M.2規格NVMeの外付けSSDケースはWAVLINK製がThunderbolt3接続でおすすめ!

今回は超高速なWAVLINKのNVMe用外付けSSDケースを紹介します。

UGREENのケースに入れたNVMeの外付けSSDを快適に使っていましたが,また買ってしまいました。

欲しかったので仕方ないですね(汗)

USB-3.1 type-C gen2の規格では 転送速度は1,000MB/sに届かないくらいのスピードで頭打ちです。

それでも,一般的には十分速いスピードです。

しかし,私の持っているNVMeのSSDは読み込みだけ見ても最大 2,400MB/s出るはずなんです。

この性能を引き出すには,もうThunderbolt3対応のケースを使うしかありません。

外付けケースを同月に2つも買うってどうかしてますが,自分で自分を納得させるしか無いですね。


お急ぎの方は目次から「まとめ」へジャンプしてください。

目次

WAVLINK Thunderbolt3接続 NVMe SSDケース開封

メーカーWavlink
接続Thunderbolt 3 40Gbps(最大3,940 MB / s)の最大理論速度
対応SSD2280, 2260
システムWindows/ Mac OS
その他1年保証

Thunderbolt3接続でこの価格はヤバいです。市場価格を破壊してます。
価格はこちらWAVLINK Thunderbolt3接続 NVMe SSDケース

パッケージ内容です

Wavlink Thunderbolt 3 Nvme M.2 SSDケース

  • ケース本体
  • ThunderBlot3ケーブル 50cm
  • アルミ製ヒートシンク
  • プラスマイナスのミニドライバー
  • 収納ケース
  • 説明書

以上です。
Thunderbolt3のケーブルは付いてるっていいですね,単品で買うと結構高価です。
それからヒートシンクもうれしいです。
収納ケースは使いません(笑)

見た目は普通のUSB-Cなので,印字でThunderbolt3とわかるのは地味にありがたいです。

SSD「WDS500G2B0C-EC」をインストール

UGREENのケースからSSDを移します。
SSDの上に貼ってるのはサーマルパッドです。放熱効果を高めるため導入しました。
サーマルパッドは無くても大丈夫です。

溝を合わせて,カチッと音がなるまで押し込みます。

インストールできたら,ネジ止めです。

次はヒートシンクを取り付けます。これが,こもりがちな熱をNVMeケースから逃します。

ヒートシンクの取り付けは,3箇所の黒いピンを押し込んでいきます。ネジは使いません。

フタを閉めたら完成です。右は前日まで使っていたUGREEN社製USB-C gen2のケース。

最後に片側3箇所ずつのネジ止めがあるんですが,微妙なズレがあって,うまくねじ込めなかったです。
この辺は低コストの代償なんでしょうか。
まあ,最終的にしっかりしまってくれれば問題ありません。

ベンチマークテスト

スペック通りの能力があるのでしょうか。
検証してみましょう。

exFATのフォーマット。4GB以上のファイルでもwinとのやり取りが可能で便利な形式です。
通常遅いと言われるフォーマットですが,リード1,656.54MB /sってすごいです。

どれぐらい凄いかというと,一般的な読み込み速度だとHDDは120MB/s。
高速な部類に入るSATA接続のSSDでもMAX 550MB/s。
いかに読み込み速度1,656.54MB /sが凄いことかわかっていただけるでしょうか?


フォーマット形式をexFATからmacOS専用のAPFSに変更してみました。
macに最適化されたフォーマットAPFSだと,とんでもない数値です!
中身はNVMeのSSD「WDS500G2B0C-EC」
最大 2,400MB/sが公式ですが,少しばかり上回ってますね。
すばらしいです!
もし買ってよかったものランキングするなら,これは間違いなく1位ですね。


WAVLINK Thunderbolt3 NVMe SSD ケースは買い?

この価格でNVMeに対応し,しかも超高速なThunderbolt3接続。

動画など大容量のファイルを扱う方なら間違いなく買いです。

ファイル移動が劇的に高速化します。

WAVLINKのNVMe用外付けSSDケースは購入して満足できる製品でした。

良かった点Thunderbolt3のSSDケースは,やはり高性能。
コストパフォーマンスが非常に高い。
イマイチな点ヒートシンクが内蔵されているとはいえやはり,高熱(45℃前後)になるのは心配。
ネジがうまく止まらない箇所があったが,許容範囲。
おすすめ度★★★★★★

今回紹介したケースとWDのSSDです。




売り切れの場合,こちらも同等の性能。おすすめです。

以上,「超高速!Thunderbolt3対応WAVLINKのSSD(=NVMe)ケース」でした。
関連記事はこちらです

あわせて読みたい
外付けSSDはSATAよりも薄くて軽量な超高速NVMe(M.2)がおすすめ 画像や動画を保存するとき,外部ストレージを使っている方も多いのではないでしょうか。私は,外出先で編集作業するときクラウドサービスに頼れないことも想定して,必...
WAVLINKのThunderbolt3ケース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる