コスパで選ぶUSBハブはUGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付がいち押し!

当ページのリンクには広告が含まれています。
コスパで選ぶUSBハブはUGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付が一押し!

UGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付のレビューです。

MacBook Airなどノートパソコンの拡張性を広げてくれるUSBハブ。

多くのメーカーから発売されていますが、値段も性能も機能も様々。

どれが最適なのかわからないという方も多いはず。

今回、①低価格、②ポートの種類と性能、③メーカーの信頼性、以上3項目を考慮した上で選んだのが『UGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付』

低価格でありながら、HDMI(4K@60Hz)、USB3.0×2、PD充電対応USB Type-C、SD&マイクロSDカードスロットを装備する多機能なUSBハブ。

USB-Cポート×2しかないMacBook Airをもっと拡張したい方や、とりあえず初めての1台にと考えている方にもおすすめ。

データ転送ポートは一般的な性能ですが、汎用性が高く、コンパクトなボディで持ち運び用として、カバンに忍ばせておくにはもってこいの製品。

早速レビューしていきます。

created by Rinker
UGREEN
¥3,263 (2024/06/22 05:03:37時点 Amazon調べ-詳細)
クリックで項目にジャンプ

製品スペック

カラーはApple社のスペースグレイに近い色合い

【UGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付】

メーカーUGREEN
商品モデル番号60384
搭載ポートHDMI(4K@60Hz)×1
USB3.0×2
USB PD対応Type-C×1
SDカードスロット×1
micro SDカードスロット×1
PDポート最大100Wに対応
ハブに15W、PCへは85W
対応OSMac OS X, Linux,
Windows Vista以降Windows 11まで
サイズ115X34X13mm
重さ64g
モデル違いのPD充電ポートなし6-in-1ハブがあるので購入の際はご注意を。

外観

USB-Aが3.0なのが残念ですが、USB3.2 Gen2やThunderboltなど高速なポートを装備すると当然価格が上がるので仕方なし。

もうひとつ言うならデータ転送用のUSB type-Cがひとつくらい欲しかった。

SD & microSDカードスロットはUHS-I対応で、より高速なUHS-IIには対応していない。

一般的なSDカード用としては十分。

実際に使用してみる

まずUSB-A 3.0の転送速度を外付けSSDで計測。

使用しているのはサンディスク エクストリーム ポータブルSSD V2

created by Rinker
SanDisk
¥18,162 (2024/06/22 05:03:37時点 Amazon調べ-詳細)

サンディスク エクストリーム ポータブルSSD V2の読み出しは最大1000MB/sなんですが、USB3.0だと頭打ち。

読み込み386.29MB/s、書き出し420.59MB/s。

ハードディスクよりは高速なので、普通に使う分には問題ないです。

SDカードも計測してみました。

UHS-I対応ポートなのでMaxの読み出しは100MB/s前後。

予想通り、読み出し89.39MB/s、書き出し82.84MB/s。

ちなみにSDカードもUSBハブもUHS-IIに対応しているとMAX 300MB/s近くでの転送が可能。

以前紹介したAnker 655やCaldigit SOHO DockなどはUHS-II対応品、価格もそれなりです。

created by Rinker
UGREEN
¥3,263 (2024/06/22 05:03:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
CalDigit
¥18,980 (2024/06/21 22:03:02時点 Amazon調べ-詳細)

PD充電

UGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付のPower Delivery(PD)充電は100Wの入力に対応し、ハブ本体に15W、ホストPCに85Wを供給することができます。

Apple純正品の充電アダプタや、PD対応(※)のUSB充電器を使うこと。

急速充電規格PDとQCってなに?

ガジェットを高速充電したいと思ったら,対応したUSB充電器を使えばいいのですが、急速充電にもいくつかの種類があります。

最新のリビジョン規格はPDは3.1、QCは5。
PD3.1では最大240Wの電力供給が可能。
Apple製品の多くが対応してる急速充電規格はUSB-CポートによるPD(Power Delivery)
Android端末は、PDはもちろんUSB-AポートによるQC (Quick Charge)に対応しているモデルも多いです。
製品説明欄にあるPD3.0やQC3.0など対応する規格とリビジョンを確認して購入しましょう。

PPSについて
PPSはPD (Power Delivery)の拡張規格でさらに高速な充電と発熱の抑制が可能、Galaxyの一部が対応していますが、2023年現在Apple製品は対応していません。

100wのPD対応充電器をUGREEN 6-in-1ハブ経由で接続。

システム情報を確認してみると93wで認識中。

HDMIやSDカードなど、ハブをフルで使うと最大85Wで認識します。

発熱について

USBハブは、どんなハブであろうと発熱します。

ただし価格が安いだけの製品だと放熱対策が不十分で、高熱での運用となり接続機器を壊しかねません。

とくにUSB-CからHDMIへの変換は熱が上がります。

UGREENのUSBハブは5時間ほど外部ディスプレイに接続して計測。

発熱は44.6℃。

触った感触を想像してもらうのに一番いいのがお風呂。44℃の熱湯に手を入れた感じ。

さわれないことはないですが、熱いです。

とはいえ、50℃を超えるような危険水域には達してませんのでご安心を。

発熱を気にする方は、一体型は気をつけましょう。

見た目はスマートですが、直付けなので熱が伝わりやすい。

それでも直付けが良いという方はSatechi USB-C Pro ハブ Maxがおすすめ。

created by Rinker
Satechi
¥12,799 (2024/06/22 09:12:33時点 Amazon調べ-詳細)

コスパ抜群のUGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付

おすすめポイント
残念ポイント
  • 各種ポートが充実でこれ一台で完結
  • 4K@60Hzに対応
  • ハブから充電器につないでPCをPD充電可能
  • 安い
  • 発熱が気になる人もいる
  • USB-Cのデータポートがない

これだけ多機能で、有名メーカー品が税込4,399円はかなりお買い得。

たびたびセールやクーポン発行もやっているので、タイミングを狙って購入するのもアリです。

頻繁にハブを使う方にはもう少し高額・高品質の製品をおすすめしますが、短時間たまに使う程度なら十分力を発揮してくれるUSBハブです。

気になった方は製品ページをチェックしてみてください。

UGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ】にはPD無しのバージョンもあるので、名前も似てるし、購入の際にはお間違えのないように。

created by Rinker
UGREEN
¥3,263 (2024/06/22 05:03:38時点 Amazon調べ-詳細)

有線LANポートまで付いた7in1もあります。

created by Rinker
UGREEN
¥3,674 (2024/06/22 05:03:39時点 Amazon調べ-詳細)

別記事ですが、MacBookにもオススメのUSBハブ/ドックをまとめて紹介しています。

コスパで選ぶUSBハブはUGREEN USB-C 4K60Hz HDMI 6-in-1 ハブ PD付が一押し!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で

CAPTCHA

クリックで項目にジャンプ