX MECHANICAL MINI For Macが発売されれば,間違いなく大きくなるはず。。。期待値は薄いですが。

左手デバイス『TourBox Elite』,愛用マウスMX Master 3 for Macとの相性も問題なし。

高さが合わないとデバイス間の移動が面倒になります。

最新アプリLogi Options β版

ロジクールのデバイスを一括管理できるLogi Optionsが新しくなりました。

ファームウェアの更新情報も表示してくれるのはありがたい。

アプリケーションごとに16個のキーカスタマイズが可能。

アプリケーション以外にキーアクションも変更可能。

これが地味に便利。

日頃からEnterキーより右側のキー(home, end. pg up, pg dn)は使わないのですが、そのせいで、不意に押されてしまうこともあり結構ストレス。

『何もしない』を選べるので無効化できるのがかなりうれしい。

センサー式のバックライトは,キーボードとアプリの両方でON/OFF。

キーを押したときの光の効果についても,設定可能。

F1,F2,F3が登録機器の切替。

Bluetooth接続のペアリングが済んでいる機器は,このキーを使って切り替えます。

KX850CLの詳細な設定の他,工場出荷時の初期状態にリセットすることもできます。



ロジクール KX850CLはおすすめできるか?

おすすめポイント
残念ポイント
  • Mac対応のメカニカルキーボード
  • 最長10ヶ月のロングライフバッテリー
  • 手を近づけると光るセンサー式バックライト付き
  • スリープからの立ち上がりの良さと使いやすさ
  • カスタマイズ可能な対応アプリ
  • 希少なテンキーレス&スペースグレイの製品
  • US配列は故事輸入
  • ⌘コマンドキーが小さい

個人的に愛用品になること間違い無しのキーボード。

一般的なメカニカルではなくスリムなロープロファイルの利点は3.2mmの短いキーストローク。

タイピングの際の指の負荷が比較的小さいのが強み。

さらに現実的なロングライフバッテリーとスリープからの高速復帰は,日々のストレスを抑えてくれます。

ただし,メカニカルキーボードとはいえ,ロープロファイルなので深いストロークでしっかりとした打鍵感が欲しいなら要検討。

一度店頭で,製品を触ってから購入を考えましょう。

管理人のようにパンタグラフやシザー式のようなスリムキーボードでは物足りなく,テンキーレスキーボードが欲しい方にはかなりおすすめ。

Mac専用もあります。ホワイトとグラファイトの2色展開。

メカニカルにこだわらなければ,ロジクール製のMX Keys Miniも打ち心地も操作性も優秀でかなりのおすすめです。

フルサイズですが,MX Keys For Macのレビューもあります。

【レビュー】ロジクール KX850CL MX メカニカルキーボード MINIが最高!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次