【レビュー】多機能折りたたみラップトップデスクは簡易スタンディングデスクに使える!

当ページのリンクには広告が含まれています。
iSwift Piはおすすめの簡易スタンディングデスク!快適すぎ!

みなさんは,眠気や気だるさで,デスクワークの作業効率が落ちることはありませんか?

私は昼食後に眠気が襲ってくると,効率が落ちるどころか,しばらく動けません(笑)

そんなとき,場所や体勢を変えて,例えばスタンディングで仕事をすることができれば,眠気でモヤッとした頭の中をリフレッシュすることができます。

Bさん

わかってはいるけど,自動昇降デスクは高価すぎて導入は難しい

安心してください,もっと価格を抑えてもっと幅広い作業環境を手に入れることができます。

今回紹介する製品『多機能折りたたみラップトップデスク』は,ソファでミニテーブルとして,タブレットのスタンドとして,さらに簡易スタンディングデスクとしてマルチに活用させることができます。

目次

製品詳細

メーカーXPSSJMU
製品名多機能折りたたみラップトップデスク
サイズ収納時:‎45 x 25 x 1 cm
重さ約1.04kg
デスクモード(高さ)19cm または 22cm
スタンドモード(角度)75度、70度、60度
2段のストッパー位置で調整すると6段階
耐荷重22Kg



多機能折りたたみラップトップデスクの使い方

多機能折りたたみラップトップデスクは大きく分けてスタンドとデスク,2つの機能があります

さらに角度,高さをそれぞれ調整することができるので紹介していきます。

1.スタンドモード

内部にはマグネットが仕込まれていて各モードでピタッと固定することができます。
まず1段階(70度)

第2段階(60度)

第3段階(75度)

可変は3段階ですが,機器を固定するストッパーの位置を変更することで6段階の使い方が可能

ノートパソコンやタブレットの固定は台座のストッパーを使います。

MacBook Airを載せてみました。

キーボードに角度がついて疲れにくい姿勢が保てます。

iPad Pro 12.9インチを低位置で固定。

お絵かきモードには申し分ない角度と安定性。

2段のストッパーと3段階の可変で自分だけの位置取りを見つけることができるカスタマイズ性の高さも魅力。

2.デスクモード

デスクモードは,高さ調整ができます。

こちらは22cm。


3cm低い19cm。

高さの微調整だけでなく,こちらのモードは中央に支点が増えるので重量物を載せるのに向いてます(耐荷重22Kg)


このモードの本命は,なんといってもスタンディングデスクとして機能させること。

これなら,昇降デスクを導入しなくても十分使えます。

なにより,キーボードとマウスを一緒に載せられるので,Macのクラムシェルモード(PCを閉じたまま外部ディスプレイを使って作業する方法)中でも,スタンディングで作業できます。

すでに発売されている同じような製品MOFT Z(右側)と比較。


MOFT Zも優れた製品ですが,キーボード&マウスで作業できる多機能折りたたみラップトップデスク。

MacBook 13インチとマウスの組み合わせも可能です。

ソファの上で作業するのも気分転換に◎

軽い・薄いで持ち運びもらくらく

折りたたむと,厚さわずか1.0cm。

バックパックに収めてオフィスや出先で使用するのもアリ。

簡易スタンディングデスク&ノートPCスタンドの決定版

メリット
デメリット
  • 簡易スタンディングデスクとして使える
  • iPadスタンドして使える
  • ローテーブルとして使える
  • 使わない時は折りたためる
  • あくまでも簡易タイプ

現在は自動昇降デスクを手に入れましたが、相変わらずリビングで活躍してくれています。

多機能折りたたみラップトップデスクは低コストでスタンディングデスクを導入したい方,自宅は昇降デスクで職場にも同じ環境を構築したい方などなどいろんな方々におすすめです。

iSwift Piはおすすめの簡易スタンディングデスク!快適すぎ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次