スマート加湿器ならSwitchbot製がおすすめ!大容量でアレクサ対応

寒い冬の室内に欠かせないものといえば加湿器。

適切な湿度を保つことで,肌の乾燥防止やインフルエンザの予防への効果が期待できます。

ただし,使用する水量や電気代などのコスト,定期的なメンテナンスなど,面倒事が増えるのも事実。

なるべくストレスフリーで運用できる加湿器が欲しい。

そう考える方にピッタリの製品が『Switchbot(スイッチボット) スマート加湿器』です。

なんといっても目玉はアレクサやgoogl home,Siriといったスマートスピーカーを使った遠隔操作,さらにSwitchbot温湿度計と組み合わせた完全自動化です。

実際に使用してみてわかった良い点,悪い点をレビューします。

Switchbot公式ページ/オンラインストアはこちらから

目次

Switchbot(スイッチボット)スマート加湿器の製品詳細

製品名Switchbot(スイッチボット) スマート加湿器
型番W0801800
容量3.5 L
加湿能力最大200 mL/h
6畳〜15畳向け
騒音レベル稼働時36db以下
消費電力24 W
サイズ180×180×295 mm
連続稼働時間48時間
対応デバイス・Echoデバイス
・Google Home
・HomePod
・IFTTT
・Siri
その他アロマディフューザー対応
空焚き防止機能

スマート加湿器の外観と組み立て

組み立てというほどもありません,設置までは簡単。

まずは,本体に加湿器フィルターを給水タンクの底にセット。

カチッとはまるので,悩むことは無いです。

フィルターは半年ごとの交換が推奨されていますが,Amazonでもメーカーストアでも買えるので問題なし。しかも交換用カートリッジも意外と安いです。

本体の底部分,突起部分が超音波の振動部となります。

この上に給水タンクを乗せて完成です。

底部分には,アロマオイルの注入口もあります。

初めての方は,注入した水に直接オイルを混ぜないように気をつけてください。

AC電源の差込口

フタを被せておしまい。

これで完成です。

サイズ感がわかるよう,ティッシュBOXと2.0Lペットボトルを並べてみました。


使用方法

水を注入します。MAX3.5Lです。

メンテナンスは,給水タンクを本体から取り外し,タンクとカートリッジ,それぞれ個別にすすぎ洗いします。

週1回でOK。

アロマオイルはお好みで数滴。

電源入れるだけで加湿がスタートします。

電源のカラーは,押すたびにミストの強さが変わります。

弱:黄色→中:オレンジ→強:赤色→オート:白

ミストの向きは,360度どの位置にも変えられます。

Switchbotアプリと連携

ペアリングモードではブルーランプが点滅

AndroidでもiPhoneでも公式アプリで連携することができます。

まずは,google PlayまたはApp StoreでSwitchbotアプリをダウンロード。


ホームのデバイスの追加から加湿器を選びます。

つづいて電源ボタンを長押で,ブルーのランプが点滅。

加湿器が検出されたら,続いてWiFiを選びます。

ルームは,すでに作成してあるものを使いますが,リビング,2階,キッチンなど作成追加も可能です。

接続が完了するとアプリ上では,電源,ミストの強さ,目標湿度の設定,スケジュールなどが設定可能。

Switchbot温湿度計との連携

温湿度計との連携でスマート加湿器の使い勝手が格段に向上します。

以下のプログラムを実行するには,Switchbotの温湿度計+ハブミニ/ハブプラスが必要です。

アプリのホーム>シーン>+追加で自動化のプログラムを作成します。

シーンはONときOFFのとき2つ作ると手間が省けます。

例えば

1.湿度48%以下のときオートモードで電源ON
2.湿度55%以上のとき電源OFF

この2つを作成することで,いちいち手動で電源を入れなくても,オートで稼働してくれます。

お好みで,「平日21:00〜翌日5:00まで」といった曜日や日時指定も可能です。

WiFi接続できているなら,スマートスピーカーとの連携も可能。

私はアレクサに登録してみました。

Switchbotとアレクサの連携記事はこちら。温湿度計のレビューもあります。

加湿器こそスマート家電が便利!

今回Switchbotのスマート加湿器を導入してみて,感じたのは『加湿器こそスマート家電に!』です。

「加湿器のスイッチを入れ忘れて朝起きたらのどがイガイガ,肌がカサカサ」

なんていうことがなくなります。

また,「心配だから,ずっとつけっぱなし」

なんてことはしなくてもOK。

必要なときに必要な量の加湿をしてくれるので,精神的ストレスも無くなりますし,電気代の無駄も省けます。

残念なのは,スマート加湿器単体だけでは,持てる性能すべてを引き出せないところ。

別途温湿度計やハブを購入する必要があるため,何をどう買えば便利になるのか分かりづらいところですね。

すべての機能を引き出すには,以下の3つを購入。

  1. switchbot Hub mini
  2. switchbot 温湿度計
  3. switchbot スマート加湿器

ガジェットオタクでなく,一般家庭に普及するにはもう少し工夫が必要かと。

それでも,便利家電であることは間違いありません,気になった方はチェックしてみてください。

スマート加湿器ならSwitchbot製がおすすめ!大容量でアレクサ対応

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる