【レビュー】SanDisk 外付けSSDは高速・高耐久・コンパクトでMac&Winにおすすめ

ブロガーをやっていると,動画や写真でMacBookの容量はすぐに満杯。

その状態を避けるためにも外付けのSSDの導入は必須。

しかも大きなファイルのやり取りするために,読み書きが高速なことはとても重要な要素。

今回紹介のSanDisk Extreme ポータブルSSDは読み書きが高速なことはもちろん,防塵・防滴仕様で軽量コンパクトなボディを持つ魅力的な製品

これまでは,性能を重視して自作SSDを使っていましたが,「製品保証5年間」に釣られてしまいました。

購入した『SanDisk Extreme E61』を実際に使用してますが,かなり気に入ってます。

早速レビューしていきます。

目次

SanDisk Extreme E61 GH スペック

製品概要

  • ブランド:SanDisk
  • シリーズ:SDSSDE61
  • 最大読み出し:1050MB/秒
  • 最大書き込み:1000MB/秒
  • 接続:USB3.2 Gen2
  • 対応デバイス:Win, Macほか
  • サイズ:52.5 x 100.8 x 9.6mm
  • 重さ:52g
  • 容量:500GB/ 1TB/ 2TB/ 4TB
  • 特徴:防塵・防滴 IP55
  • 耐衝撃:2mの高さからの落下にも対応
  • 内包品:SSD本体,説明書,USB C to C, USB-A変換アダプタ
  • 保証:5年間

ラインナップによる違い(GHシリーズ)

製品名Extreme Pro E81Extreme E61Extreme E30
最大読出速度2000MB/秒1050MB/秒520MB/秒
最大書込速度2000MB/秒1000MB/秒
USBUSB3.2Gen2×2USB3.2Gen2USB3.2Gen2
サイズ(mm)57.8* 110.8* 10.352.5* 100.8* 9.646.9* 96.9 * 9.9
重さ77.5gg52g40g
防塵・防滴IP55IP55
暗号ロック
容量1TB/2TB/4TB500TB/
1TB/2TB/4RB
480GB/
1TB/2TB
価格(税込)26,295円〜11,907円〜9,989円〜
※暗号ソフト『SecureAccess』はMacのAPFSドライブではインストール不可。残念。

SanDiskのエクストリーム ポータブルSSDのラインナップの中から,今回購入したのは,Extreme E61 GHシリーズ。

選んだ理由は,性能的にも価格的にも,コスパが良かったから。

最上位のExtreme Pro E81も魅力的な性能ですが,ボクが扱うのは動画よりも静止画(写真)が多いので中間のExtreme E61でも十分な性能だと考えました。

SanDisk エクストリーム ポータブルSSD外観

全体を覆うマットなシリコン系の外装は,ほかのガジェットと干渉しても傷つけないので非常に扱いやすい。

前面のメッシュ部分のみ硬質プラスチック製。

カラビナを取り付ければ,バッグにぶら下げることもできますが,怖い(笑)

背面は,製品仕様。容量も記載してあります。

底面にはUSB-Cの接続端子のみ。

ポータブルSSDは電源要らずで接続可能。

製品サイズ

1センチを切る9.6ミリの薄いボディ。

全長約10cm,横幅約5cmはほんとにコンパクト。

ちょっとしたスペースに放り込める。

カタログ値は52gですが,実測57gでした。

自作SSDやコンパクトSSD RAOYIと比較

外付けSSDはたくさん持っているのですが,比較してわかりやすいものを並べてます。

外付けといえば,一番馴染みがあるのが右端の2.5インチサイズのSSD。

左端は,超コンパクトなRAOYIのポータブルSSD。クレカよりも小さいUSBフラッシュメモリと変わらない大きさ。

左から2番めは爆速M.2 NVMe対応WAVLINK Thunderbolt3接続対応ケース

内部には最大読み出し2,400MB/秒のM.2を組み込んでます。

そんな中,今回購入したSanDisk製ポータブルSSDの一番大きなポイントは保証期間5年というところ。

大切なデータを扱う外付けSSDなので,この製品保証の安心感は大きいです。

ポータブルSSDの関連記事はこちら。

SanDisk エクストリーム ポータブルSSDの使い方

SanDisk エクストリーム ポータブルSSDは,特別な設定は必要ありません。

問題なく使えます。

exFATというフォーマットがすでに適用されているため,Win,Mac,スマートフォンを問わず,特別な設定なしにつなぐだけで使えます

exFATとは

exFATはマイクロソフトによって開発されたフォーマット技術。
これまでのFAT32やNTFSなどはWindows向けに最適化されていますが,macOSなどでも使えるところが大きな違い。
ただし,Mac専用で使うならAPFS(SSDに最適化)かHFS+にフォーマットしたほうが高速なファイル転送が可能。

DiskMark 4.0で検証

デフォルトのexFATフォーマットの場合。

最大読み出し速度1050MB/sには及びませんが,かなり速いです。

フォーマットの種類は,対象を右クリックまたはctrlキー+クリックから「情報を見る」で確認可能。

上の図ではexFATとなっているのがわかります。

Mac専用のAPFSにフォーマットすると読み出し,書き込みともに,さらに速くなりました。

Windowsとのやり取りがないならおすすめ。

SSD,HDDのフォーマット方法

macOSのアプリケーションからユーティリティフォルダを開きます。

フォルダ中にディスクユーティリティがあるので起動すると消去アイコンからフォーマットすることができます。

注意点は,Macの起動ディスクをフォーマットしないように!

必ずExtreme SSDを選択してフォーマットしてください。

APFS(暗号化)は,HDDやSSDを暗号化してパスワード保護する場合選択。

パスワードで解除しないかぎり,ドライブの中身を見られることはないので,機密性が高い文書などには最適です。

安心感のあるSanDisk エクストリーム ポータブルSSD

おすすめポイント
残念ポイント
  • つなぐだけですぐ使える
  • IP55取得。防塵・防滴
  • 最大2メートルからの落下に耐える耐衝撃性能
  • 読み出し1000MB/秒,書き込み1050MB/秒と高速なファイル転送が可能
  • 軽量・コンパクトなボディ
  • 5年の保証期間がすばらしい
  • 自作SSDに比べると割高

今回は,お試しということもあり500GBと容量の少ないモデルを購入しましたが,追加で1TBを購入予定です。

もしポータブルSSDの購入で迷っているなら,SanDiskのエクストリーム ポータブルSSDがおすすめです。

気になった方はECサイトをチェックしてみてください。

SanDisk 外付けSSDは高速・高耐久・コンパクトでMac&Winおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる