【レビュー】Tile Slim 2020は財布に入る薄いカード型の紛失防止タグ!

電池交換式のTileを購入したのですが,思いのほか活躍しているので,2つ目のスマートタグTile Slim (2020) 購入してみました。

忘れ物を探す時間や手間を軽減して、日々のストレスを少しでも減らしたいなと考えました。

最近はAirTagも使いながらの2台体制。

Bさん

スマホと一緒に置いてた財布が見当たらない(泣)

Cさん

名刺交換… まずい,名刺入れ忘れてきた!

Aさん

保険証ってどこにしまったかな?

みなさん,多少なりとも忘れ物の経験ありますよね?

私も出勤前の時間のない時,財布やキーケースが出てこないとパニック気味になったりします。

そんなとき活躍するのがスマートトラッカーやスマートタグと呼ばれる小さなガジェット「Tile」です。

このTileをスマートフォンとBluetoothで接続し,財布やキーケースの場所をアラームで知らせてくれます。

さらに有料会員限定ですが,対象物とスマホが離れたらアラーム通知で知らせてくれ,置き忘れ防止にも一役買ってくれます。



目次

日米シェアNo.1!紛失防止にTile Slim (2020) スマートトラッカー

内包物は本体と説明書のみ
メーカータイル(Tile)
製品型番RE-23001-AP
製品名Tile Slim (2020)
製品サイズ0.24 x 8.55 x 5.39 cm
商品重量9 g
対応OSAndroid 6.0以降 / iOS 11.0以降
防水性能防水 (IPX7)
接続範囲最大約 60 m
電池電池内蔵型(交換不可)・約3年使用可



クレジットカードと同サイズです。

厚みはクレカ2枚分ですね。

Tile Slim (2020)はクレカより少しだけ厚みがありますが、カードポケットにもすんなり入ります。

なおtileマークはダブルクリックで紐付けしたiPhoneなどスマホを逆に呼び出すこともできます。

ズボンのポケットにtileを収納した財布を入れる方は,誤動作を避けるため小銭や突起物などと干渉しないようにしてください

誤動作でアラームが鳴り響きます。特にお尻のポッケに財布を入れる方は気をつけて!

スマートフォンのアプリに登録


TileのアプリをApp Store またはGoogle Playで入手し,メールアドレスなど必要情報を登録するとスマートトラッカーとして起動します。




登録されたtileはスマホ上で常に確認ができます。

探すボタンをクリックすると音を鳴らして所在を確認できます。


捜し物の音量は最大がおすすめです。

バッグの奥とか布団の中にあると聞こえづらいです。

Amazonアレクサなどスマートホームデバイスに登録

スマートスピーカーにも対応。

私はアレクサにつないでます。

アレクサからもtileの音を鳴らすことが可能です。

有料会員【Tile Premium】について

無料でも十分恩恵を受けられますが,有料プランもあります。

年払いだと2ヶ月分安くなりますが,有料プランを便利と思うかどうかは人によって違います。

気になるようなら最初は1ヶ月無料のフリートライアルで試してから,継続するかどうか判断しましょう。



tile入りの財布を自宅に忘れたなんてときに通知してくれるのは,有料会員のみ。

さらに30日間のtileの位置情報を覚えていてくれるので,ログをたどって失くした場所を推測できます。


有料会員”Tile Premium”と無料会員”基本機能”の一覧

機能Tile Premium
有料会員
基本機能
無料会員
説明
スマートアラートTileを置き忘れても、離れると通知
共有無制限人数制限なくTileを共有
ロケーション履歴過去30日間のtileの位置情報・ログを記憶
延長保証通常1年保証ですが、3年に延長。
但し,電池内蔵交換不可モデルは対象外
Tileを鳴らす
スマホを鳴らす
最後に検知した場所を記録
コミュニティーで探す
共有1名

スマートアラートについて

スマートアラートは,Tileを置き忘れた時,通知が来る機能。

Bluetoothの範囲を出たらすぐに通知されるのではなく,数百mくらい離れてからの通知です。

また予め,自宅など拠点を登録して,指定先にtileを置いてきたときは通知しないような設定も可能です。

実際に検証してみましたが5分程度歩いた頃,距離にして420mほどのところで通知がきました。

Apple Watchにも対応していて,双方に通知が来たのはうれしいところ。

ただ,もう少し早めに通知がきてくれると助かるんですが。

共有無制限(有料プランのみ)

共有は,テレビのリモコンなどにTile製品(Tile Sticker など)を取り付け,家族間で位置を共有する機能。

通常2名での共有が無制限で共有しあえます。

ロケーション履歴(有料プランのみ)

ロケーション履歴は,過去30日間のログを記録し,万が一紛失したときに経路をたどれるサービス。

数日後に失くしたことを気づいても,Bluetooth通信が検知された箇所を定期的に記録されることで現在地を特定することが可能です。

これは,基本機能の”コミュニティーで探す”を使い検知する機能。

Tileというアプリを使う人が多ければ多いほど,探しやすくなるすごい機能です。

「探し物」の近くを他のTileアプリユーザーが通ると、Tileのクラウドを通して自分に通知がきます。

※なおこの機能は,クラウド経由のため、個人情報が他人に知られることはありません。


延長保証(有料プランのみ)


延長保証は,登録することで1年の製品保証が3年に延長されるもの(tile mateなど)。

しかし,電池交換式でない本製品Tile Slim(2020)などは不対象です。

財布やカードケースを忘れる人はTile Slim 2020を!


無料会員の場合,「置き忘れ防止」というより「失くしものを探す」ガジェットと考えたほうがいいでしょう。

部屋の中で音を鳴らしてtile入りの財布を探すような場面や離れた場所に忘れてきたときにアプリで場所を特定するようなシチュエーションを想定してください。

※離れた場所の特定は,他のTileアプリユーザーが紛失物(Tile入り)の近くを通過してBluetooth信号を検知してはじめて機能します。

それに加えて,置き忘れ防止と足跡をたどれるログ機能を追加したのが有料会員といえます。

ただし,置き忘れ防止のスマートアラートは忘れ物通知が数百メートル過ぎてからなので,ご注意を。

通知が来るまでの距離や経過時間を個人で設定できるともっとよかったなと思ってます。

とはいえ,有料プランに便利な機能がそろっていることは間違いありません。

無料会員のまま使うのか,置き忘れ通知のある有料会員Tile Plemiumコースを選ぶべきなのか,悩む方も多いと思います。

まずは,有料プランTile Plemiumは1ヶ月の無料トライアルがあるので,そちらを試した後,どちらかチョイスすればいいのではないでしょうか。

財布に収納できるカードタイプのスマートタグ『Tile Slim 2000』,おすすめです。


AirTagという選択肢

iPhoneユーザーにはAirTagという選択肢もあります。

置き忘れアラートのオプションはありませんが,数センチの距離まで正確に探し出すことができます。




Tile Pro (2020)はBluetooth通信距離が通常版よりも強化されています。



電池交換式 Tile Mate (2020) まずはお試し的な価格,リーズナブル。私も最初はこれを使いました。

Amazonで買い物するなら現金チャージ

Amazon Master クレジットカードを使わないなら現金チャージが断然お得!
チャージのたびにポイントが貯まります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

目次
閉じる